Top > 特技 > 【メテオレイン】
HTML convert time to 0.006 sec.


特技/【メテオレイン】

Last-modified: 2017-09-07 (木) 14:01:33

FF7 Edit

クラウドのLV3リミット技。
隕石状のエネルギー弾を降らせ敵全体にランダムで6回ダメージ。
それまでのクラウドのリミット技とは一味違う破壊力。その仕様上単体の敵に撃った方が効果は高い。
雑魚相手でかつ全体攻撃なら画竜点睛の方が優秀。

  • セフィロスのメテオと酷似した技の使い勝手がいいとは何という皮肉。

普通にプレイしているとヒュージマテリア争奪戦終了前後に修得できる(はず)。
といっても他のリミットレベル3の技と比べても、この技の習得の為の敵撃破数ノルマは半端では無い(他と比べても200体以上多かったりする)。
意識せずとも基本的にクラウドは沢山の敵を倒すが、意識して覚えさせようとすると作業が中々きつい。

  • 他のキャラと違ってクラウドはDisc2中盤までパーティから外せないため、
    新リミット技修得までの敵撃破数が多めに設定されている。

超究武神覇斬ばかりが語られるFF7のリミットだが
実際のところこのメテオレインだけで最終ボスまで楽に勝てる。
というかラスボスまではこの技でとどめておき、最後のイベント戦に神覇斬を解放するのが
スタッフの建てたバランスであろう。

CCFF7 Edit

CCFF7ではザックスがこれと酷似したモーションのメテオショットという技を使用する。

FF7 G-BIKE Edit

リミットブレイク技の1つ。

FF14 Edit

ナイツ・オブ・ラウンドの王である騎神トールダンが使用。プレイヤーの足元を狙って隕石を落とす。
特に何の変哲もない範囲指定技。FF7繋がりでナイツオブラウンドの技に採用されたと思われる。

FFT Edit

ソルジャーのジョブコマンド「リミット」に属する攻撃技。
指定したパネルとその周囲のユニットにMAT依存のダメージを与える。
他のリミットと同様ユニット指定ができない上にSpが10と遅めなので、当てるつもりならショートチャージが欲しい。
効果範囲は3(13パネル)と広いが、垂直0なのが残念。

DFF Edit

クラウドの地上HP攻撃として登場。
「星よ…」と言いつつ大剣を頭上で振り回して召喚した小さな火球を上空へと飛ばし、
「降り注げ!」と共に6発の火球を連続して相手に射出する。
射出時の銃口補正は優秀なものの追尾性能は皆無で、
初弾以降の火球は初弾射出開始時の相手位置にしか向かわず、
また発動が非常に遅いため、単発で決めるのは難しい。
主な使用法は、相手との距離を離し、建物越しに発動するといったところか。

  • 自分の頭上から相手の方へ飛ぶため、間に壁があると遮られる。
  • 原作の様に、敵の頭上に跳躍することはない。

遠隔強の連打なので判定的にはかなり強力。
EX弾きやガード技を気にせず出せるというのは精神的にもありがたい。
簡単に当てられる技ではないが、決して「使えない」技ではない。
なお頭上へ飛ばす小さな火球にも遠隔中のブレイブダメージがある。


相手バトルカメラやリプレイ再生で離れた位置から見ると、
隕石は一旦地上5mほどの高さまで上昇して消え、
直後に半分ほどの高さから出現して降ってきていることがわかる。
クラウド視点で見る分には特に違和感はないのだが……。


上記のとおり出が遅すぎるため、反撃にはまったく使えない。
発動前に相手の攻撃を喰らって負けることもしばしば。

UT版 Edit

射程(射出時の限界角度)が若干延長された他、攻撃の発生が早くなった。

  • 相対的に技の全体動作時間も短縮されたので、隙も小さくなったと言える。

DDFF Edit

プレイヤー待望の空中版が追加された。
空中版は以前の地上版と同様の性質だが、地上版は性質が変化しており、
一発一発が相手のいる位置を捕捉して発射されるようになった。

  • 確かに待望の空中版だった。
    しかし追加希望があったのはあくまで前作までの仕様を考えた上でだったことも事実。
    今作では仕様との兼ね合いが微妙で出番は少ない。
    追加する時はちゃんと仕様変更に合わせて欲しいものである。

地上版の追尾性能はなかなかの曲者ぶり。
下手な回避は逆に回避後の硬直の的になってしまう。
エアダッシュで一気にその場を離れるか、遮蔽物があればそこに隠れてしまうのが安全。
移動速度の速いキャラなら走り回りながらでも大抵回避できる。

  • そんなことしなくてもジャンプで空中に逃げるだけで簡単に避けれる。
  • というか、CPUのデカオは強さが最強であろうとどうしてもこの攻撃がかわせない

空中版を自分の目の前に壁がある状態で発動させると、
頭上からメテオが発動せずに壁にメテオが当たってしまうバグが存在する。
なぜそんなことになってしまうのかは謎。
ムーブアクションで壁上り中に発動させれば簡単に再現できる。

DFFAC Edit

C.LV2で修得するクラウドHP攻撃
追尾性能がある隕石を続々と降らせる中距離攻撃で、溜めに対応している。
溜めはステップでキャンセル可能。
画竜点睛とともに嫌がらせのお伴。


PSP時代と同様に、隕石の上昇中はブレイブダメージ判定(各16最大6ヒット)。
激突後のキャンセルダッシュで相手の下に回らないとヒットは確定しないが。


見た目は隕石落下だが、飛び道具判定なので、
魔法非干渉ではない敵のHP攻撃飛び道具とカチ合うと相殺され、そこで止まる。


Ver1.1002016/02/04
地形を貫通しなくなったが、誘導性能の追加により高低差に強くなった。
また溜めをステップでキャンセル出来るようになっている。
 
Ver1.3212016/11/24
射程が5m延長されて同系統の技の水準に改善させた。
 
Ver1.3802017/05/11
攻撃前の向き補正力は強化されたが、向き補正の発生期間が6F短縮されている。
 
Ver1.4102017/08/09
使用率の低いHP攻撃の救済として調整対象となった。
攻撃発生が早くなり(ブレイブ部分:-2F HP部分:-5F)、攻撃後の硬直時間も3F短縮された。
 
Ver1.4202017/09/07
スタン発生時に攻撃判定が残るため、中断処理の対象となった。

FFBE Edit

クラウドが習得するアビリティの1つ。
敵全体に一部防御無視ダメージ。