Top > 武器 > 【盗賊のナイフ】
HTML convert time to 0.006 sec.


武器/【盗賊のナイフ】

Last-modified: 2017-08-29 (火) 18:39:55

FF5 Edit

攻撃するとたまに(33%)通常攻撃の代わりに「ぶんどる」が発動する短剣
意外と攻撃力も高い(攻撃力66)。装備すると素早さも1上がる。


蜃気楼の町のパブのタルから入手可能。
FF5ではほとんどのアイテムが盗むなどで複数入手可能なのに対し、
これは裏技などを除けば絶対に一つしか手に入らない珍しいアイテム。
イベントで入手するアイテムを除けば、一品物はこれを含めてわずか9種類。内4種が源氏シリーズ

  • ちなみに、源氏シリーズ以外の残りの一品物4つは、ナイフ、ラムウ、かぜきりのやいば、ヒュプノクラウン、ゴーレム、カトブレパス、エクスカリパー、きょじんのこて、オメガのくんしょう、ティンカーベル、りゅうのもんしょう、ラグナロク(、まほうのランプ)の4つである。
    • 「イベントで入手するアイテムを除けば」なので召喚獣3種やエクスカリパー、隠しボス関係は除いてカウントすべきでは。
      それでも4種に収まらないのも事実だが(ナイフ、風切りの刃、ティンカーベル、ヒュプノクラウン、巨人の小手)

これを装備して味方を攻撃すれば味方に『ぶんどる』が発動するが、盗めた試しはない。
一応「ぬすみそこなった」と出るので期待してしまう。

  • きっと味方には「メンテナンス」のアビリティが隠しパラメータとして、存在するんだよ…

普通にプレイするぶんにはあまり有り難味はないが、
シーフが使えないような特殊プレイでは非常に役に立つ。
アイテム入手の幅が一気に広がる。


売値は3400ギル。
短剣だが、投げる事が出来ない。

FF6 Edit

攻撃力88。攻撃するとたまに(25%)通常攻撃の代わりに「ぶんどる」が発動する短剣
ロックシャドウが装備可能。
ゲーム中盤に差し掛かったあたりで、ナルシェの宝箱から入手できる。
ベールダンスからたまに盗めることもある他、ダダルマーがレア枠で落とす。
FF5と比較してさほど強くないが、比較的早い段階で入手できる。
ぬすむ」を使えるキャラ(ロックとゴゴ)以外でも盗み要員になれる武器。(あくまで「ぶんどる」だが)
そのままではシャドウしか該当しないが、勲章を装着すれば他のキャラでも可。

  • 名前的にロック専用っぽいが、実際はシャドウも装備できる。そういやFF1では、忍者はシーフの上級職だったっけ。
    • ロック「おっと トレジャーハンターと言ってくれ。」
    • シャドウの元の職業(列車強盗)によるのでは。

皆伝の証と組み合わせれば、最大で4回ぶんどってくれる。…無論0回の事もあり得る。

  • 更に源氏の小手を併用すれば最大で8回ぶんどれる(ロック・シャドウ限定)。もっともベールダンスなどからもう一本入手しないと使えないが。

SFC・PS版なら強制装備ガウに装備させておけば、
暴れた時にアイテムもついでに盗んでくれるので便利。

  • SFC版なら勲章を装備できるので、強制装備は不要。
    • 強制装備ならアクセサリ枠が空くというメリットがある。

前作と違い、これを装備して味方を殴っても「何も持っていない!!」と表示される。


素早さ+3に、物理・魔法共に回避率が10上昇と、装備特典も優秀。
崩壊前では唯一魔法回避率を上昇させる武器でもある。

  • 物理回避率は機能していないが、物理攻撃に対して、回避した際に武器で受け止める演出は発動する。

売値は1ギル。
コロシアムに賭けると盗賊の小手が景品になる(対戦相手はバルーンビスト)。


カッパ状態だと普通のコマンド入力の盗むは使用できないが、盗賊のナイフの追加効果ならちゃんと発動してくれる。


シャドウに源氏の小手で二刀流してやれば、盗み要員が増えて効率が良くなる(特に高価なアクセサリ持ちの多い魔大陸では重宝する)。
尤もダメージの与え過ぎで敵をうっかり倒してしまう懸念もあるが、
後列に下げて尚且つ対象敵にプロテスをかけておく事でかなり長持ちさせられる。
また、アンデッド相手なら一時的にアサシンダガーに持ち変える事で、ノーコストで与えたダメージを全快させられる。

  • カッパ状態にしておけば素手とほぼ同じ攻撃力でぶんどれる。物語後半でカッパ装備が用意できたら、其方も活用すると安定性が増す。
    但し、魔石ボーナスで力を上げると与ダメージが嵩む為、ぶんどる要員特化型のシャドウには極力他のステータスに回したい所。

ほとんどのジョブで活用できた前作と異なり、元々盗む技能を持つロックと離脱の多いシャドウしか使えず、ぶんどる効果の汎用性は低い。
まあ比較的入手が早いため、特にゲーム前半は盗むがアイデンティティのロックの立場をなくさないようにとの配慮かもしれないが。

FF11 Edit

シーフ専用の短剣
敵のアイテムドロップ率を上げる「トレジャーハンター」の効果を上げる効能がある。
その効果は微々たるものだが、FF11ではもともとアイテムドロップ率が悪いため、
レアアイテムを落とす敵を倒す際には、藁をもつかむ思いでこの武器が用いられる。


かつてはかなりの希少性を持っており、数千万ギルという超大金で取引されている時代もあった。
しかし、それがRMT業者の目に停まり、24時間張り込む者まで現れる始末。
この事態を問題視したスクエニは、あるバージョンアップで入手難易度を大幅に下げた。
その結果、数千万ギル→数万ギルという、未曾有の大暴落が発生することとなった。


詳細はこちら→盗賊のナイフ

FFL Edit

ナイト編チャレンジダンジョン内の宝箱から手に入るレア武器の短剣
特殊効果としてトレジャーハントと同じ効果を秘めており
装備すればトレジャーハント1つ分だけアイテムドロップ率が上がる模様。
ただし、踊り子編のトレジャーバンドと同じく、
トレジャーハントと効果が重複するかどうかは不明である。

  • 忍者編のチャレダンでも手に入る。

スマホ版では第4章(ガラケー版でいう黄昏の章)にて、
光の世界と闇の世界で一本ずつ、計二本手に入る。

DDFF Edit

表記は「とうぞくのナイフ」。
装備Lv60以上、ATK+44、DEF+1。バトル開始EX+10%の効果を持つ短剣
メイジマッシャー、ドラゴンゾンビの骨、少年の想い×5、76800ギルでトレードできる。
他の盗賊装備と同様にドロップ率アップの効果があれば、シリーズどおりだったかもしれない。

FFEX Edit

短剣の1つ。