Top > 特技 > 【天鼓雷音稲妻斬】
HTML convert time to 0.002 sec.


特技/【天鼓雷音稲妻斬】

Last-modified: 2017-08-16 (水) 17:51:57

天鼓とは、緒Z利天(とうりてん)の善法堂にあり、打たなくても自然に妙音を発するという太鼓。仏の説法にたとえる。また天上で鳴る鼓(つずみ)の意で、雷のこと。
稲妻とは、空中電気の放電によって生じる電光。また、それが雲に反映したもの。稲光(いなびかり)。稲魂(いなだま)。いなつるび。「―が走る」《季 秋》「―やきのふは東今日は西/其角」

FF12 Edit

アーシェのLv3のミストナック
自らの背面に巨大な雷の球体を作り出し、それを敵に向けて放つ。


結局これも「斬」とあるが斬っていない。
せめて手刀で斬る動作をするとか、バッシュのように武器を具現化して振るえばよかったのに。


元ネタはFFTの天鼓雷音無双稲妻突き
効果は異なる。


「閃光よ、天より響き走れ」or「私は信じる、私自身を」→「轟け!」or「打ち払え!」


INT版では

アーシェ「i must believe」

とか言ってたりする(確か


アーシェのミストナック全てに言えることだが、もう少しネーミング何とかならなかったのかよ、と切に思う。

  • 何故こうも漢字だらけ、っていうかオンリーなのか。
    バッシュやフランのミストナックも漢字がメインになっているが、バッシュは武人というキャラクターの為に、またフランはヴィエラ族という異文化、異人種の為に何とか受け入れられる(と思う)。
    しかしアーシェ。あんたはダルマスカのお姫様だろうに。
    序盤でも言っていたダルマスカの攻撃的な格言などならロイヤルな雰囲気も出ていたと思うのだが。
    …そういえば、同じダルマスカ人であるパンネロのミストナックも漢字オンリー。
    まさか、ダルマスカ人にとって漢字は一般的な言語形なのか、若しくは古語辺りに該当するものなのだろうか?
  • 実際ミストナックのネーミングは個人個人が「かっこいい」と思う技名付けているだけって気がする
    (全部カタカナ、漢字+カタカナ、漢字四文字、漢字短文とかキャラ毎に法則があるし)
  • FFTから持ってくるならそのままの技名にしてほしかった。違和感が半端ない…
  • 漢字なのはいいとして、せめてもう少し語呂の良い技名ならば…。