Top > 特技 > 【ガリアンビースト】
HTML convert time to 0.004 sec.


特技/【ガリアンビースト】

Last-modified: 2017-12-10 (日) 16:22:28

「ガリアン」という名前の由来は不明。
同名のロボットアニメ、あるいは古代ヨーロッパ民族のガリア人が由来の可能性もあるが、いずれもガリアンビーストとの関連性は見出だせない。


FF7 Edit

ヴィンセントのレベル1リミット技。
二足歩行で小柄なベヒーモスのような姿に変身し、
素早さ+50%、回避率+20%、最大HP+30%の能力補正が掛かる。
使用技は敵単体に殴りかかる物理攻撃「バーサクダンス」と、
吐いた火球を爆発させて敵全体に炎属性ダメージを与える魔法攻撃「ビーストフレア」。


レベル1〜3のリミット技の中では比較的癖が小さく、リミットゲージの溜まり易さもあって使い易い。
火力にやや難はあるが、「カオス」を習得するまではこれだけを使用するというのも1つの手だろう。
(ヴィンセントは他のキャラクターと違い、リミット技を使い込む必要がない)
 
ただし、炎属性を吸収するマテリアキーパー戦やレッドドラゴン戦でうっかり使ってしまうと、
「ビーストフレア」を吸収されて逆にこちらがピンチになりかねないので注意。

  • 俺やった…orz死ななかったけど、ずっと「ビーストフレア使うなよ」って祈ってた。
  • ↑に同じ。
    最悪、敵の回復を防ぐために仲間内でヴィンセントをボコさなくてはならない。

DCFF7 Edit

DCにも登場。
変身すると接近戦がかなり強くなり、二段ジャンプやロケット弾を跳ね返せるようになる。
ただ、ビーストフレアが地味。

  • ビーストフレアは高い誘導性能を持ち当たった敵を吹き飛ばすため悪い性能ではない。確かに地味だが。

変身するとHP全回復、全てのダメージを半減、ダッシュ移動が可能になりさらにジャンプ力もアップ。
近距離では強力な攻撃を行えるが、反面遠距離戦が威力の低いビーストフレアだけになるため
遠距離戦は不得手。射撃バリアを持つ隊長や接近戦を挑んでくるソルジャー相手にはめっぽう強い。
しかしスーパーアーマーが無いので、攻撃によってはしっかり怯む為ごり押しは難しい。

アスール戦では銃が殆ど効かないのでお世話になる人も多いだろう。


ちなみにヴィンセントが普段着ているマントをこいつは腰巻きとして使っている。
変身してもマントだけは変わらなかったらしい。何故だ。
 
なお、今作ではベヒーモスというよりも青い人狼といった姿になっている。


インター版では空中格闘、ジャンプ射撃の追加に伴ってガリアンビーストにも同様の変更がなされた。
空中格闘は腕を振り回し同時にビーストフレアを放つ強力なものとなっており、オリジナル版ではできなかった連射が可能となっている。誘導性能も健在。
あまり知られていないが地上コンボ中にビーストフレアを放つこともでき、特定のタイミングで放つと球が3発に増える。使い勝手は微妙だが。

PFF Edit

ヴィンセントプレミアムスキル
チャージ速度は高速、力メメント対応。
ランダムに2パターンから1つ攻撃をする。

FFRK Edit

ヴィンセントのバースト超必殺技。
敵全体に炎&無属性ダメージを6回与え、味方全体にダメージ反射バリアを付与し、
自身をヘイスト、バーストモード状態にする。
攻撃力と魔力の高い方に合わせて攻撃の種別が変わる必殺技で、
攻撃力の方が高ければ爪で連続攻撃する物理攻撃となり、
魔力の方が高ければビーストフレアのような火球による魔法攻撃となる。

バーストアビリティは以下の2つ。どちらも種別は暗黒アビリティ。

  • 「魔障の爪」:自身が死の宣告状態だと威力が上がる敵単体に4回連続の炎&無属性物理攻撃。
  • 「魔獣の咆哮」:自身が死の宣告状態だと威力が上がる敵単体に4回連続の炎&無属性魔法攻撃。

必殺技が付いている装備はヴィンセントのグローブ【VII】。修得ボーナスは攻撃力と魔力両方+5。
FF7イベント「星空の誓約」で追加された。