Top > 特技 > 【がんめんかみつき】
HTML convert time to 0.002 sec.


特技/【がんめんかみつき】

Last-modified: 2016-10-14 (金) 16:32:54

FF6 Edit

狂犬「ルナドッグ」が繰り出す技で、単体に暗闇効果を与える。
FF6の特技の特性上ダメージまでは付属しない。


こちらの顔に噛み付いてくるというかなりエグイ技。「暗闇」になる理由として考えられるのは

  • 眼の周囲に傷を与えて出血(最悪の場合は眼球を直接やられ)、視力を失う。
  • 咬み傷から狂犬病を伝染されてしまい、視力が衰える。
  • 犬が顔面に噛み付いたまま離れてくれないので「うわあ、前が見えないよう!」になる。

三つめだと絵的に面白いかもしれないが、いずれにせよ大怪我である。

  • だがSFC版・PS版では暗闇が全くと言っていいほど無意味なステータス異常なので、キャラクターは
    こんな重傷・重症でも平気で戦闘を続行する…。

海外GBA版では「Face Chomp」(顔面を喰い取る)なので、1つめのイメージか。
女性メンバーにはくらってほしくない技だ。

  • 日本語版は一応噛みつくだけで済んでいたのだが、こちらはモロに「顔面破壊」「損壊」である。
    性別に関係なくとても見られたものではない。グロ注意。
    • ルナドッグの出没地域が崩壊後アルブルグ周辺という関係上、この攻撃をもらうとしたら
      大抵は一人寂しく彷徨中のセリス。泣きっ面に犬といったところ。

通常時は勿論の事、あやつるスケッチだけでなく、あばれる(ルナドック選択時)にまで網羅されている。
生粋の顔面噛み付きマイスターである。