Top > 武器 > 【ハイペリオン】
HTML convert time to 0.004 sec.


武器/【ハイペリオン】

Last-modified: 2018-02-03 (土) 00:07:09

元ネタはギリシャ神話の神。ヒュペリオンと発音する事もある。


FF8 Edit

サイファーの持つガンブレード
オートマチック式で、形状はベレッタM92F風。
攻撃力は12で、命中加算値は0。ジャンク屋での改造は不可能。


スコールのガンブレードとはトリガーを引くタイミングが違う。
どうしても慣れない場合は、1/4の確率でハズレは生じてしまうが、オート処理に任せよう。


スコールが攻撃の際一瞬タメを作るのに対し、サイファーはすぐに切りかかり、トリガー判定も短い。
その分慣れるとスコールよりも通常攻撃がサクサクで使いやすい。


映画の影響でガンブレードを使い始めたサイファー。
しかしラグナが使っていたガンブレードがこれかどうかは不明。

  • おそらく同じオートマチック式。
    剣の持ち方、振り方なども、映画出演時のラグナの真似をしている。
  • ルブルムドラゴンとチャンバラしてた時は正にサイファーのそれだったね。FF8はこういう小ネタが細かい。

オープニングのサイファーがスコールに斬りつけるシーンでは、
ほんの一瞬だけではあるが、トリガーを引き排莢している様子が解る。

  • 結果は御覧の通り、顔にクリティカルヒット。

LRFF13 Edit

ライトニングが装備できる大剣の1つ。
大剣の中では最も改造可能回数が多い。
HP最大値が上がる効果もある。

FF15 Edit

ノクトグラディオラスが使用する大剣の一つ。
複数の敵と戦う事を目的に作られており、敵に囲まれると与ダメージが上がる。

DFFAC Edit

スコールのC.Lv25で解放されるスキンセット。10,800ギル。


ガンブレードはキアストレート等のように刀身を変えずに銃身を付け替えることも出来るという設定を参考に、サイファーのハイペリオンの刀身にスコール用の銃身を組み合わせられた。

  • 銃身部分はスコール用のものなので、サイファー用の物と違い直角に取り付けられていない。
  • スコールの武器として実装されたからと言ってサイファーは今後参戦しないということではない模様。

DFFOO Edit

「ハイペリオン【VIII】」。☆5の大剣
サイファー相性装備で、相性性能は「最凶の風紀委員長」。
Lv1時の性能(+相性)は、HP+107(+21)、初期BRV+48(+9)、最大BRV+463(+92)、攻撃力+150(+30)、防御力+75(+15)、最大CP+15。


相性性能「最凶の風紀委員長」により、『雑魚散らし』の威力がアップし、攻撃対象が単体の時に与えるBRVダメージが中アップする。
さらに中確率で『雑魚散らし』の攻撃対象に6ACTION「攻撃力小ダウン」を付与する。

PFF Edit

エクサバトリア景品として実装された騎士剣
当時は高ランカーの人しか配布されなかったが、今では景品として交換できる(エクサ記章【英雄】300)
レア7で力+243、幸運+63、限界突破+3000。


「ハイペリオンRE」ものちに実装された。
ハイペリオンを強化して力+270、幸運+99、限界突破+5000。

FFRK Edit

「ハイペリオン【VIII】」。FF8共鳴のレア5の
サイファーの専用必殺技「鬼斬り」付き。
サイファーが仲間として初登場したFF8イベント「魔女の騎士」で追加された。

ハイペリオン・カスタム Edit

「ハイペリオン・カスタム【VIII】」。FF8共鳴のレア6の
サイファーのリミットチェイン超必殺技「連鎖せし魔女の操糸?」付き。修得ボーナスは攻撃力+10。
2017/12/28、2017極フェス第1弾で追加された。