Top > 武器 > 【ワンダーワンド】
HTML convert time to 0.003 sec.


武器/【ワンダーワンド】

Last-modified: 2017-08-15 (火) 02:33:16

FF5 Edit

フォークタワーの魔の塔で入手できるロッド
攻撃力は0だが、この武器で通常攻撃すると、その度に様々な魔法を発動する。発動する魔法には法則があり、
魔法欄の左上にあるもの(つまり低レベルのもの)から順に発動する。
白魔法を全て発動すると黒魔法に移り、黒魔法を全て発動すると白魔法に戻る。
ただし、ライブラだけは発動できない。
この武器で攻撃することにより発動した魔法はリフレクで反射可能(もともと反射できない魔法は除く)だが、敵からは魔法ではなく物理攻撃を受けたと認識される。
道具として使うとリターンを発動する。当然何度使っても無くならない。
ちなみに、装備すると魔力+2のボーナスが付く。
魔法を制限するような縛りプレイでは非常に重宝する武器。
そうでなくても「じくう」コマンドなしでリターンを使えるのは嬉しい。


エクスデス(第三世界のラストバトル時)から低確率で盗める
クリア後セーブが出来るGBA版ならかなり面倒ながらも量産が可能。


無敵状態の敵に対して使うと、リターンがかからずに暗転状態のまま戦闘続行になったり、
ソフトリセットを含む一切の操作を受け付けなくなったりする。
回避策としては、「クイック」を発動してからワンダーワンドを使ったり、
対象を味方のいずれかに変更してから使う必要がある。

  • クイックの入手時期や消費MP、操作の手間、何よりも「じくう」をセットする必要が
    あることを考えれば、多くの場合は後者を方法をとることになる。

元ネタはAD&D1stより存在する極めて由緒正しいアイテム「Wand of Wonder」。言うまでも無く駄洒落であり、AD&D1stの新和日本語版ガイドで「ワンダーワンド」と訳され、謎の魔法棒と訳される事もあった。
AD&Dに置いての効果はやはり魔法がランダムに発動する他、ちょうちょが飛び出す、術者が変身するなどバラエティに富んでいる。


売値は5000ギル。

FF10 Edit

ドライブをAPに」のアビリティがついたユウナロッド

FFCC Edit

アーティファクトとして登場。まほう+3。

FFL Edit

黄昏の章闇の世界で宝箱から手に入るロッド
FF5の物と同じくアイテム使用で様々な魔法を発動できる遊び心のある杖である。


他の効果がある武器と違い、使用時に発生した魔法の名前もウィンドウに表示される。(他の武器はその武器名のウィンドウが出るだけ。)
Wアイテム」でランダム連続魔が出来るが、実用性は低い…というかネタでしかない。


どうやらレベル1〜7の黒魔法がランダム発動する模様。


何が出るか分からないかわりに、威力は他のアイテム魔法より上。
例として、同じキャラで同じ敵に使った場合のダメージは、
「星屑のロッド」の「コメット」は約1400ダメージ、
「ワンダーワンド」の「コメット」は約2700ダメージという結果だった。