Top > 特技 > 【素早さの歌】
HTML convert time to 0.005 sec.


特技/【素早さの歌】

Last-modified: 2017-07-15 (土) 20:18:22

アビリティ/【すばやさのうた】


FF4 Edit

FF4(DS版) Edit

DS版で追加された「うたう」の歌のひとつ。
基本的な感覚は5の素早さの歌と同じ感じで、歌っているあいだ味方全体の素早さが上昇する。
待機時間は6と発動に時間はかかるものの、その上昇量は凄まじく、ヘイストをも凌駕してしまう。
難点はやはり少しでもダメージを喰らうと歌うのを中断してしまうことか。


「すばやさ」のパラメータを上げるわけではなく、ATBゲージのスピードを上げる効果。
よって、すばやさがカンストしている場合でも有効。
ヘイストとの併用も可能なので、うまく活用しよう。

  • ATBの加算値に+5される。

継続時間は約40秒。ギルバート並びに「うたう」のデカントアビリティを付けたキャラのレベルが40になると使用可能に。
尤も、ギルバートを普通ここまで育てるプレイヤーもそうそういない筈なので、実質デカントアビリティ経由で使う事になるだろう。

FF4TA Edit

味方を対象に「うたう」を使った場合にランダムで出る歌。
FF4DS版とは異なり、ヘイストと同様の効果になっている。
全体がけをすれば全員に効果が及ぶので便利。欠点は、狙って出せないことか。

FF5 Edit

FF5のの1つで、サーゲイト城の王の部屋にある日記(?)を読むと覚えられる。
効果は歌っている間、味方全員の素早さが上昇するというもの。
ガラフたちが昔よく歌っていたらしい。
愛の歌とのコンボは強力である。

ゼザとの思い出がよみがえる。
あのころよくうたった歌。


正しくは「歌っている間はずっと素早さの数値が上昇」である。歌が途切れても上昇した素早さはそのまま。


ヘイストと比べると、効果はあまり実感できない。

  • 長期戦向き。長く歌い続けているとやっと効果が表れてくる。
    ただ、ターン数を掛ければ通常のヘイスガ効果をも凌駕し、ずっとコマンド入れっぱなし状態になる。
  • 素早さ自体が上がるんだから、エルメスの靴を履いていても効果があるんだよね。
    ネオエクスデスから盗みまくりたい時なんかに便利?(GBA版しかクリアデータ保存できないけど)。
  • ひたすら歌い続けさせることができれば、すさまじい速度で行動する神竜改にも対抗できるようになる。
    まあそこまで耐えられるのなら普通に戦っても勝てるだろうが。
    • 歌いながらゾンビになると、ゾンビになったまま歌い続ける。つまり、歌いながら神竜改からゾンビブレスを喰らえば、簡単に歌い続けさせることができる。ゾンビの味方への攻撃への対策として、ゾンビ役には癒しの杖を持たせるといい。
      自分が初めて神竜改を倒したときに、使っていた戦法がこれでした。

FFL Edit

吟遊詩人のコマンドアビリティ「歌う」の技の一つで、メモリスト編以降にJLV14で覚えられる。
歌っている間味方全体の速さを上げる。消費MPは22。

  • 全く使えない他のドーピング系の歌とは違って、これはまだ使える方。
    歌うをセットしていて何もすることが無いキャラは、
    これを歌い続けるという選択肢もあり。

ヘイスガ習得のための登竜門。
これのために吟遊詩人は最低レベル14まで上げる価値があるジョブである。