Top > 特技 > 【ジョーカーデス】
HTML convert time to 0.007 sec.


特技/【ジョーカーデス】

Last-modified: 2018-01-14 (日) 00:01:34

FF6 Edit

FF6最強の技。
スロットで「7」が揃うと発動する。
効果は『敵全体を耐性を一切無視して即死させる』というもの。
(発動すれば)間違いなく本作最強の攻撃。
それゆえ発動確率も1/32と低く設定されている。
しかも、『「7・7・BAR」が出ると逆に「味方全体」に耐性無視の即死効果が出てしまう』ため、即全滅である。

  • まともに狙うとミリ○ン○ッドの逆押しすら生温く思えるな…

だが、実は「スロット」を使う直前に山彦煙幕を使うことで、
目押しさえすればスリーセブン(777)を出す事が可能。


戦闘中に変身するボス(キングベヒーモスなど)やフンババには『絶対に発動しない』模様。
ただし、その場合でも7・7・BARは揃うので注意。

確認した「ジョーカーデス」が発動しない敵は以下の通り。

上2つは、チート等を使って「ジョーカーデス」で即死させるとフリーズするらしい。

  • 三闘神ケフカ(最終戦)には普通に発動。
  • 神々の像とかには混乱させて“味方”に「ジョーカーデス」で瞬殺が効く。
  • 意外な所で封魔壁でのイベントバトルのケフカに効いてしまう。
    ケフカがブッ倒れたままセリフを言ってイベントが進むのでちょっと笑える。
    • 封魔壁のケフカはそもそも即死耐性自体持ってないらしく、普通のデスすら効いてしまうんだよね。
      (残念ながら?)その後は普通にイベントは進むけど。

ちなみに内部設定は『どんな敵にも有効な「レベル5デス」』となっているらしい。
そのため、ストラゴスがいれば「レベル5デス」をラーニングできる。
 
言わば、『即死耐性を無視する「レベル1デス」』のようなもの。

  • 本来FF6の「レベル5デス」は即死耐性に阻まれるので、単純にレベルを無視しただけのレベル5デスというわけではないらしい。
    エフェクトがどちらも同じなのが関係してるかも。
    (魔法デスは「死神が魂を抜き去る」だが「ジョーカーデス」と「レベル5デス」は「ドクロが回転する」)
    • バニシュデスと同じで、必中化処理によって耐性判定(とレベル判定)を飛ばしているのかもね。
      死亡/退場処理やラーニングはその後に(耐性判定無しで)実行されている的な。

以下の手順で、混乱を使わなくても「味方殺し版ジョーカーデス」を敵に掛けられる模様。

  1. ゴゴに「ジャンプ」させる。
  2. ゴゴが落ちてくる前にセッツァーが「7・7・BAR」を揃え、ゴゴ以外の味方全員を戦闘不能にする。
  3. ゴゴが落下してきたら「ものまね」をして「ジョーカーデス」を発動。
    しかし、この時は前回対象になったゴゴ以外の味方全員が既に戦闘不能のため、何も起こらない。
  4. もう一度ゴゴが「ものまね」をすると、ジョーカーデスのターゲットがなぜか敵に変更される。

FF7 Edit

ケット・シーのLv2リミット技「スロット」でケット・シーの顔を揃えられず、3つ目のリールがBARになると発動。
前作6のものとは違い、『味方全体』を問答無用で即死させる。
なお、『敵』に効果を与えるものは「オールオーバー」と改名・区別されている。


ファイナルアタック」があるのでFF6よりは安全かと思いきや、この役はパーティアタック扱いなので、「ファイナルアタック」は発動しない。
また、エアリスの「星の守護」「大いなる福音」による無敵状態でも防げない。
という訳で、発動してしまった時点で『全滅』確定。

  • マテリア育成中にこれが出ると本気で泣けてくる。自分は「マスターまほう」と「マスターコマンド」を8個ずつそろえ、あとちょっとで「マスターしょうかん」の8個目ができるというときに出た。全滅後ロードしたら、「マスターしょうかん」は5個になっていた…orz
    • むしろよくそれまでノンセーブでやれたな…。