Top > 特技 > 【突撃】
HTML convert time to 0.004 sec.


特技/【突撃】

Last-modified: 2017-09-13 (水) 20:28:39

関連項目:アビリティ/【突撃】


FF6 Edit

ガードリーダーが単体になると使用する技で、単体に通常の2倍物理ダメージ。
100以上のダメージを受けるため、この時点では非常に痛い攻撃。

FF9 Edit

スタイナーのアクションアビリティ「剣技」で使える。
消費MPは10で、残りHPが最大値の1/6以下である味方が、敵にたたかうを行う。
さんごの剣イージスのこてがあれば使用でき、
そのアイテムを装備した状態でAP30を稼ぐと修得できる。


使いどころが難しい。


このアビリティにより攻撃を仕掛けたキャラは、ATBゲージが減らない(スタイナー除く)。
また、何故か敵のカウンターを誘発することもない。
汎用性に極めて乏しいものの、戦術を突き詰める必要があるやりこみプレイなどにて重宝される。
尤も、その強力さ故にあえて封印されることも多い。


仕様を理解してもなお扱いにくいが、ゲーム内の説明が非常に分かりにくいため、
初心者にはおそらく使い方そのものが理解できない。
普通にコマンド実行しても何も起きず、空振りしてるようにしか見えないのがネック。

  • 説明文でも「味方全体が『たたかう』を行います。」としか表示されない。
    使い方さえわかれば強力な特技へと化けるが、それにしても説明不足過ぎではないだろうか。
    • 何度か使って何も起こらず「わけわかんねー」で放置してたような…
      こんな強力な技だったとは

ダメージの上限が9999であるFF9において、
1コマンドで10000以上のダメージを与えられる数少ない手段の一つ(他にはW黒、白魔法が該当)。
常時使用できる攻撃手段に限れば唯一と言える。


ジタン、スタイナー、フライヤ、サラマンダーのガチガチの肉弾戦パーティでは強力無比な攻撃手段。
全員瀕死の状態&弱点突きアビリティ+強化属性などのドーピング次第では隠しボスすら瞬殺できる、FF9における事実上の最強攻撃である。
瀕死状態で発動というネックがあるため、予めおまじないで全体攻撃への保険を掛けておくといい。


これを利用してPTキャラ全員LV1でオズマを討伐する事が可能。
「トランスゲージ微調整」「800近い盗む成功と竜100匹狩り」「オリハルコン・ホーリーランス調達」
上記の準備の手間さえあれば割とあっさり成功できる。

FF10 Edit

アルベドガンナーが使用する単体物理攻撃。
アルベドシーラーが場にいない時に攻撃すると、カウンターとしてこの技を使用してくる。
ガトリングが一人に全弾集中するのと同じぐらいの威力で、かなり痛い。


キマイラ系の通常攻撃も、技名は表示されないがアルティマニアでは突撃という名称になっている。

FF10-2 Edit

プロトキマイラゴーキマイラが使う技。
単純に言うと効果のある通常攻撃。技名も表示されない。
命中率とクリティカル率は若干高く設定されている。

FFTA2 Edit

ウェアウルフ系のアビリティ「引き裂く」のひとつ。
ダメージ+ドンムブの追加効果。


追加効果の発生率は低め。

FFL Edit

戦士がレベル17で修得する戦技の一つ。
敵単体に突っ込み、使用者の現在HPの約8割〜9割のダメージを与えた後、
使用者も相手に与えたダメージと同じダメージを受けて瀕死状態になるという文字通り捨て身の攻撃。


単体での使い勝手は微妙だが、
光の戦士にはバリアントブロウ習得のための登竜門として覚える価値がある。