Top > 特技 > 【メテオストライク】
HTML convert time to 0.007 sec.


特技/【メテオストライク】

Last-modified: 2017-02-19 (日) 23:09:11

FF6 Edit

マッシュ必殺技の一つ。
コマンドはSFC版では「XY↓↑」、PS版では「△□↓↑」、GBA版では「RL↓↑」、スマホ版では「↗↖↓↑」。
敵一体を抱きかかえて遥か上空までジャンプしたあと、敵を逆さまにして地面に叩きつける
(俗に言う「飯綱落とし」)。
そんな技だからか、空を浮いてるモンスターには効かなかったり、
そのモンスターの体重が重いほどダメージを与えられるようになっている。
なんと魔列車まで持ち上げることができ、マッシュがどれほどの怪力の持ち主かということがわかる。
なお、マッシュが混乱して自分自身にこの技をかけると、自分で高くジャンプしておいて
頭から落ちてくるという間抜けな光景を見ることが出来る。
コマンドも簡単で、豪快なため、最初は良く使われるが、
使い勝手としてはオーラキャノン爆裂拳に軍配があがるか。

  • 威力だけなら爆裂拳より上。
    投げることができて、かつ聖属性が効かない相手にならこれが有効。
  • もっとも、聖属性が利かない相手は終盤までほぼいない上、ようやく出てくるころには夢幻闘舞にお株を奪われるという…

格ゲーで言うところの「ロマン技」の一例か。


FF的筋肉バスター


「植物など地面とつながっている敵」や「複数の敵がくっついている敵」は投げられない。
上記の魔列車はおそらく設定ミスだろう。

  • レテ川のオルトロスなど水上などの敵も投げることはできない。
    オルトロスに関して言えばボス補正といえばそれまでだが。
  • GBA版でも魔列車は持ち上げれるので意図的な可能性も有る。
    • SFC版ではただの設定ミスだったがネタとして人気になったために、
      GBA版でもワザと修正しなかったとか…
  • スマホ版でも可。意図的なのはほぼ確定だろう。
  • >上記の魔列車はおそらく設定ミスだろう。
    魔列車はレールの上に「乗ってる」だけだからミスでも何でもない。
    そもそも地面と繋がってたら 走 れ ま せ ん。
    • それにしても走ってる列車を投げるのは見た目ちょっとおかしい。
      巨大な敵ってだけならまだしも…そも投げ飛ばせるなら倒さなくても線路から脱線させれば止まるわけで。
  • 魔列車の場合は魔物とはいえ「列車」なので、持ちあげているのは機関車だけではないはず。
    後ろの車両がそれぞれ別の敵だという解釈は強引か。
  • 「地面とつながっている敵」ではなく「背景と一緒になっている敵」のほうが正しいか。
    それならオルトロスが投げられない理由は説明できる。
    • 背景が絡むとすれば、神々の像はどういう扱いになるのだろうか。

爆裂拳とこれは物理属性で力依存。
また、メテオストライクはクリティカル判定がある?(同種のモンスターに対して与ダメが2倍になる場合がある)

FF7 Edit

ティファリミット技。LV3のリミットブレイク。
敵単体を片手で持ち上げてくるくる回し、跳躍した後に地面に叩きつけて爆発させる。
基礎攻撃力は30。
リミットレベルを3にした状態で、リミット技を8回(インター版では6回)使用すると習得できる。
必ずしもドルフィンブロウを出す必要はない点に注意。


FF7ACでも使っており、進化したCGでその破壊力を堪能できるのが嬉しい。


プラウド・クラッドをも片手で軽々ブン投げるという前作のマッシュにも引けをとらない怪力を見ることが出来る。

FF8 Edit

ゼル特殊技デュエル』で使える物理タイプの技。
敵単体を両手で持ち上げて跳躍し、地面に叩きつけると同時に気を炸裂させて
残りHPの1/4分のダメージを与える。
格闘王002』を読むとコマンドが表示されるようになる。


当然ながら割合ダメージが効かない敵には無効。効く敵に対しては
「(ラッシュパンチ→)ヘッドショック→メテオストライク→かかと落とし→ヘッドショック→メテオストライク→…」
のループを決めれば1ターンでHPをゴッソリ奪える。


この技でアデルを投げると漏れなくリノアもついてきます。叩き付けてもダメージを受けるのはアデルだけなのでご心配なく。

  • 逆にこの技でリノアをぶん投げてもアデルがついてくる

FF10 Edit

イフリートの特殊攻撃とヘレティック・イフリートの特殊魔法として登場。火球を作り出し、それを拳で殴りつけて飛ばし敵にぶつける。
敵単体にダメージを与える点は共通だが、威力や付加効果が異なる。
イフリートの場合は威力17で、対象のプロテス状態無視と睡眠状態無解除の付加効果だが、
ヘレティック・イフリートの場合は、ダメージ限界突破と強ディレイ発生(100%)の付加効果を有する。
更に威力は2であるが使用者の魔力が高いため地獄の火炎と同等の威力を誇り、シェルで軽減可能であるが
下手にHPを上げてしのぐよりわざと死んでオートフェニックスで回復した方が良い。

FF10-2 Edit

イフリートの特殊攻撃。単体に無属性魔法ダメージを与える。
威力は高めだが、シェルで半減可能。

FF11 Edit

イフリートの特殊技。
頭上に火球を作って敵に放り投げ、火属性ダメージを与える。


詳細はこちら→メテオストライク

FF14 Edit

マンダヴィル・メテオストライクとして登場。
ヒルディブランドストーリーと呼ばれるストーリー中で、ゴッドベルトによって繰り出される。
……もっとも、その繰り出される対象は、主に息子のヒルディブランドだが。
パンツ一丁(水着一丁)の白髭紳士であるゴッドベルトと相まって、恐ろしい威力ギャグ力を誇る。

DDFF Edit

ティファ Edit

地上HP攻撃
力を貯めて突進し、ヒットすると相手を打ち上げパンチで地面に叩きつける。
溜めると突進距離と突進中のヒット数が伸びる。
突進終了までフェイントが利く、ただし突進がヒットしたときにキャンセルしないように注意。
本人曰く「ノックアウト!」だそうだ。


ブリザガから擬似派生できる。
ブリザガのヒット中に溜めるとほぼ確実にヒットするので予め距離をとりたいときには使いやすいか。
まぁブリザガ自体が当てにくいけど。

  • 疑似派生と言っても、セシルのように実用性が高いとは言えない。
    あちらとは違い、こちらは相手に回避する時間や猶予を与えてしまうので、
    とりあえず繋がる技とだけ覚えておけばいい。
  • CPUやこの擬似派生を知らない相手ならばほぼ確実に当たる。初見の相手は「!?」となること請けあい。

この技がヒットしたときにフェイントを使い、二回目のタメ時間の間にアシスト(やっぱり)を出すとなんかかっこいい。
実戦向きとはいかないけど・・・

ユウナ Edit

地上ブレイブ攻撃
イフリートを召喚する近距離攻撃。相手を遠くまで吹き飛ばせる。フィニッシュで前方激突効果。
「イフリート!灼熱の拳を!」
実際に喰らったら(引っ掻かれたら)痛そうな技である。


EX時はイフリートとともにシヴァが天からの一撃で攻撃しダメージが上昇する。
天からの一撃が空中にいる相手を捕らえてくれるため対空能力も強化される


性能は非常にシンプル。
発生もそこそこなのでエアロスパークと共に緩急を付けるように使うと良い。


EXリベンジ中に連発すると射程が無限になるバグが存在する。
リベンジ中は特殊なキャンセルが可能なことが関係し、
召喚獣の出現位置がリセットされずに攻撃を続けられるのが原因のようだ。
召喚獣の位置というのがミソで同じ召喚獣なら位置が引き継がれる。
したがってメテオストライクで運搬しそのまま地獄の火炎で締めることも可能。


原作と攻撃方法が違いすぎていてどうにも技の名前にしっくりこない。
個人的には原作と同じように豪炎球を拳でブッ飛ばす遠距離攻撃がよかった。