Top > 武器 > 【不倶戴天】
HTML convert time to 0.003 sec.


武器/【不倶戴天】

Last-modified: 2017-05-08 (月) 00:22:48

FF7 Edit

ユフィの最終武器の手裏剣
攻撃力+96・魔力+42・命中率+112。マテリア穴は8個 連結穴4組。マテリア成長なし。売値は1ギル。
神羅飛空艇の宝箱にあるが、かなりわかりにくい場所にある。

  • 具体的には研究室の左上の隅。アングルの関係で天井の配管が思いっきり被ってしまっている。

「たたかう」(及びその派生攻撃)の基礎攻撃力が攻撃対象のレベルと同値になる特性がある。
強い敵にはこちらが与えるダメージも大きくなるし、弱い敵はそもそも一撃で倒せるので問題ない。
バレットミッシングスコアヴィンセントデスペナルティのような稼ぎ作業は一切必要なく、
それ以外のキャラクターの最終武器のように戦闘中に(同じ敵への)威力が変化する要因もない。
一方でパーティアタック時は常に1ダメージのため、味方の睡眠混乱治療にも使える。
そして、通常版・インター版で共通して「へんか」で威力が落ちない唯一の武器でもある。
……とまぁ、これでもかと優遇されていて非常に使いやすい武器。
なお、最も高い敵のレベルはエメラルドウェポンの100(通常版ではマスタートンベリの77)。

  • 敵が強ければ強いほど実力を発揮するとは、何ともバトル漫画の主人公みたいな設定の武器だ。
  • ところで、エメラルドウェポン(本体)のレベルは99の筈じゃ?
  • パーティアタックが安全にできるため、「みだれうち」&「マスターコマンドついかぎり」という組合せがほぼノーリスクで可能。
    ※5回攻撃できるが、他の武器の場合アイテム使用でパーティアタックというリスクが伴う。
    ※危険なのはこの状態のユフィと「コマンドカウンター+ものまね」持ちのキャラが一緒にいる時。
  • ちなみに通常攻撃の本来の基礎攻撃力は16。16Lv以上の敵ならば通常武器よりも弱くなる事はない。
    この付近のレベル帯はコレル山辺りなので、この特性で困るような敵はまずいないだろう。
    大空洞では大体2〜3倍相当の補正になる。残りHP及びMPタイプは最大3倍、プレミアムハートは最大4倍なので
    不安定ではあるものの、デメリットがない事を考えると十分すぎるほどの性能でありコスパは素晴らしい。

「ふぐたいてん」と読む。
読みづらい武器ではあるが、四字熟語にあるためそうでもないかも。
意味は「倶(とも)に同じ天を戴かず」。その相手とは一緒の世界にいるのも嫌といった感じのニュアンス。
すなわち深い恨みや憎しみのため相手をとてもこの世に生かしておけないこと。
復讐しないではいられないこと。
上記の効果に合っているのかそうでないのか…

  • すべての敵に恨まれる程の強さという意味合いだろう。当然皆様返り討ちw
    つまり魔王にでもなった気分で装備するのが正しい。
    • 「ともに天を戴かず」、要は「同じ空の下にはいられない」ということ。
  • 出典は「礼記」の、「父の仇は共に天を戴かず、兄弟の仇は兵に反らず、交友の仇は国を同じくせず」という一説から。

関連項目:【最終武器】

FFRK Edit

FF7より先に原作に登場していないFF8から登場した。
「不倶戴天【VIII】」。FF8と共鳴するレア6の投てきで遠距離攻撃可能武器。
リノアのリミットチェイン超必殺技の「G.F.シヴァ」付き。修得ボーナスは魔力+10。
ステータスは下記。()は共鳴時。

Lv攻撃力魔力命中
188(105)122(150)95
25115(182)167(278)

2017/3/2、FF8イベント「流星に導かれし純愛」で追加された。