Top > 武器 > 【アイスブランド】
HTML convert time to 0.020 sec.


武器/【アイスブランド】

Last-modified: 2017-06-28 (水) 00:31:39

シリーズではおなじみの冷気属性を持った
フレイムタンとは対照的に、出てくる時期には冷気属性を弱点とする敵がそれなりに出てくるので、
早速使える上、攻撃力も結構高いため重宝する。


炎属性の剣がシリーズごとに微妙な名称変更を繰り返していたのに対し
こちらはFF3のフリーズブレイド以外はほぼ一貫して「アイスブランド」で通している。


英語ではそのまま"Icebrand"、brandは剣の文語的な呼び方。
おそらくFFがオリジナルとおもわれるが、海外のMMOにも同名の剣が登場したりしている。

  • いや、フレイムタンと同様、元ネタはAD&Dだろう。
    ただしそちらでの名前はFrost brand。「アイスブランド」という名前そのものはFFオリジナルではある。
  • アイスブランドの『ブランド』についてもう少し補足すると、古フランス語で「刀剣」のことを指す。
    余談だが、これを語源とする英語の動詞として【brandish】という言葉があり、
    「(刀等を)振り回す」「(槍を)扱く」といった意味がある。

なお、所持していると殺されてうばいとられる武器とは関係ないので安心しよう。


遠い親戚?→幻獣/【ファイアブランド】


FF1 Edit

グルグ火山試練の城で入手できる
攻撃力と命中率が共に高く、火属種に強い。FCでの剣種はロングソードで、色は青。
沼の洞窟、大地の洞窟、カオス神殿の宝箱から入手できる武器はそれ以前にエルフの村で入手可能なミスリルソードに比べて微妙な性能の物が多いので、おそらく持ち替えるのはこれが最初になるだろう。通常プレイしていれば
後で訪れる氷の洞窟にあるフレームソードより高性能なので比較的長くお世話になるはず。

FF2 Edit

ミシディアの塔の宝箱か、アイスギガースからのお宝として入手することができる

  • あるFC版の攻略本の敵の落とすお宝のリストには、
    アイシクルもこの剣を落とすとされている誤植があった。
    (アイシクルの一つ下の欄がアイスギガースであったのが原因と思われる)
    序盤のうちにこの剣を取ろうと必死にアイシクルを狩り、
    骨折り損となったプレイヤーもいるのではないだろうか?
  • とりあえず携帯版でアイシクル100匹倒してきた。結論としては「落とさない」。というか、「アイシクルがアイスブランドをドロップする」という情報を見てそれを試した人はそれこそ何百人といるだろうし、その中には数千匹倒して検証した人もいるんじゃないだろうか。そしてその誰もがアイスブランドの入手に至っていない以上「アイシクルはアイスブランドをドロップしない」のは確定だろう。

フレームソードを取った直後に手に入る。
ウィングソード時代が異様に長いせいか、剣使いにとっては「え?もう新しい武器?」と戸惑う。
だが、すぐに次のディフェンダーが手に入る。

  • そのディフェンダーのすぐ後により強いサンブレードが手に入り、更にすぐ後に2番目に強い剣エクスカリバーが手に入り、ラスダンで最強の武器マサムネが手に入る。
    後半のポンポン強い剣が手に入る具合は異常である。

GBA版以降の追加ストーリー、SORでは、アイスギガースとドロップテーブルが同じモンスターがいないので、登場しない。
それどころか、他の冷気系装備も登場しない。
さらに、冷気耐性を持つ防具も登場しない。
冷気属性だけに、冷遇されているのか…。

FF4 Edit

中盤で手に入る氷属性の。攻撃力75、命中率80%。
セシル(パラディン)、カインが装備可能。
エブラーナの洞窟の町にて26000ギルで販売。
また、バブイルの塔(地底)の宝箱から手に入るが、モンスター入り(出現するモンスターはアイズ)。
とりあえずルビカンテ戦までのセシルの武器にどうぞ。
あ、地上のバブイルの塔ではルビカンテ戦でなければオーガキラーの方がいいか。

  • バブイルの塔で取り損ねたりしない限りは、わざわざ買う必要は無い。
    ルビカンテの為だけに買うのも正直疑問符だが。
    • より強力な無属性武器のオーガキラーも次の町で買えちゃうから、宝箱から手にいれてないなら要らない。
  • 一応、二回目ルビカンテ戦でも有効。
    この時はエクスカリバーの威力が半減されるため、アイスブランドの方がダメージが大きい。

FF4イージータイプ Edit

名称が「こおりのけん(氷の剣)」になっている。

FF4(DS版) Edit

攻撃力75は維持だが、命中率は90%に。


使うとブリザラが発動するようになった。

  • 因みに、フレイムソードだとファイア。属性は違えどワンランク上になっている。

なげるに対応するようになった。

FF4 Interlude Edit

実質セシルの最強の剣となる。
ただし無属性武器が欲しいならライトプリンガーもあり。
若しくは入手が厳しいブレイクブレイド


さまざまな属性の敵が一気に登場するので、氷属性の敵に対する予備の武器は持っておくこと。

FF4TA Edit

カイン編では地下水脈の宝箱の他、バロンの町で購入できる。
チャレダン通いしてればギルが所持量オーバーしがちなので大量に購入して、
集結編でのエブラーナ城メルトゴーレムルビカンテイフリート相手に投げまくるとかなり楽ができる。

FF5 Edit

攻撃力65、冷気属性の騎士剣エクスデス城で拾えるほか、蜃気楼の町で購入可能。価格は11000ギル。
攻撃力はそこそこだが「剣装備」がなければナイトすっぴんしか装備できないので、あまり出番は無い。


同時期に手に入るアイスシールドと組み合わせ、パーティーアタックで吸収回復することも可能。


ソードダンサーが稀に落とす。

FF6 Edit

攻撃力108、冷気属性の。装備補正で魔力+2される他、追加効果で25%の確率でブリザドが発動する
魔導工場の宝箱から、及びそこで戦うナンバー024の戦利品(※但し、フレイムタンが挟まれる場合も)として入手可能。

  • 他の2とは異なり、2つの木箱の間から行ける配管を通った先の隠し部屋でそよ風のマントと一緒に手に入る。非常に分かりにくいというか、予備知識がなければまず気づかないであろう場所なので初見プレイヤーはもちろん、既プレイのプレイヤーでも見落とす可能性大。

世界崩壊後はアルブルグの町港町ニケアツェンの町でフレイムタンやサンダーブレードと一緒に7000ギルで売られている。
サマサの村の火事の家などで無類の強さを発揮する。


コロシアムに賭けるとオーガニクスが景品になる(対戦相手はガンマ)。


バトル中のグラフィックをよく見るとなんかトゲトゲしている。

FF9 Edit

スタイナー用の冷気属性の。「メンタルブレイク」を修得可能。
Disc2で戦うベアトリクス(2・3回目)から盗めるほか、アレクサンドリア城でも手に入る。
また、その少し後に向かうリンドブルムでも売られている。
この時点の武器としては攻撃力が高く、低確率ながらフリーズの追加効果もあるため使い勝手はまずまず。
とはいえ、実際にはブラッドソードに活躍の場を奪われがちなのが哀しい。

FF10 Edit

氷攻撃』のアビリティを付けたティーダがこの名前になる。

FF11 Edit

両手剣の1つ。時々、攻撃時に氷属性ダメージが追加計上される。
両手剣のウェポンスキルに「フリーズバイト」「フロストバイト」(効果はいずれも氷属性ダメージ)が存在するので、それに合わせて両手剣にしたのだろう。


詳細はこちら→アイスブランド

FF12 Edit

片手剣の1つ。攻撃力65。『剣装備4』(IZJS版では『剣装備5』)のライセンスで装備可能。
フレイムタンに比べて素の攻撃力でも10近く差を付けており、基本性能では優位に立っている。
しかし火属性のフレイムタンはオイルにより与ダメージが3倍になるので、実際には大きく劣る。
(フレイムタン[オイルつき]の攻撃力159、アイスブランド[氷属性弱点の敵に]の攻撃力130)

  • その攻撃力は物理防御が0の相手の場合。
    実際のところはフレイムタン(オイル)=95〜120、アイスブランド(弱点)=100〜110程度。
    オイルは大半のザコに有効だが氷弱点は多くないので、実戦値はアイスブランドのほうが低い。

Cランクモブ、リングドラゴンの討伐報酬として貰える。
単純にそこそこ攻撃力の高い片手剣としても運用できるが、このくらいの武器があればエレメント系と勝負できる。はず。

FF12RW Edit

『攻撃に凍雨を加える絶対零度で鍛えた剣。』
ヴァン専用の水属性の。物理攻撃40、魔法攻撃20。
きらめく鉱石・古ぼけた甲殻・水のクリスタルにレシピ「合成指南・巻之下」で合成できる。

FF14 Edit

呪術士・黒魔道士が装備可能な小型呪具。本作では杖としての登場となる。
攻撃魔法の威力を増幅し、氷属性の魔法は更にボーナスを得る。


この他、ウィンドブランドやファイアブランド等6属性のブランドが登場する。


この他、蛮神シヴァのドロップ品として「シヴァ・アイスブランド」という片手剣も存在する。こっちは旧来のアイスブランドのイメージが強い。
これをシヴァが確定でドロップする氷神の氷晶を使って強化すると「シヴァ・ダイアモンドブランド」と名前が変化する。

FF15 Edit

ノクトが使用する片手剣の一つ。
氷属性の武器で、氷が苦手な敵に大きなダメージを与える。

FFT Edit

氷のような透明感のある刃をした剣。

Chapter.4でショップに並ぶ氷属性の。攻撃力13、回避率10、追加でブリザラの効果。


黒のローブなどの属性強化装備と併用することで攻撃力を上げられるため、攻撃力なら剣の中では最強。
聖剣技は武器属性に依存するため、これを装備して属性強化することで威力を底上げできる。
剣技持ちの固有ジョブの修行にも役立つかも。総合的に優秀な装備。

  • ゴブリン系やフロータイボール系が氷弱点を持っている。

終盤ギルが余っていて、忍者を使用しているなら、いっぱい買って
ゴブ系やフロータイボール系に投げつけてやろう。大ダメージが爽快。

  • FFTの冷属性は天候に威力が左右される事が無く、弱点とするモンスターが結構多い。
    そのモンスターの中には上記の他にもモルボルなど厄介な特殊攻撃を繰り出すユニットに、ティアマットの様な凶悪極まりないユニット等、結構幅が広い。
    忍者を使うなら高いダメージが望めるので、お金に余裕があれば買い込んでおくのも悪くない。

FFT(PSP版) Edit

PSP版ではルッソの初期装備として早めに入手できる。

  • ちなみにこのアイスブランド、元々の持ち主はラムザである。
    というのも、ルッソは初登場のムービー内でベヒーモスとの戦闘で持っていた剣が折れてしまい、ラムザが剣を投げ渡しているのである。
    • じゃあそのラムザはどこから調達したのかと……。
      投げ渡したといっても、その投げられた剣はベヒーモスに刺さっただけでルッソがそれを抜いて装備したような描写はない。
      単純にルッソが二本目の予備としてこれを持っていただけでは?

FFTA Edit

氷属性のブレード。決して溶けない魔法の氷でできている。
グラディエーターが「ブリザドソード」を、モーグリナイトが「ヒール」を覚えられる。


攻撃力は42で、市販のブレードの中では最強。
スプリンクラーなどで序盤でも強化が簡単な氷属性であるうえ、価格もさほど高くはない。
このように武器としては優秀なのだが、闘士の場合はアビリティを覚えられないのが欠点。

FFTA2 Edit

氷属性のブレード
モーグリナイトが「ヒール」を覚えられるのは前作と同じだが、グラディエーターは「ブリザドタックル」に替わっている。
ほりだしもの「凍っている装備C」(氷の石アダマン合金抜け殻)で手に入る。

FFCC Edit

アーティファクトとして登場。こうげき+2。

FFCCRoF Edit

氷のように冷たい刀身を持つ剣
暑い場所でも溶けたりしないので安心

レシピ「氷の武器」で作成できるクラヴァット用の。攻撃力+45。
攻撃が氷属性になるわけではないが、物理攻撃力アップor氷耐性アップor紺碧の力の特殊効果がつく。

FFCCEoT Edit

RoFに引き続いて登場する

聖剣伝説 Edit

カーラ山脈で、マリリスを倒すと入手できる
この先訪れる海底火山ではサンダースピア同様活躍することになる。

DFF Edit

装備レベル22以上。バトル開始BRV+20%の効果を持つ
スコールDestiny OdysseyでDPを6残してクリアする事で手に入る。
その後はショップでアイアンソード柔の破片変化の粉×8に6050ギルでトレードできる。

DDFF Edit

の1つ。性能はATK+22、バトル開始BRV+20%と扱いやすく装備レベルが1以上にまで落とされた。
なので序盤に入手できればその後の戦いがぐっと楽になるだろう。
モーグリショップにて200KPで販売しているので、KPを貯めて最優先で購入しておきたい。


これ一本でコスモス側の男性キャラクター全てとライトニングが賄えるため重要度はかなり高い。
引継ぎで高レベルのキャラがいたとしてもKPのためにレベルを下げる必要があるため、結局この武器に頼ることになる。
順調にKPを貯めてればラグナ編で200貯まるのでその時点で買っておこう。

DFFAC Edit

WoLスキンセットに設定できるウェポンの一つ。アイスシールドとのセット。
C.Lv17でショップに入荷。価格は7,200ギル。

光の4戦士 Edit

攻撃+4、水属性Lv.1の
宝として入手した後は、闇の氾濫後でリザードフォーク?のドロップで手に入る。
嵐の剣の代わりっぽい。


凍った主人公……ではない。

FF零式 Edit

マキナの武器のレイピア
攻撃力+50、冷気魔力+30の効果。
ベスネル鍾乳洞にある宝箱から6.3%の確率で入手できる。
宝箱を開けてもダンジョンに入り直せば中身は復活するため、繰り返してでも手に入れたい。

FFEX Edit

長剣の1つ。

FFB Edit

氷属性の大剣
SRは攻撃1570/防御1570/コスト19/成長:普通 で割と普通SR武器だが
SR+は攻撃2010/防御1990/コスト23/成長:遅い こちらはそこそこ強くなる。

PFF Edit

氷属性の

FFRK Edit

FF4、FF5、FF8、FF9、FF10からとして登場している。
FF8については原作に登場しておらず、登場したのはフレイムタンの方である。

  • 「アイスブランド【IV】」
    FF4共鳴のレア3の剣。
    氷属性強化(小)を持つが、FF4キャラは魔法剣の使い手がいないため、氷属性強化を活かしにくい。
    強化できるとすれば、カインに装備させてジャンプ・氷を使った時くらいだろう。
    ステータスは下記。()は共鳴時。
    Lv攻撃力魔力命中
    120(43)389
    1034(78)
    1541(100)
    2048(122)
    2556(144)
  • 「アイスブランド【V】」
    FF5共鳴のレア5の剣。氷属性強化(小)を持つ。
    Lv20時の攻撃力は112(共鳴時は196)。
  • 「アイスブランド【VIII】」
    FF8共鳴のレア6の剣。
    スコールの超絶必殺技「ブルータルシェル」付き。修得ボーナスは攻撃力+10。
    共鳴時に氷属性強化(小)の効果を持つ。
    Lv25時の攻撃力は174。
    2017/2/28、FF8イベント「流星に導かれし純愛」で追加された。
  • 「アイスブランド【IX】」
    FF9共鳴のレア5の剣。全体に氷属性の物理攻撃を行う共通必殺技「全斬り・氷」付き。
    なぜか、FF9だけ氷属性強化(小)を持っていない。
  • 「アイスブランド【X】」
    FF10共鳴のレア5の剣。氷属性強化(小)の効果を持つ。
    Lv20時の攻撃力は114(共鳴時は198)。

FF7 G-BIKE Edit

MAX Lv30時の攻撃力は2140、冷属性マテリア攻撃力1.5倍の効果を持つ武器。
作成・強化に必要な素材は硬質ガラス(Lv1〜)、(Lv10〜)、チタン鋼(Lv20〜)、アイスファング(Lv24〜)

FFBE Edit

氷属性の。攻撃+33。