Top > 武器 > 【騎士剣】
HTML convert time to 0.039 sec.


武器/【騎士剣】

Last-modified: 2016-10-04 (火) 22:44:28

武器カテゴリの一つ。基本的には後半に登場するものが多い。
普通の「剣」より装備できるジョブ・キャラが少ない代わりに、
高性能だったり変わった効果を持っていたりするものも多数存在する。


関連項目:武器/【剣】武器/【聖剣】


作品によってはFFの剣の優遇っぷりをまざまざと見せ付けてくる。


FF5 Edit

属性付きのものが多く、ブラッドソードブレイブブレイドのような特殊な武器も存在する。
一癖ある武器が多いカテゴリだが、ディフェンダーのように気軽に使えるものもある。
装備できるのはナイトすっぴんのみ(GBA版では剣闘士も)。
ただし「剣装備」をセットすればどのジョブでも装備可能。


キャラクターが攻撃する時、武器を降ると同時に三日月状の剣閃が一瞬表示される。
通常の剣ではこれが表示されない。


『騎士剣』一覧はこちら

FF5(GBA版) Edit

普通のとアイコンが区別された。でも似ててわかりづらい。

  • ところがなんと、ゲーム内のアイコンは剣と騎士剣が逆のものになっている
    説明書のアイコン一覧と同じページにアイテム欄の画面写真があるが、よく見ると、剣であるはずのブロードソードとロングソードのアイコンが騎士剣のものになっているのがわかる。

「騎士剣」のアイコンは、「剣」のものに比べて鍔の部分が若干大きくなっている。

FF6 Edit

(一部の例外を除き)ティナエドガーセリスが装備可能。
序盤から登場するが、FF6の騎士剣は地味。オーガニクスクリスタルソードなど微妙なものが多い。
エクスカリバーライトブリンガーアルテマウェポンなどの高性能な剣の大半は、
騎士剣ではなく『』に分類される。
ちなみに「剣が装備できて騎士剣が装備できない」キャラはロックのみ。
(攻略本によると、騎士剣の訓練を受けていない未熟なロックは装備不可能、ということになっている)
騎士剣の中では斬鉄剣が強力だが、これはカイエンも装備可能だったりする。


FF6における騎士剣は、実質「ロックが装備できない剣」程度の意味合いしかない分類だったり。
前作5は「剣」「騎士剣」の特徴分けがしっかりあったのに…


上記の通り、「武器」としてはビミョーな性能なものが多いものの、
(装備補正等を含めた)「装備品」としては非常に優秀なエンハンスソードがある。
特にSFC・PS版のFF6で騎士剣装備可能な3人は、このエンハンスソードが最終装備品となり得る。

  • 次に騎士剣の中で優秀な斬鉄剣は装備特典こそないが純粋に威力が高く、
    オーガニクスと違ってマトモで使いやすい。が、諸々の事情でカイエンの装備にもなりやすい。
    • 魔法で戦う場合はエンハンス、物理攻撃で攻めたいなら斬鉄剣といったところか。

『騎士剣』一覧はこちら

FF9 Edit

スタイナーベアトリクスが装備可能。
武器のアイコンが先端の少し曲がっているものは剣、まっすぐなのが騎士剣。
ゲーム内ではオンラインヘルプで少し触れられている程度で、普通の剣と明確に区別されているわけではない。
ダメージに力だけでなく気力が影響する。ジタン盗賊刀と同じ。
いずれも終盤でのみ入手可能で、その分普通の剣を大きく上回る攻撃力や優秀なアビリティを持っている。
唯一の例外はセイブザクイーンで、騎士剣に分類されるものの特性は大きく異なる。


ベアトリクスはセイブザクイーン以外装備できない。そしてセイブザクイーンはベアトリクスのみ装備可能。
つまりセイブザクイーンはベアトリクスの専用武器。
また、マーカスブランクは、なら装備することができるが、騎士剣は装備することができない。

  • 2人とも本業は劇団員or盗賊だしね。

『騎士剣』一覧はこちら

FF11 Edit

戦士ナイト暗黒騎士・魔導剣士が装備可能な片手剣の総称。
公式本等でこの表記が使用されているが、作中システム上で明確に分類されているわけではない。
D値が片手剣としては高いが同時に間隔も長めでやや大型かつ大振りな傾向があるのが特徴(一部見た目と傾向が一致しない武器あり)
バスタードソード、フロッティ、エスパドン、ハンティングソードなどが属する。


詳細はこちら→騎士剣

FF12 Edit

両手剣という分類。


火力はあるがデフォルトで両手持ちなので、盾を装備できない。
覇王の剣契約の剣といったイベント関連のものもここに含まれる。


特殊な性能を持つものが多く、実際の強さはそれが大きく影響している。
何の特徴もないセーブザクィーンアルテマブレイドなどは応用の幅が狭く、数値以上の力を出せない。
逆にエクスカリバーは攻撃面で優遇されているだけでなく回復面にまで応用できる。


『両手剣』一覧はこちら

FF12RW Edit

分類は両手剣。バッシュが装備するカテゴリとして登場。


『両手剣』一覧はこちら

FFT Edit

極めて高性能な武器が勢揃いするカテゴリ。最弱のディフェンダーでさえ攻撃力が16もある。
(ちなみに、最強の剣であるルーンブレイドは攻撃力14である)
装備者のBraveが低いと威力が落ちるが、騎士剣が手に入る頃には「はげます」があるので問題ない。
さらにディフェンダー以外の騎士剣は、装備すると永続魔法効果が得られる。
特にエクスカリバーの永久ヘイストは反則的な強さ。
それに加えて追加効果などを持つものもあり、隙が無い。
あまりに強力なためか、「剣装備可能」をセットしても装備できない。
汎用キャラの場合、装備できるのはナイトのみ。
一方、剣技系の固有ジョブはいずれも装備可能。固有ジョブコマンド共々、固定キャラの強さを支える存在。

  • 一応ディフェンダーにも回避率が高いという特性がある。装備武器ガード付けないと無意味だけど。
  • オリジナル(PS版)だとナイト以外で装備可能なのはラムザ版見習い戦士ホーリーナイトディバインナイト
    テンプルナイト、それに剣聖となっている。見事に固定ジョブ揃いだが、ラムザ以外は確かに「騎士」である。
    ラムザにしてもチャプター3までは装備できず、チャプター4になってから装備できるようになる。
    ジョブは見習い戦士であっても騎士の心に目覚めたと言う事なんだろうか?
    ちなみにPSP版では暗黒騎士以外にも何故か空賊モブハンターまで装備可能になっており、
    「騎士剣」の定義を揺らがせている・・・様な気がする。
  • 全般的に通常の剣より肉厚で大きめ。これで攻撃力の違いを表しているのだろう。

セイブザクイーン(攻撃力18、永久プロテス)ですら微妙扱いされるということが、
騎士剣の強さを如実に表している。
これを装備できるジョブは、そのこと自体がステータスとも言える。


まぁ、セイブザクイーンが微妙扱いされるのはエクスカリバーが先に入手出来る事も大きいと思われるが。
言うなれば、剣聖より後に仲間になるディバインナイトと同じ。
…実際、タイミングも全く同じなのだがw


「騎士」と名がつくだけで何故かパワーアップする不思議な剣・・・と言う突っ込みはさておき、
上に書いてあるようにダメージ計算式にBraveが入っているため、
臆病者(=Braveが低い)が使う場合は普通の剣の方が良い。
ちなみに基礎ダメージは「武器攻撃力x((Brave/100)x物理AT)」なので、
計算式の点では実は剣に劣っている(普通の剣は単純に「武器攻撃力x物理AT」)。
ただし素の性能が上なのでBraveさえ高ければこれは特に問題にならない。

  • 攻撃力の数値がやたら高いのは、このBraveによる減算を想定したものと思われる。
    Brave50程度を想定すれば普通の剣と大して変わらない。
    しかし、Braveは上げるのも簡単で下げてくる敵もほとんどいないので、
    結局は97に保っているプレイヤーが多いだろう。

『騎士剣』一覧はこちら

FFT(PSP版) Edit

PSP版はさらに暗黒騎士たまねぎ剣士も装備できる。


PSP版の対戦限定の話になるが、敵は人間なのであらゆる手段を用いてくる。
Braveの維持が難しい局面も多く、白刃取りとともに価値が大きく下がる場合が存在する。
バーサク勧誘と同様にNPC戦一辺倒でやってきた人間が最初にぶち当たる壁である。
 
ただし、聖剣技などの剣技アビリティに頼る場合はこの限りでない。
剣技の威力は武器攻撃力と物理ATにのみ依存し、Braveは無関係だからである。

FFTA・FFTA2 Edit

パラディン守護騎士神殿騎士が装備可能。
エクスカリバー2ナグラロクという全武器中でも最高クラスの武器2種が存在し、
成長アイテムセクエンスまで擁する恵まれたカテゴリ。
数値的には最強から遠のくが、効果が強力なエクスカリバーも魅力的。
 
終盤でパラディンを使う場合、大剣は微妙なものが多い上に両手が塞がって二刀流ができないので、
まず間違いなくこのカテゴリから最終装備候補を選ぶことになるだろう。
守護騎士は広刃剣も装備でき、エストレアエッジが強いので若干迷うところ。
神殿騎士の場合は性能で劣る代わりに2パネル貫通のを装備できるので、
こちらは敢えて槍のほうを選ぶ余地もある。


FFTAの『騎士剣』一覧はこちら
FFTA2の『騎士剣』一覧はこちら

FFL Edit

ナイト専用の武器系統。「聖剣」と呼称する人もいる。
詳細は「聖剣」のページに記載。
(公式情報が無いので、正しくは「騎士剣」なのか「聖剣」なのか不明。)