Top > 武器 > 【古代の剣】
HTML convert time to 0.057 sec.


武器/【古代の剣】

Last-modified: 2017-03-14 (火) 17:08:18

攻撃力が低めの代わりになにかしらの状態異常の追加効果をもつ武器。


FF2 Edit

ミスリルソードより少し攻撃力の高い系武器。
雪原の洞窟の宝箱に入っているが、ここで手に入れるならグールシャドウを倒す必要がある。
攻撃力が低いからゴミ武器かと思いきや、
追加効果の『呪い』が非常に強力。
あまりに便利すぎるので自ら封印する人も少なくない。
この武器を装備したまま味方を攻撃すると呪いが付与されるので注意。
ただし武器の命中率自体は低く、ある程度ヒット数が出せないとなかなか呪いが発動してくれない。

  • 盾と併用して、この武器で斬りかかるヒット数を増やすのも手だろうか。ちなみに育成が進むと命中率は99%に達する。

防御力の高い巨人に有効。プリン系にも効果的。
魔法防御が高いゴーレム系ラスボスには、かなりヒット数を上げないと通用しない。
秘訣のほうが楽ではあるが。


行動を封じる目的なら、眠りの剣だな。

FF2(GBA版以降) Edit

SORでは、謎の洞窟序盤の宝箱に入っている。
そのため、これを本編から持ち込む必要はないだろう。


PSP版以降は秘紋の迷宮の「氷河」のフロアで入手可能なので、量産が可能となった。

FF3 Edit

麻痺の追加効果を持つ
戦士ナイト忍者が装備可能。
成功率もかなり高いため、マヒ無効を持つ敵以外は封殺できたりする。
特に古代遺跡では、分裂する敵になんとか立ち向かえる武器(この時まだ暗黒剣が無いので)。
FC版での攻撃力は5と非常に低かった。なんとロングソード(10)すら下回るのだ。命中率は80%と普通。

  • とはいえ、何故麻痺の追加効果なのだろうか。
    呪い的なものなのだろうが、それなら持ってる主人公達や盗んだ奴等は何故痺れないのか。

さりげなく聖属性持ち。つまりアンデッドに強かったりする。


古代人の超文明より遥か昔、とある王家の神官が祭っていたとされる剣。
攻略本のイラストには、分厚くて刀身部分が鋭くなってない剣が描かれている。
いかにも攻撃力がなさそうで、柄には宝石が埋め込まれていて、祭礼用の剣の雰囲気がある。
海底洞窟で拾える他、古代遺跡の中に設けられた中継地点で16500ギルで売られている。

  • 古代人の超文明より遥か昔のものが、古代人の遺跡の盗掘品として出回っているのはこれいかに?遥か昔に大量生産され、古代人の中に遺物コレクターがいて大量に集めていたのだろうか。

何気に戦士でも装備できる。
これのおかげで戦士のままでも何とか戦えるという、戦士にとっての生命線である救済武器。
ナイト使えってのは言わないお約束。

  • ジョブに上下関係があるFC版で戦士を使うのは縛りプレイでしかないからな…。

麻痺発生率はかなり高い…が武器攻撃ということで命中に依存する。
ヒット数が低い状況ではなかなか発生させられないこともあるので過信は禁物。

FF3(DS版以降) Edit

DS版では攻撃力が80にアップし、重量+1の補正も付く。
装備可能なジョブも増え、魔剣士たまねぎ剣士も扱えるが、忍者は装備不可能になった。
更に非売品になり、状態異常の成功率(30%)が格段に下がったためなんか微妙に。


DS版は地味に、攻撃力が高くなっている。
単純な攻撃力だけでもディフェンダーの次に強いので、古代の民の迷宮ブレイクブレイドを入手するまでは有効。


売値は11500ギル。
デザインは両刃で緑色の青銅器みたくなった。

FF4 Edit

呪いの追加効果のあるとして登場。攻撃力35、命中率77%。
セシル(パラディン)、カインが装備可能。
SFC版では唯一敵を呪い状態に出来る手段。
だが、伝説の剣に比べるとあまりに能力が劣るので、微妙。

  • ちなみに売ると9500ギルで売れる。武器よりも資金源に使う方が得策かも。
  • 地味に霊体特攻が付いている。カウンターバイオが鬱陶しい霊騎士を倒す(もしくは召喚稼ぎ)のに最適。
    …こらそこ、ミスリルソードを用意すればいいじゃんとか言わない。

バロン地下の昔の水路のセーブポイントの部屋で入手可能。
だがかなりわかりづらい位置にあるため、存在を知らなかったプレイヤーもいるかもしれない。

  • 具体的にはセーブポイントの右側の岩の無い場所に隠し通路があるので、そこを道なりに進んでいった先の小部屋にある。

金属の歴史が浅い古い時代に作られた剣。
刃身と柄が一体になっている鋳造製で、切れ味は鈍い。
古代の呪いがかかっている。


呪い自体は強力なステータス異常なのだが、もてるアイテムに制限があるため
呪いをかけるためだけにこれをもつことは厳しい。


入手時期と売値の関係で、換金アイテムとしてしか見てもらえてないが、実は投げられる。しかし、手裏剣以下の攻撃力しかないので、実用性は皆無。


実はこの系統最弱。
追加効果の呪いが役に立ったという話は聞いたことがない。


これを入手できる昔の水路はパラディンになった直後に行くダンジョン。暗黒騎士から聖騎士に生まれ変わったと思ったら直後に呪いの剣を手に入れるとはどういう皮肉だろうか。

FF4イージータイプ Edit

イージータイプではさんごの剣に置き換えられており、登場していない。
昔の水路やこの後のボス戦の難易度を落とすためと思われる。

  • しかし拾える場所がダンジョンの出口付近、そのボスにはセシル以外の仲間の攻撃の方が有効なので、ぶっちゃけさんごの剣は大して役に立たないのが実情。
    むしろコレもミスリルソードも無くなってしまったせいで氷の騎士対策が地味に厄介になっており、古代の剣が影響する範囲限定で言うなら逆に難易度を上げてしまっている。

FF4(DS版) Edit

マップ上で宝箱が確認出来るようになっているので、取り損ねることはまず無いだろう。
DS版では敵の攻撃力・耐久力ともに激増しているため呪いの追加効果は重宝する。
けりと組み合わせて敵全体にばらまくのも有効。


命中率が90%にアップ。
種族特効が種族耐性も兼ねられるようになったので、霊体系の攻撃の威力を抑えられる。

FF4TA Edit

月の民編でゴルベーザの初期装備として登場。

ただ一つの呪いの追加効果を持つ武器であり、相手の守備力や攻撃力が弱体化するので、後になっても使えたりする。


効きやすい敵とそうでない敵がいる。後半でもモルボルグレートなどにはよく効く。また、たまにベヒーモスなどにも効いたりする。攻撃と守備が弱体化するので、非常に有効。

FF5 Edit

攻撃力43、33%の確率でオールド(老化)の追加効果がある
最速で入手するならロンカ遺跡の宝箱から。落とし穴だらけなので注意しよう。
攻撃力が高いので第二世界でグレートソードを手に入れるまで使っても問題ない。
追加効果の「老化」も、
実はキマイラブレインギルガメッシュ(1〜3回目)ティラザウルスetc 様々なボスに効いたりするので案外便利。

唯一の問題点は、ガラフに装備させるとそのまま隕石に乗って持ち逃げされてしまう事である。
クリスタルルーム直前で外す事を忘れずに。まあ後で戻ってくるのだが…

ロンカ遺跡で取り逃してもランドクローラーから高確率で盗む事が可能。
ただしこの場合は大抵ディフェンダーを量産する際のハズレアイテムとなるのだが。


敵の場合、老化でレベルが下がっても能力は下がらないので、追加効果はあまり有難みを感じない。
一応補助魔法は効きやすくなるが。

  • ちゃんと能力下がりますよ。
    ただしSFC版・PS版は設定ミスのため効果は微妙だけど。
    くわしくはこちら

DQの天空の剣に似た形状に見える。


この剣に限らず、追加効果はリフレクで跳ね返されるので、味方が老化されないように注意すべし。


売値は2100ギル。

FF11 Edit

多くのジョブがレベル45以降装備できる片手剣として登場。
武器としての性能は文字通り「骨董品」で、グラフィックも錆び付いた剣そのまま。
追加効果が呪いに戻ったが、FF11の呪いの仕様のため、初手あたりで発動しないとありがたみに乏しい。
入手手段が変わっていて、ティタニクティスという珍しい魚を釣って、その腹をさばくと低確率で出てくるというもの。
そのため、この剣は釣り人としてのステータスアイテムとして珍重されたこともある。


詳細はこちら→古代の剣

FF12 Edit

片手剣の一つ。『剣装備2』(IZJS版では『剣装備3』)のライセンスで装備可能。

石化中の追加効果を持つ。攻撃力は35。
リヴァイアサンに出現率100%のトレジャーがあるが
再出現しないので、リフレガ魔片が出ちゃったら諦めるかリセットするか…


アーシェは初期ライセンスで装備できる。

FF14 Edit

剣術士およびナイトが装備可能な片手剣
IL43で城塞攻略ストーンヴィジルにおいて最後の宝箱から手に入る。
ID産の武器なのでそれなりに希少度が高いうえに固有グラフィックとなっている。
古代の剣といえば追加効果があることが多いが、ゲーム設計上仕方のないとはいえ特殊な効果は一切無い。

FFT Edit

古の製法を用いてつくられた剣。

Chapter3以降にショップに並ぶ見習い戦士ナイト風水士が装備可能。
たまにドンムブ発動。攻撃力9、回避率5は眠りの剣と全く同じだが、追加効果の好み次第でどちらを使っても良い。

FFTA Edit

分類は「大剣」。
ソルジャーが「マジックブレイク」、パラディンが「手加減」を覚える。
攻撃力32、装備時は石化無効。


石化耐性は貴重ではあるが、武器としての弱さにより実用性は低い。

FFTA2 Edit

石化無効の大剣
ソルジャーが「マジックブレイク」、バスタードが「気合い」、ラニスタが「やみのつるぎ」を覚える。
ほりだしもの「おおきな剣C」(薬針?とがった角スプルースの木材?)で手に入る。

FFCCRoF Edit

レシピ「いにしえの武器」で合成できるクラヴァット

DFF Edit

バトル開始BRV+20%の効果を持つ
サンブレードと黒の石に10750ギルで合成できる。

DDFF Edit

装備Lv30以上の。ATK+40、バトル開始BRV+30%の効果がある。
サンブレード、ナルシェの鉱石、61000ギルでトレードできる。

DFFOO Edit

「古代の剣【III】」。☆5の
オニオンナイト相性装備で、相性性能は「賢者の修練」。
Lv1時の性能(+相性)は、HP+105(+21)、初期BRV+51(+10)、最大BRV+477(+95)、攻撃力+150(+30)、防御力+49(+9)、最大CP+15。


相性性能「賢者の修練」により、「ブリザドコンボ」の威力がアップする。
さらに、ブリザドコンボ使用時に自身に付与される「賢者II」に変化が起こる。

  • 上記したゲーム内での説明では抽象的すぎるので、性能変化の内容を具体的に説明する。
    ブリザドコンボを使用すると自身に攻撃力極小アップ効果の「賢者I」が付与されるのだが、続けてブリザドコンボを使用していくことで「賢者I」が「賢者II」、「賢者III」へとランクアップしていき、攻撃力の上昇量が増加する。
    通常であればブリザドコンボ一回使用ごとに一段階ずつ(「賢者I」→「賢者II」→「賢者III」)ランクアップするのだが、「賢者の修練」が適用されている場合は「賢者I」が「賢者II」の効果に変化する。
    つまり「賢者I」→「賢者II」→「賢者III」と順々に強化されていたのが、「賢者II」→「賢者III」と一段飛ばしで強化を受けることができるようになるということである。

FFEX Edit

長剣の1つ。

PFF Edit

の1つ。
クエスト「究極幻想アルテマウェポン」で入手できるアイテム「ピクトマターG2」を4つ使用して、
スチールファルシオンLv15から進化可能。

FFRK Edit

FF3、FF12からとして登場している。

  • 「こだいのつるぎ【III】」
    FF3共鳴のレア5の剣。低確率でFF3と同じく麻痺の追加効果あり。
    デッシュの超必殺技「追憶の霹靂?」付き。修得ボーナスは魔力+10。
    Lv20のステータスは攻撃力+89、魔力+127、命中+95。
    FF3イベント「未完の剣士」で追加された。
  • 「古代の剣【XII】」
    FF12共鳴のレア3の剣。ステータスは以下。()は共鳴時。
    Lv攻撃力命中
    2048(117)89
    2555(137)