Top > 武器 > 【モーニングスター】
HTML convert time to 0.011 sec.


武器/【モーニングスター】

Last-modified: 2017-01-20 (金) 22:02:16

概要 Edit

「明けの明星」という意味の武器。
その実態は「トゲ付き鉄球を相手にぶつける」ために設計された武器。
トゲ付き鉄球を鎖に繋いでブン回すフレイルタイプ、
持ち手と直に繋がったメイスタイプがある。
形は違えど、どちらも通称「モーニングスター」と呼ばれる武器なのである。


作品によって、形状や威力などの解釈がぜんぜん違う。例を挙げると、

  • 戒律のせいで刃物を扱えない聖職者が用いる。
  • 軽めに設計されているので、非力な者でも扱える。
  • 鎖に繋ぐタイプのそれは、攻撃射程が長かったりする。

など。


どう考えても下手な刃物より重くてえげつない武器。
聖職者用の武器だとか非力な者のための武器だとかいう設定は無理がありすぎると常々思う。

  • そもそも聖職者が刃物を扱えないのは無駄な殺生を禁じるため。いくら刃が付いていないからといって、こんな殺傷力の高い武器を扱っていい道理はない。
    • 刃物で切った場合、手足であっても出血多量で死ぬ確率は高い。対して鈍器の場合は骨折位、というのが理由だろう。…が、刺付きのモーニングスターは出血はひどくなるよなあ。
  • 余談でながら、
    確かに昔のキリスト教では戒律上、聖職者は刃物(剣に分類されるような代物)を持てなかったそうな。
    が、モーニングスターは聖職者どころか戦士階級に広く普及していた武器なので、
    無理に思うのも当然の話かと。
    少なくとも非力なもののための武器ではない。
  • このページを見る限りでは、この武器の使い手は聖職者でも非力でもない。唯一の例外はFF5の白魔導師だが、FF5での効果音からして、刺による打撃ではなく、癒しの杖のような魔力による攻撃と考えれば非力でも問題ないだろうし、戒律にも反しはしないだろう。
  • ちなみに、FFが引用することが多いD&Dとウィザードリィについては以下の通り。
    • D&D:ファイター専用武器で聖職者(クレリック)は装備できない
    • ウィザードリィ:5作目から登場後、どのシナリオでも聖職者(僧侶・司祭)が装備可能。

フレイルタイプで鉄球が3つ付いているものはスコーピオンテイルと呼ばれる。


特技/【モーニングスター】

FF3 Edit

シリーズ初登場。
攻撃力50、命中率70%ので雷属性付き。
バイキング忍者が装備可能。
アムルバトルアクスと共に売られている。値段は8000ギル。


攻略本の説明文は、「棒の先に金属球がついていて、殴ってダメージを与える」
というゲーム上の形状に沿った物になっているが、
イラストがFF2の説明書に載ってた「ミスリルアクス」になっている…。

  • おそらく…いや絶対に攻略本の誤植であろうな。

FF3(DS版以降) Edit

リストラされますた……(T‐T)
理由は「バトルアクスの存在意義を出すため」や「モーション再現における問題」などだろう。


モンクのヌンチャクさんせつこんがなくなったのと同様に、
フレイルタイプの武器のモーションは再現が難しいこと、
また、実際に攻撃回数分だけ振り回すと、戦闘時のテンポが非常に悪くなってしまう、
という問題がある。
適当に誤魔化すことのできない3D映像への「翻訳」において、
オミットされてしまうのも仕方のないことか。

  • 攻撃回数に関しては、のちに発売されたサガ2GODやサガ3Solでも
    剣一振り二振りで7〜8回の斬撃エフェクトがあったりするから
    ごまかしが効かないわけでもない気はするのだが、
    武器のモーションの扱いづらさはいかんともしがたいところだと思う。
  • 上に書かれているメイスタイプなら描きやすかったかもしれないが、一般の認識ではフレイルタイプだからなあ。

FF5 Edit

攻撃力50の槌矛
ムーアの大森林(火災前)宝箱から入手、または蜃気楼の町で7800ギルで購入できる。
槌矛武器の1つだが、命中率は低めに設定されている(フレイルよりは高いようだが)。


ダメージ計算式が斧と全く同じ為、一応防御力貫通効果があり、かつ両手持ち可能なので、白魔道士に両手持ちさせる事も可能ではある。
試しに一度やってみたが、当たりさえすればミニマジシャンを一撃で屠る程度のダメージは出せた。
……これで命中率が他の武器と同程度だったら、評価は変わってたんだろうなぁ……。

  • 確実に当てたいなら「ねらう」がオススメ。
    ただし、白魔に装備させる場合はアビリティ枠の関係上「両手持ち」と併用できないので注意。
    命中率と威力、どちらを重視するかはプレイヤーの志向によるだろう。
    もちろん、すっぴんやものまね師に装備させる場合はその限りでないが。
  • 実はオメガに効果的。つるぎのまいが出れば美味しいダメージが入る。
    ものまね師がアビリティ枠を使わずに装備できるのが大きなメリット。

攻撃時の効果音がロッド系と同じ。

FF6 Edit

槌矛の1つ。後列からでも与ダメージが落ちない武器。
装備可能キャラはセリスティナゴゴの3人。
世界崩壊前のサマサの村と(魔導工場クリア後の)ナルシェで5000ギルで購入可能。
崩壊前の武器の中では威力は高い方で、同系列の武器の中では最強(GBA版の追加武器は除く)。
ただし、剣ではないためセリスはこれを装備すると魔封剣が使えない(灰色の選択不可になる)。
その後のアルテマ戦でセリスは魔封剣を連発する事になるため、実質ティナ専用。
世界崩壊後にはソードブレーカーが買えるため・・・

  • 世界崩壊前後のティナとセリスの得物としてはなかなかイイと思う。
    なんといっても攻撃力109で後列攻撃可能な点が優秀。
    世界崩壊前後では魔法もMPの関係上、バカスカ使えないしね。
    セリスもアルテマウェポン戦の時だけ魔封剣使用のために他の武器に持ち替えればいいんじゃない。

実はケフカもこの武器を装備している。他にもミスリルヘルムミスリルプレートリボンを装備している。

  • ゲストモーグリのモグプウも装備している。

デュラハンも特技で使用する。おそらくコレで攻撃しているのだろう。

  • 詳細は上記リンクを参照。

崩壊前でしか買えない物の中ではかなり高価な部類に入るので、正攻法で99個確保したい場合には高い壁として立ちはだかる。

FF8 Edit

セルフィの装備武器「ヌンチャク」のひとつ。
月刊武器6月号」に掲載。攻撃力は15で、命中加算値は1。
ジャンク屋での改造費は200ギルで、改造用アイテムは「鉄球」2個「とがった爪」2個。
設定では、見た目どおりトゲのついた鉄球を取りつけたヌンチャクということになっている。


モーニングスターとヌンチャクは全く違う武器。
かなり無理のある設定に思える。

  • このページ冒頭の解説を信じるのなら、「モーニングスター」は尖端のあの鉄球の名前らしい。
    ヌンチャクタイプのモーニングスター、ということなのかもしれない

FF11 Edit

ドイツ語読みの「モルゲンステルン」が登場する。メイス形状の片手棍

  • とある会社の社長が持っているのもコレ。
    そこに入社した冒険者は、まじめに働かないと、「社長のトゲトゲで粉砕骨折」の運命にあうという。ふひー。

詳細はこちら→モルゲンステルン

FF12 Edit

片手ハンマーの一つ。『ブレイカー装備5』のライセンスで装備可能。攻撃力95。
ねこみみフードで活力を高め、攻撃力を強化して使うのが有効。

FFT Edit

握りの部分である木の棒の先端に鎖で刺のある鉄球をつけた武器。

店売り最強の。攻撃力16、回避率0。
Ch.3城塞都市ヤードー戦後にショップに入荷。値段は9000ギル。

攻撃力は高いが、ダメージがランダムなのでやはり使い勝手が悪い。


投げる時はダメージが一定になり、高い攻撃力をフルに活かせる。
金が余っていれば買っておくと役立つ。


投げるための購入できる武器としては最強。忍者などが使える。今作では白魔道士は装備できない。

FFTA Edit

メイスとして登場。
錬金術士が「魔法のつよさUP」を覚える。

FFTA2 Edit

セージが「コラプス」を覚えるメイス一品物
ほりだしもの「重い杖A」(風神晶ミシディア合金カロスの花)で手に入る。

FFUSA Edit

レッド専用武器。なぜかに分類されている。
初加入時はこれまでの味方の中でも圧倒的な攻撃力を誇り、かなり頼りになる。

  • しかし二度目の加入時にも性能はそのままなため少し心もとない。
    直前で抜ける女の子のカレンが使っていたまじんのおのの方が強いというのがなんとも。

もちろんモーニングスターと斧も全く違う武器。
やはり無茶な設定である。

聖剣伝説 Edit

奇岩山の洞窟でサイクロプスを倒すと入手可能。
壊れる壁を壊せるため、マトック引退通達でもある。これによってハマりの1つをつぶせる。
また、同ダンジョンにいるゴーレムもこれで倒せるようになる(一応マトックでも倒せるが、非効率的)。
攻撃モーションは自キャラの頭上で振り回してから対象に投げつける。
ゲージMAX時は投げつけた際の射程距離が増加する。
この際、頭上(ゲーム中では主人公の上)にいるモンスターも巻き込むため、
囲まれた際にノックバックをするというやり方も可能。

  • 3Dリメイク版では頭上で2回振り回してから投げつけるようになったため、前方への攻撃はかなり遅くなった。
    攻撃判定そのものの発生は早いため、くさり鎌のように周囲の敵への攻撃をメインにするのが吉。
  • また、3D版では一振りの間に一度防がれるとあたり判定が発生しなくなった。
    たとえばダークストーカーやトータスナイトのような前からの攻撃を防ぐ敵にモーニングスターで攻撃した場合、
    振り回しているうちに一度前に当たって弾かれれば、その後投げつけた時に敵の後ろに鉄球が届いててもダメージにならないのである。
    特にグランス城ではモーニングスターが最強装備のはずだが、
    当てづらいようならランクを落としてウェアバスターに切り替えるのも手である。
    • アップデートにより、振り回しの度に攻撃の判定が発生するようになった。(Ver.1.07)
      頭上での振り回し2回+投げつけで、位置取りによっては3ヒットする。

殆どの武器が効かないバレッテに唯一効果のある武器でもある。


効く敵が多いため、長く愛用するプレイヤーも多いだろう。
最終盤はさすがに火力不足で辛いが。


純粋な物理攻撃のようなごつい見た目に反して、ミスリル弱点と雷弱点の敵に特効効果がある。
雷弱点の敵が多く移動にモーニングスターが必須な浮遊岩の荒野、ミスリル弱点の敵が多いダイムの塔などではあえてこれを装備して攻略するのも手。

  • 2種類の敵に特効できる唯一の武器。
    しかも、炎弱点や氷弱点の敵は2、3種類しかいないが、ミスリル弱点や雷弱点の敵は結構多い。
    かなり優遇された武器と言えるだろう。

DFF Edit

ティナ専用武器。装備可能レベルは92以上。性能はに準じたタイプ。
ATK+61、BRV+38、EXモード時間+30%、EXコア吸収量+15%の効果がある。
素材としてチェインフレイル+反魂樹×5+増幅の結晶×3と29570ギルが必要。
 
ティナ専用最強武器であるマディンの角の材料となる。


上記で実質ティナ専用とあるが、本当にティナ専用として登場した。

DDFF Edit

前作同様ティナ専用装備。性能は杖に準じたタイプ。
装備Lv90以上、BRV+34、ATK+62、物理ダメージカット+15%。
チェインフレイルエレクトラム少女の願い×5、158000ギルでトレードできる。

FFEX Edit

棍棒の1つ。