Top > 武器 > 【まじんのおの】
HTML convert time to 0.005 sec.


武器/【まじんのおの】

Last-modified: 2016-09-06 (火) 21:49:27

だいたい中盤から終盤にかけて登場する斧。作品によって表記が「魔人」だったり「魔神」だったりする。
FF2では槍が魔人、斧が魔神と変換されてたりするので、開発者側もどうでもいいのかも知れない。


FF2 Edit

系武器。ゲーム中の表記は「まじんのおの」。
FF1・2の攻略本の設定では「魔人の槍」と同じく南の島の魔人が作ったもの。
FF大全集、FF11の鎮魂武器(全て過去のFFに登場した武器名が使用されてる)では
「魔神の斧」という表記が採用されているが、意味的には「魔人」表記が正しいと思われる。
魔人の集落で10000ギルで売られているが、攻撃力が27と低い地雷武器。
1ランク下のミスリルアクス(攻撃力22・2000ギルで購入可)にコストパフォーマンスで負けている。
同価格で売っている魔人の槍の方が強い(攻撃力42)。
こんなのを買うよりミシディアオーガキラーを買ったほうが良い。
(船が手に入るとミシディアへは楽に行けるので)


ものすごくどうでもいいが、27を16進数表記にすると1B。
2Bとすると43となり、魔人の槍と同程度の攻撃力となる。
数字を一つ間違えたのではないだろうか…深読みしすぎか。

  • ロマサガ2のオートクレールは表示上は攻撃力50だが実際は35だった。
    このように実際にスクウェアは16進数で設定ミスしていたことがある…。
    (表示攻撃力と実攻撃力が違うというこの話とはまた別ではあろうが)
  • リメイク版でも攻撃力が上がっていないようだ(PSP版でも低いまま)。
    …もしやこの低攻撃力はFF2における伝統なのか?

南の島に住んでいると言われる魔人が作り出した石斧。
石斧なので斧のように叩き斬るのではなく、潰すように使う。(FF1・2攻略本)

  • 某名人なら投げて使うんだろうなぁ…。

PS版以前だと売値は買値の1/20、つまり500ギルでしか売れない。
なので間違っても買ってしまわないように。
GBA版以降はちゃんと売値は買値の1/2なので安心しよう。


南の島は皇帝の脅威にさらされてなかったせいか、南の島の死人がいなかったので、SORには登場しない。

FF11 Edit

表記は「魔神の斧」。戦士専用の両手斧にして、「鎮魂武器」と呼ばれる武器群のひとつ。
ミシックウェポン「コンカラー」の取得と、
ミシックウェポンスキル「キングズジャスティス」習得の際に必要になる。
武器としては弱く、目だった特殊効果もない。名前だけ引っ張ってきたようだ。


詳細はこちら→魔神の斧

FFUSA Edit

系で最強の武器。表記は「まじんのおの」で攻撃力は最大217。
生きている樹海の南にある樹の前の宝箱を調べると入手できる。
入手した場所柄即戦力となるが、最終的にはなにかと便利なせいりゅうのつめがあるので、
斧特効の植物系・亀系ぐらいしか使わなくなってくる。


カレンと合流した時に彼女も所持している。
どうやって手に入れたのかは不明だが、気にすることではないだろう。
作中で仲間と同一武器を使うのは、この時カレンと同行している間の
まじんのおのが最初で最後である。


最強のおの。
かつて、生きている樹海に住んでいた魔神が持っていたという、一枚刃のうつくしいおの。
攻げき力は高いが、意外と軽い。
(『ファイナルファンタジーUSA ミスティッククエスト 冒険ガイドブック』(NTT出版)より)

ちなみに、ファミ通の3週連続攻略記事では「魔人のオノ」と書かれていた。

  • ファミ通の表記は、FFUSAの1ヶ月前に発売された聖剣伝説2のLV8斧が「魔人のオノ」だという所からと思われる。

光の4戦士 Edit

ランダムダンジョン90階の宝箱で手に入ることもある。攻撃力23。
1回鍛えるごとに攻撃力が+2上がっていく。


まじんのやりと同じく、魔人のローブがあるからこちらも「魔人」なんじゃなかろうか。。
もっともどうしのローブという普通に同名表記別装備はあるけど。

聖剣伝説 Edit

表記は「まじんのオノ」。系統の最強武器で、海底火山で入手できる。
ただここではサンダースピアアイスブランドの方が有効なため、
本格的な活躍は海底火山以降となり遺跡の洞窟ドラゴンバスターを入手するまでの間となる。
リッチ戦でMAX攻撃を使うと多少楽に戦える。


何故か攻略本に記載されていなかった。

FFEX Edit

の1つ。