Top > 武器 > 【ボーンクラブ】
HTML convert time to 0.002 sec.


武器/【ボーンクラブ】

Last-modified: 2016-07-31 (日) 15:34:14

FF6 Edit

ウーマロの固定武器。一応分類は槌矛
打撃一辺倒なウーマロだが、この唯一の武器自体の攻撃力も151と低いのが悲しい。
アイテムとして2本目以降を入手しても誰も装備できないので大して意味はないが、
コロシアムスナイパーライジングサンを賭けたり、パニッシャーから盗むことで入手できる。


コロシアムでこれを賭けてトライアライドを倒せばレッドジャケットになる。


密かにガントレットによる両手持ちが有効。元々装備が替えられないウーマロとは相性がいい。


攻略本によると「ベヒーモスの骨に石の刃を取り付け、ウーマロ自らの手による彫刻が施してある」らしい。
イラストではウーマロの自画像が骨に刻まれている。

  • ただ、ナルシェの炭坑に引きこもっているウーマロが、魔大陸にしか出現しないベヒーモスの骨をどこで手に入れたのかが謎であるが
    • もしや崩壊前にはナルシェの炭坑奥にベヒーモスも住んでいたのか…
      それともそれよりずっと昔に住んでいてその化石とかだったりだろうか。
    • 市販品のバンダナもベヒーモスを素材にしているので、家畜なり化石なり何かしらの入手手段は有るのだろう。
  • ロバやビブロスの骨も鈍器の素材として扱われている。

勲章の効果を持ってしても、ウーマロ以外は装備できない。
そのウーマロも装備変更はできないし二刀流もできないため、2本目以降は所持していても意味が無い。
ただ1万ギルで売却できるので、何気に高級品のようだ。

  • おそらく装飾品としての価値が高いのだろう。
  • 高値で売れるところを見ると、ウーマロの彫刻の腕前は結構なもののようだ。
    素材が貴重なのもあるかもしれないが。
  • なにげにアイテム欄では解説文付き。この解説文が読めるというのが2本目を入手する価値…なわけでもない。