Top > 特技 > 【紅蓮の業火】
HTML convert time to 0.003 sec.


特技/【紅蓮の業火】

Last-modified: 2015-08-30 (日) 07:49:30

DFF Edit

カオスが使用するHP攻撃。3戦目で使う。
最初に地上全域に爆発を起こして、次に無数の炎弾を飛ばし、最後に大きな炎弾を飛ばす。
最初は空中回避して、次の炎弾はガード連打で防ぎ、最後は避ける。
カオスに近すぎると炎弾連打をガードしても後ろから炎弾が来る(実は追尾する)ので壁際でガード。
この炎弾に当たると最後を避けることはできない。
「究極を与えん!」「這いずれ! 恐れよ! 幕切れだ!」


先生ならばハイガード長押しだけで完全シャットアウト可能。*1
ただもちろん位置取りを誤るとハイガードの防御範囲外から炎弾を喰らう羽目になるので、防ぐときは高度を下げよう。

  • 最後の攻撃を防いだ直後にカオスがワープして攻撃することがある。
    攻撃が終わっても気を抜かないように。
  • ガード派生で華麗に反撃したいという方は、地上の爆発をかわした後、磁場転換キャンセルハイガードかRボタンのガードで追尾炎弾を防ぎ、最後の炎弾をキャンセルオールガードで防ごう。通常ガードのほうが低難易度かつガード成功ブレイブアップが美味しいのでおススメ。

ジャッジマスターだとセリフを言った直後にEXモードのジャッジマント・マスターで無効化できる。但し、最後のメテオは回避。


神罰や断罪、究極の混沌、幻想の果てと違って、慣れてかわせるまでが大変。
(というか自分はいまだにかわせていない)
3戦目でしか使ってこないため、見かける機会が少ないのも原因の一つ。カオス撃破はとにかく短時間で片付けることがポイントなため、ある程度カオス戦に慣れてくるとこれを出される前に倒すことも多くなる。
……そしてたまに出されると喰らう。そんな技である。

  • 空中回避の後にガードを出すのが早すぎると炎弾を食らう。また炎弾と大炎弾の間にも一瞬の間がある。
    落ち着いてカオスをよく見ることが回避のポイント。

究極の混沌ほどではないが、無敵状態で一方的に時間を消費させられるので
完全に回避できるようになってもあまり拝みたくない。

DDFF Edit

空中ジャンプの仕様変更によってさらに回避しにくくなった。
最初の爆発を避けてから炎弾が飛んでくるまでの間、いかに高度を保つかが鍵になる。

  • 最初の爆発にあえて当たり、受け身を取りつつガードすると炎弾を防げる。

先生のターンガードは通常ガードに弱体化しているので最後の1発を防げない、注意。


この技と言い究極の混沌と言い、アシストがどんどん減らされる\^o^/






*1 最後の炎弾でよろけてしまうが、ダメージはない