Top > 武器 > 【エンハンスソード】
HTML convert time to 0.015 sec.


武器/【エンハンスソード】

Last-modified: 2017-06-30 (金) 23:00:53

FF5以降登場する
「エンハンス(Enhance)」には「高める」、「強化する」という意味がある。
装備すると知性、魔力が上がるあたり、魔力を高めるという意味合いだろうか。


FF1(GBA版以降) Edit

GBA版以降のFF1リメイク作にも登場。ナイト忍者赤魔が装備可能な
知性+7の効果があるが、攻撃力が低すぎるため正直言って使えない。


道中では物理攻撃よりも魔法アイテムを駆使したほうが手早く済む場合も多いので、
魔法攻撃回数が増やせるならナイトでも積極的に装備してもいい武器。
ラグナロクから持ち換えるほどではないだろうが。

  • ナイト・赤魔には上位互換が存在するが、忍者にとってはこれが最も知性の上がる武器。
    魔法忍者のお伴に最適。
    • ライトブリンガーは風の囁く洞穴B40Fのデスゲイズを、ラグナロクは癒しの水の洞窟B20Fの神竜を撃破する必要があるため、これらを入手するまでは役立つ。
      問題はこれ自体の入手難易度が高めなため、先にライトブリンガーとラグナロクを入手してしまって必要なくなる可能性があることか。
  • ちなみに忍者だけでなく戦士もこれが最も知性の上がる武器であったりする。

入手は風の囁く洞穴のB9Fがボーナスマップ(水没城)になった際の宝箱、デュエルナイトのドロップの2通り。
宝箱からの入手はボーナスマップ限定だが階層が浅めな一方、デュエルナイトからのドロップは風の囁く洞穴B21〜39Fの浮遊城フロアとB31〜39Fのボーナスマップのみにしか出現しないうえに確実に落とすわけではないので、宝箱からの方がやや楽か。

  • PSP版ではデュエルナイトが時の迷宮(20〜30分)にも出現するようになったのでGBA版よりドロップを狙う方法が多少楽になっている。

FF4TA Edit

月の民編のチャレンジダンジョン1で入手可能な
攻撃力はチャレダン2のディフェンダーに負けるが、知性上昇がしっこくの剣より大きいため、
ゴルベーザを魔法メインで使用する場合はメイン武器となる。
装備可能なキャラで知性に影響を受けるアビリティを所持しているのがゴルベーザぐらいなので
実質彼専用とも言えるだろう。

FF5 Edit

通常の剣では最も高い攻撃力を持ち、魔力を3上げる効果がある
イストリーの滝次元の狭間(森エリア)の宝箱から入手できる。
他にソードダンサーからもレア枠で盗むことができる。
魔法剣もかかるので戦力アップには最適。
なお、何故か投げることはできない。

  • ちなみに、GBA版のアイテム説明文によるとこれのみ「剣」ではなく「サーベル」。
    攻撃する時のグラフィックは他の剣と変わらないのだが。

攻撃力は102。(シーデビルから盗めば)同時期に入手可能なディフェンダー(99)と同程度。
但しナイトすっぴん以外は剣装備が無ければ騎士剣を扱えないので、後半の魔法剣士には重要な武器。
また、『魔力+3』はブラッドソードの+5に次いで高いので、青魔道士にも有用かもしれない。
(他に『魔力+3』の武器はルーンアクスリリスのロッド裁きの杖
赤魔道士の場合は(無意味ではないが)力も魔力も加重値が低めなので、利点を活かしにくい。

  • 多めに持っておけば、攻撃力100の例の剣勝手に装備させられることがなくなってありがたい。
  • ちなみに上記に挙げられた「魔力ボーナス付き武器」の中で、(打撃自体ができないリリスのロッドを除いて)魔力がダメージに影響しない唯一の武器である。

上記以外のジョブ(剣装備併用)やナイトの場合、入手時期的にディフェンダーとの二択になりやすい。

  • エンハンスソード:『魔力+3』、また攻撃力が僅かに上回っている
  • ディフェンダー:アイテム使用でプロテス発動効果と、(1/4確率)物理攻撃回避能力がある

どちらも攻撃力は高いし魔法剣も掛かるので、この辺はプレイヤーの好みで決めてしまってもいい。
(個人的にはディフェンダーの物理攻撃受け流し効果が大変有用だと思うが)

  • エクスカリバー未入手で火力重視ならルーンブレイドも選択肢に入る。
    エンハンスソードの強みは「そこそこの攻撃力の高さ」と「そこそこの魔力ボーナス」を両立していること。
    (同じくそれなりの攻撃力とより高い魔力ボーナスを持つブラッドソードはロクに命中しないため、「両立」とは言い難い)

飛空艇入手直後に次元の狭間に行けば、早期に手に入る。
森の宝箱に入っているので、ボスと一切戦うことなく入手可能。


通常の剣では最強、なので青魔道士や赤魔道士も装備できるのだが、
なぜか魔法剣士専用の剣というイメージが強かったりするのは俺だけじゃないと思う。

  • ↑同意。第3世界の時点では、青も赤もまず使われないのが原因かと。
    GBA版じゃ砲撃士が追加されたけど。
  • 魔力を増幅して剣に宿して斬りかかる、とかもう魔法剣士の為にある様な武器だとしか思えない。
    本職の魔法剣士(と赤魔&青魔)は大変なことになる。
    • ただし魔法剣は魔力の影響を受けない為、(素の)魔法剣士ではこの剣の付加価値(魔力+3)を発揮させられない。
    • 青魔道士ならエアナイフ程ではなくてもエアロガのブーストに繋がる。
  • 純粋に攻撃力が高いので、8倍ゴブリンパンチで安定して9999カンストを出せるという意味でも
    青魔との相性は非常に良い。
    …なぜかゴブパンはエクスカリパーでというこだわりのある人が多いので
    あまり日の目を見ないが。

言い換えれば、一品モノに頼らずかつあえて魔法剣士(と青魔&赤魔)を最後まで使い続ける場合、
これがないと、第2世界の店売り品グレートソード(攻撃力57)か非売品のルーンブレイド(攻撃力50)で、最終決戦まで戦い抜くハメになる。
しかもルーンブレイドは殴る度にMP消費の上、
あのスティングレイの「ぬすむ(レア)」とエンハンスソードを8本揃える以上にマゾい。

  • ルーンブレイドはイストリーの滝の宝箱から確実に手に入る。
  • ただ、ルーンブレイドは魔法剣がかからないため、魔法剣士のお供としては不適格。

売値は10000ギルと高価。

FF6 Edit

崩壊後ニケアサウスフィガロコーリンゲンで買える店売りの武器として登場。価格は10000ギル。
本作では騎士剣の扱いなので、ティナセリスエドガーしか装備できない。
攻撃力も135とそこそこあるが、強力な武器が多く入手できるゲーム後半では霞んで見えてしまう。
しかし魔力が7も上がるうえ、魔法回避率も+20するので入手した後はかなり使える武器である。
機械や魔法主体で武器を使わないなら盾代わりとして装備させても良いだろう。

  • エドガーとの相性がイイと思う。
    機械」があるから「たたかう」なんてまずしないし、名称的にもなんかしっくりくるし。
    魔力依存の機械もあるしね。
  • ティナやセリスでもエクスカリバーライトブリンガーを入手する
    ゲーム最終盤まで十分装備するに値する武器。
    FF6は魔法が強く、通常そんなに物理攻撃をおこなわないので、
    武器においても攻撃力そのものより、装備補正のほうが重要だったりする。
  • 魔石ラグナロックを選んだ場合、この剣の二刀流も攻防一体スタイルとしてはなかなか強力。
    特にティナとセリスにはミネルバビスチェがあるため、防御面の不安も少ない。
    唯一エドガーは素直に盾を装備し、機械メインで戦ったほうがいいかもしれない。

その高い魔法回避率を生かしてVコーディーにも使われたりする。

  • これ+フォースシールドフォースアーマー司祭の帽子で110。
    128を達成するにはアクセサリ枠も埋めなければならないので厳しいが……。
    よっぽどレベルが低く、常に即死圏内等でない限り、魔回100超の回避率なら十分強力である。

コロシアムクリスタルソードを賭けると、これが景品になる(対戦相手はグラシャラボラス)。単純な価値的にはランクダウン。
ただ、ラグナロックやブラックフォース経由でクリスタルソードを量産したが、エンハンスソードも揃えたい場合は
それを売った金で買うよりそれを賭けて入手した方が金銭的にお得ではある。
因みに、これを賭けてもしょうもないアイテム扱い故大先生がお出ましになるので悪しからず。

FF7 Edit

クラウドとして登場。攻撃力+43、魔力+16、命中率+107。
ガイアの絶壁で入手可能な他、飛空艇入手後にアルジュノンで12000ギルで購入も可能になる。
入手時期の割に攻撃力が低いが、マテリア穴が8・連結が4で成長率も1倍と、育成を両立できる点では最終武器にも勝る。
マテリアを多用したいプレイヤーには重宝する武器。


魔力補正も同クラスの武器の中では高い方。
後半に出てくる高ランク武器にはだいぶ負けるが、これまでのFFの傾向が一応見られる。


アルテマウェポンと入れ替えてもマテリアの付け直しが必要ない武器。

FF11 Edit

ノートリアスモンスターブーネ」が落とす、赤魔道士専用の片手剣
魔法剣が自身にかかっている」場合に潜在能力が発動し、
攻撃力や魔法剣のダメージを高めてくれる。
この剣より高性能な剣は存在しているが、赤魔道士にピッタリの能力を持つことや、
シリーズ定番の武器であること等から、人気は高い。


詳細はこちら→エンハンスソード

FF14 Edit

カストルム・アバニアで入手できるLv69から装備可能なIL288の片手剣
ゲームの性格上、特に魔力が高まるようなことはないが見た目は比較的人気の装備となっている。


詳細はこちら→エオルゼアデータベース「エンハンスソード」

FF15 Edit

ノクトが使用する片手剣の一つ。

DFF Edit

Lv71以上で装備できる。ATK+49、バトル開始BRV+30%の効果がある。
ショップでルーンブレイド断罪の魔石×3、グリーンジェムと22510ギルでトレードできる。

UT版 Edit

素材のグリーンジェムが烈火の砂×4に変更された。

DDFF Edit

装備Lv60以上の。ATK+54、バトル開始BRV+30%の効果がある。
珊瑚の剣、ガガゼト鋼材、英雄の想い×5、113800ギルでトレードできる。

DFFAC Edit

ティナスキンセットに設定できるウェポンの一つ。
最初から所持している。

DFFOO Edit

WOL Edit

「エンハンスソード【I】」。☆5の
WOL相性装備で、相性性能は「輝ける加護」。
Lv1時の性能(+相性)は、HP+132(+26)、初期BRV+53(+10)、最大BRV+436(+87)、攻撃力+150(+30)、防御力+75(+15)、最大CP+15。


相性性能「輝ける加護」により、「シャインシールド」使用時に対象としたキャラのブレイブを初期BRVの50%分アップするようになる。

ティナ Edit

「エンハンスソード【VI】」。☆5の
ティナ専用装備かつ相性装備で、相性性能は「降り注ぐ流星」。
Lv1時の性能(+相性)は、HP+80(+16)、初期BRV+106(+21)、最大BRV+795(+159)、攻撃力+265(+53)、防御力+49(+9)、最大CP+35。


相性性能「降り注ぐ流星」により、「メテオ(詠唱)」の攻撃力アップ期間が延長される。
さらに「メテオ+」のBRV威力がアップし、攻撃対象に付与される素早さダウンの期間が延長される。

FFL Edit

黄昏の章で販売している
知性精神に各+5の装備補正が付いている。
赤魔にとっては中々心強い武器だろう。

FFEX Edit

長剣の1つ。

FFRK Edit

FF4、FF5、FF6、FF7、FF9からとして登場している。

  • 「エンハンスソード【IV】」
    レア5。セオドアのバースト超必殺技「ホーリークロス」付き。修得ボーナスは攻撃力+10。
    Lv20のステータスは攻撃力+137、命中+95。
    FF4TAイベント「最後の赤き翼」で2016/12/2に追加された。
  • 「エンハンスソード【V】」
    レア3。魔力が5上がる。ステータスは下記。()は共鳴時。
    Lv攻撃力魔力命中
    119(42)589
    1033(77)
    1540(99)
    2047(121)
    2555(143)
  • 「エンハンスソード【VI】」
    レア5。ティナの専用必殺技「トランス・ファイラ」付き。
  • 「エンハンスソード【CCVII】」
    レア6。【CCVII】となっているが元はFF7に登場したクラウド用の武器。
    ザックスのリミットチェイン超必殺技「ラッキースター」付き。修得ボーナスは攻撃力+10。
    共鳴時に風属性強化(小)の効果を持つ。
    Lv25のステータスは攻撃力+172、命中+95。
    武器としての性能は「フォースイーター【VII】」と同じ。
    FF7イベント「Awakening Cloud」で2016/12/31に追加された。
    同時期に登場した「フォースイーター【VII】」、「オーガニクス【I】」、「父王の剣【XV】」、「プレミアムハート【VII】」と同じ攻撃力で登場時点の全装備の攻撃力ランキング同率1位。
  • 「エンハンスソード【IX】」
    レア5。スタイナーのバースト超必殺技「己の騎士道?」付き。修得ボーナスは攻撃力+10。
    共鳴時に炎属性強化(小)の効果を持つ。
    Lv20のステータスは攻撃力+133、命中+95。
    FF9イベント「こころのありか」で追加された。

FFBE Edit

持ち主の知性を高めてくれるといわれる剣。その特性から、魔法剣士たちにも広く愛用されている。
魔法剣に使われることも多いことから、魔力を通しやすい原料を用いて作られている。
使用者層の影響からか、他の剣に比べれば比較的軽く、振り回しやすい。
剣としての攻撃力も併せ持つため、戦士たちには扱いやすいと評判になっている。

眠れる獅子の初討伐報酬で貰える片手剣。攻撃+82、魔力+23。
トラストマスターを持っていなければ十分出番はある。