Top > 特技 > 【ギガグラビトン】
HTML convert time to 0.003 sec.


特技/【ギガグラビトン】

Last-modified: 2017-09-03 (日) 21:36:58

FF10 Edit

『シン』の使う技の一つ。
『シン』のオーバードライブゲージが溜まり切ると使用する。


「ギガグラビトン!相手は死ぬ 」
冗談ではなく、これをくらうと例えHPが99999あろうが完全即死防御がついてようがリレイズがかかってようが、ゲームオーバー
強制終了技なので、防ぐ手段はない。発動する前にシンを倒すしかないのである。


『シン』のうち、最終戦にあたる頭部との戦いで使われる。
召喚獣を盾にしたとしてもゲームオーバーとなる。
「はあ!?」と思ったプレイヤー(特に初見のヒト)はいたはず。

上位技にムービーで放たれたテラグラビトン、下位技にインターナショナル版のメガグラビトンがある。

  • ムービーのテラグラビトンは宇宙の隕石をも引っ張ってくるほどの超重力波、しかもその余波で『シン』に引力が発生し、その強さは飛空艇が引き寄せられてしまうほど。

強制的にゲームオーバーになるという点で、珍しい技。(続編のボスも同様のことをするが)。
隠しがあまりに強いため、軽んじられがちな『シン』の本来の実力の片鱗をプレイヤーに知らしめる技とも言える。

  • リレイズや召喚獣があれば、ドゥームズデイだろうと審判の日だろうと乗り越えられたが、この技はそれを許してくれない。
    準備に少々時間がかかるが、それに見合った効果を発揮している。
  • 強制ゲームオーバーになる技として、他にFF8のオーディンが時間切れで放つ斬鉄剣がある。

内部データ上では「ギガ」グラビトンの名に恥じぬ壮絶な設定をされた凄まじい特技になっている。
その内容は、敵全体に耐性無視のふきとばし(どんなモンスターだろうと絶対に防げない)
最大HP100%分のダメージ(最大HPと同じ数値)を与えるという正に神の如き特技。
そして、当然のようにリレイズも解除される
ゲーム中では耐性無視のふきとばしが優先されるので、最大HP100%分のダメージは事実上無意味に
なってしまっているが、これは仮にふきとばしを無効化できてもその後の割合ダメージで確実に死ぬという事である。
設定上、FF10に存在するあらゆるモンスターがこれ1発で戦闘不能になる*1事から『シン』の強さを実感できる。
これに比べれば、メガグラビトングラビジャもまだ可愛い方。
ギガグラビトンでこれなら最上位のテラグラビトンは一体どうなってしまうのか。

  • こういう技の内部データってすごく気になるのは俺だけじゃないはず…。
    他にもあるのだろうか。
  • 仮に割合ダメージだけなら、召喚獣のまもるで対処は出来るが…。
  • 召喚獣を盾にしてもダメという点から、単に「絶対に死ぬ攻撃」という以外にも特殊な仕様があるのだろうか。
    もしくは普段は起こり得ないが「召喚獣が吹き飛ばしを受けると全滅扱い」とかだろうか?

FF13-2 Edit

カイアスの使用する魔法攻撃。
重力弾を飛ばして着弾地点の周囲を爆発で攻撃し、敵をダウンさせる。
打ち上げられた時に使ってくることが多く、空中で爆発に当たると勢いよく地面に叩きつけられる。

LRFF13 Edit

前作同様にカイアスが使用する。






*1 ふきとばしなので、不死身の幻光異体やジュ=パゴダも一撃で消え去り復活できない