Top > 特技 > 【聖なる審判】
HTML convert time to 0.022 sec.


特技/【聖なる審判】

Last-modified: 2017-04-13 (木) 01:39:07

チョコボシリーズ/【聖なる審判(ダンジョン)】
FF13版はこっち


FF4(DS版) Edit

新たに追加された裏ボスのプロトバブイルが、HPが120000以下になると使用する。
対象は味方全体で、属性は無属性。威力は600で、命中は250。
対策を怠ると一撃でパーティーが全滅することはザラなので、万全の準備を整えよう。

  • がまんしていても3000前後のダメージを受ける。
    攻略本には「5000以上ダメージ保障!最強の攻撃!!」と書かれていた。
    • しかしまともに食らえば9999確実なので、9999固定と勘違いする人も多い。

この特技の脅威なことは発狂後はほぼ毎ターン撃ってくること。
被ダメージもほぼPT全員カンストダメージのため、まともにくらえば上記の通り本当に全滅する。

FF5(GBA版) Edit

予言で発動する攻撃の1つ。
敵全体に聖属性ダメージを与え、さらに味方全体を回復する優秀な技。

  • MPの下一桁が5のとき発動する。

この攻撃を神竜改に使うと、聖属性であるため吸収されてしまう。
だがそれによりオーバーフローを起こし、結果神竜改のHPが激減する。
後は適当に攻撃すれば楽々撃破できる。どうしても倒せない場合はお勧め。
ちなみに他の方法で回復させてもオーバーフローを起こさない。

FF6 Edit

魔石アレクサンダーがぶっ放す聖属性・敵全体攻撃の召喚魔法
消費MP90と多いが、視覚が派手なのでつい使ってしまう。
巨神兵が現れ顔面のマスクが開くと光線が一閃、地面からド派手な爆発が起こる。

  • メガフレアと同様、威力が高いので雑魚ちらしに使える。ただしこちらは属性や魔法防御に注意
  • セリス辺りに召喚させると似合うかも?
    「焼き払え!」
    • そんなもので王蟲の大軍は止まらないぜ@@@
  • クロノトリガーのラストボスが使う「邪影闘気殺炎」に似ている。

ゲーム中での表記は「聖なるしんぱん」。
夢幻闘舞」でさえ戦闘中は平仮名表記になってしまうFF6において
珍しくきっちり漢字が入る名前になっている(除必殺剣)。

FF7 Edit

召喚マテリア「アレクサンダー」で発動する召喚魔法で、敵全体に聖属性のダメージを与える。
ホーリーがイベント魔法になった本作での唯一の聖属性魔法である。
FF6での演出をそのまま3Dにしたようなエフェクト。

FF8 Edit

G.F.アレクサンダー召喚魔法。敵全体に聖属性のダメージを与える。

FF9 Edit

アレクサンダーがイベントのみの登場のため、ムービーでの描写1回のみ。
しかしその威力は凄まじく、無数の光でバハムートを一蹴してしまった。

  • 背から広がる翼を輝かせ、そこに生える羽一枚一枚から獲物を追いかける光を放つ。
    高機動・高火力が売りのバハムートですら避けきれなかった様は、息をのむこと間違いなし。

FF11 Edit

アレキサンダーの特殊技。今回は敵として登場するため、
こちらが裁きを受ける側となる。
対象を中心とした範囲内のPCに光属性ダメージを与え、さらに防御値ダウン効果を付加する。
受けるダメージが高いうえに、防御値ダウンを放置していると盾役が瞬殺されてしまう。


詳細はこちら→聖なる審判

FF14 Edit

機工城アレキサンダー:天動編4層のボスであるアレキサンダーの履行技。
アレキサンダー本体の目からビームを放ち、強烈な光線を浴びせる。
プレイヤー全体に特大ダメージ。直前に出現する雑魚を倒しきれなければ全滅確定の威力となる。
発動の際には「限界を突破し、聖なる審判に備えよ!」とバハムート・プライムテラフレアを思わせる演出が入る。

DFF・DDFF Edit

召喚石アレクサンダーの召喚効果。
一定時間、自分のBrave値を固定する。


北米版の表記はDivine Judgment である。

DFFAC Edit

アレクサンダーが帰り際に放つ召喚攻撃。
敵3人に向けてそれぞれ直線状に魔法陣を並べ、その上を聖なる光で掃射する。PSP版のシューティング・レイをド派手にしたようなロマン溢れる演出。
攻撃範囲の広さは召喚技随一。しかし予兆が分かりやすく安全地帯に逃げられやすい。
これは追撃する側からすれば敵が打ち上がるのか判断しやすいのでメリットにもなる。

FFL Edit

アレクサンダー召喚魔法。消費MPは64。
敵全体に聖属性のダメージを与える。

FFEX Edit

前方に一直線上のレーザーを放つ。
一度ヒットすると続けて2、3ヒットしてHPをすごく削られるが、側面にいれば当たらない。