Top > 武器 > 【備前長船】
HTML convert time to 0.007 sec.


武器/【備前長船】

Last-modified: 2017-08-24 (木) 01:22:36

FF5で初出の
読みは「びぜんおさふね」。


元ネタはおそらく佐々木小次郎の刀である備前長船長光、通称物干し竿。
備前長船には色々な名工がいるので、明確にこれとは言い切れないが。

  • 長光のほか、景光、長義、祐定などが考えられる。いずれも備前長船派の代表的な刀工で、彼等の作った刀の中には、逸話が残されているものも多い。

岡山県の瀬戸内市の旧長船町に刀剣博物館がある。

  • ゲーム中いきなり地元の地名に遭遇して吹いたのはいい思い出。

FF5 Edit

サーゲイト城で8800ギルで売られている
攻撃力51、クリティカル発生率12%。
これといった特徴は無いが、第二世界では結構強い部類に入るので買っておいて損は無いはず。

  • うーんでも風切りの刃があるから正直微妙。
    攻撃力はこっちの方が勝っているが、あっちには追加効果がある。
  • 刀のグラフィックが妙に短いように感じるのは私だけ?
    実際、あめのむらくも正宗のグラフィックはこれに比べてけっこう長い。

FF11 Edit

FF11での表示名は「備前長船兼光」。Lv95からが装備可能な両手刀
ヴォイド・ウォッチ第二章ルートジラートで対決する八寒地獄が一体ウプタラのドロップ品。
全てのステータスが+10上昇する。
ちなみに北米版や北欧版テキストでは「Bizen-osafune」「Bizen Osahune」であるため、
ただの「備前長船」の登場は無いと思われる。


詳細はこちら→備前長船兼光

FF12 Edit

攻撃力54、回避+5の両手刀
『刀装備1』のライセンスで装備可能。

FF12IZJS Edit

選択できるジョブにもののふがある影響で序盤から入手可能。
その分攻撃力は26に半減した。


刀全てに共通だが、回避が17とオリジナル版に比べ大幅に上がっている。

FFT Edit

良質の砂鉄を用いてつくられた刀。

攻撃力9、回避率15。三番目に弱い
Ch.2バリアスの滝戦後に貿易都市のショップに入荷。
引き出す」は「忘却の言霊」。自分を中心とした射程3内の敵のMPにダメージを与える。


MP持ちの敵を無力化するのには有効だが、ダメージ量が「4×魔法AT」であるため
侍で使ってると4回ぐらいやらないとあんまり効果がなかったりする。
当然MPを使わない敵相手に使っても全く意味はない。JP&経験値稼ぎにはなるが。

FFTA Edit

攻撃力34、防御+2の
忍者が「土遁」のアビリティを習得できる。

FFTA2 Edit

攻撃+34、防御+2の
忍者が「土遁」、用心棒が「居合抜き」を覚えられる。
ほりだしもの「わざものC」(水の刻印グレクオ亜鉛リュコジウムの花)で手に入る。

DDFF Edit

ギルガメッシュの専用装備。性能はに準じたタイプ。
装備Lv30以上、BRV+41、ATK+40、DEF-2、EXフォース吸収量+3%。
打刀ヒヒイロカネ豪傑の想い×5、61000ギルでトレードできる。

DFFOO Edit

「備前長船【V】」。☆4の大剣
ガラフ相性装備で、相性性能は防御力+42。
Lv1時の性能(+相性)は、HP+38(+7)、初期BRV+18(+3)、最大BRV+145(+29)、攻撃力+51(+10)、防御力+26(+5)、最大CP+10。

FFL Edit

忍者編チャレンジダンジョン最奥で手に入るレア武器。
知性+5の装備補正もあり、忍者編の時点では最強の忍者刀である。


この備前長船は、シリーズを見渡してみると通常比較的中盤に登場する武器である。
ナイト編の報酬がライトブリンガーだった事を見るとギャップがある。

FFB Edit

SRの七枝刀に次いで(現時点では)強い。レアリティはR。属性なし。
Rは攻撃870/防御890/コスト12/成長:普通
R+は攻撃1313/防御1366/コスト16/成長:普通
R+は、最大のレベル160まで育てると8630/8980に成長する。
とりあえず最大に育てたのを一つ持っていると十分な戦力になるだろう。

余談 Edit

北米版では名前がBizen boatとひどいことになっている。
長船はそのままosafuneでいいってば・・・

  • 文字数制限に引っ掛かったのかも。
    • Nice boatって事か。
      • mifuneを「ミフューン」と読まれたという前例があってだな
      • びぜん おさふゅん。ゆるキャラの誕生。