Top > 武器 > 【風魔手裏剣】
HTML convert time to 0.014 sec.


武器/【風魔手裏剣】

Last-modified: 2017-11-03 (金) 10:38:03

「ふうましゅりけん」。
FFシリーズには「なげる」専用武器としてよく登場する。
この場合は手裏剣よりも攻撃力と値段が高い。


言うまでもないかもしれないが、風魔とはかつて日本に存在した忍者の集団の1つ。
…なんでこれを名前につけたのかは知らないが。

  • 手裏剣の代表格として色々なゲームや漫画で登場することが多いものの、
    現実にはこんな種類の手裏剣は存在しない。念のため。
  • モデルが気になるところだが、風魔党が特殊な手裏剣を使ったという記録は存在しない。
    強いて近いガジェットを挙げるなら忍者漫画『カムイ伝』に登場した「風車手裏剣」であろうか。
    主人公の父親が使う必殺武器で、座布団のように大きく、普通の手裏剣が通用しない強敵も刀ごと両断してしまう。
  • あくまで推測だが、現在の「手裏剣」のイメージでぱっと出てくる平たい十文字の鉄板手裏剣は
    「風車型手裏剣」と呼ばれるため、その語感に忍者で有名な「風魔」を充てた。というところだろうか。
    また初期のFFは、「正宗」「源氏」などなぜか侍のイメージを坂東武者で固定していたため、
    関東の忍者では一番有名な風魔の名を使ったとも考えられる。

関連項目:防具/【風魔の衣】武器/【風牙手裏剣】


FF4 Edit

エッジの『なげる』専用の武器。
攻撃力80、命中率99%。対空性能付き。

  • なげるの特性により、属性は実際は適用されない。

注目すべきはその値段で、何と1つ50000ギルもするのである。
店売りアイテムではエリクサーの次に高いというグッドプライス。
ダメージは5000を超えるが、値段が値段なので、勿体無くて投げられない方も多いはず。
GBA版以前ならクリアデータが保存されないので、ラスボス相手に投げまくるといい。


だが、エクスカリバー増殖の方が強いのであまり使われない…
尤も、増殖はバグなので邪道ではあるが。


SFC/PS版以外では「た5」が出来ないので、包丁を除くと実質最強の投げ専用武器。
でも風魔手裏剣高いんだよな。

  • これを使うのは終盤のはずだから、金に困ることはないかと思われる。なお、逃げて金を落とすのを防ぐために買い込むのも一つの方法である。でも、やっぱりザコ相手に使いづらいことに変わりはないが。
    • GBA版以降(DS版以外)なら、これよりも強いアサシンダガーがあるが、買値がこれの8倍以上もする上に、限界突破はないので、実用性に欠ける。
    • ゼムスマインドなど、堅い敵相手に選んで投げるのがよろしいだろう。

ラストダンジョンに出現するモンスターは大量の金を持っているので、意外と買うのは楽である。
FF4では投げられる武器が少ないので、エクスカリバー増殖をせずに「なげる」を活用したいのなら風魔手裏剣が必要。

  • 因みに、投げられる武器の内、(バグ技を使用せずに)量産できるもので最も攻撃力が高いのは飛竜の槍である。でも、飛竜の槍の量産って大変なんだよなぁ。

「なげる」1回でたくさん投げてるので、1セット50000ギルで手裏剣1個あたりの単価は数千ギル程度なのだろうか。

  • 弓矢もそうだが、カカカカカカカカと連続HITするのが素敵。

チートで装備した場合、かなり強力な武器となるうえ投げても消費しなくなる。

  • でも、これよりも攻撃力の高い武器は多数あるので、あくまで自己満足のためだろう。そもそも、チート自体邪道なんだが。

ククロの家で買うことができる。


封印の洞窟で1個、月の地下渓谷で4個拾える。いずれもダンジョン内のボスモンスター対策に使ってくださいと言わんばかりの措置である。
モンスターではプリンプリンセスが時たま落とす。テーブルの関係でそう頻繁に落とす訳ではないが、ピンクのしっぽ狩りを行っていれば自然に溜まって行く筈。


レベル99になると7000〜8000程度までダメージが上がる。
もはやエクスカリバー増殖などに頼らなくても十分。まして包丁など使うまでも無い。

FF4イージータイプ Edit

攻撃力が100になっている。

  • アイテム増殖技も使えなくなっているので、投げられる武器で量産できるものの内、最も攻撃力の高い武器となった。

FF4(GBA版) Edit

EXダンジョン・月の遺跡にある月の町(2箇所共)でも売られている他、同ダンジョンの「心理の館」の性格診断テストで『忍者タイプ』と診断されれば手裏剣と一緒に貰える。
加えて、追加モンスターのダストムースも稀に落とす。


アサシンダガーなどの追加武器によって、量産できて投げられる武器としてはランクを落としてはいるが、量産する手間を考えればまだまだ現役。
それもそのはず、攻撃力80で50,000ギルの風魔手裏剣と、攻撃力130で420,000ギルのアサシンダガーでは、かかるコストが違いすぎる。1.5倍強の威力を出すために8倍以上の金額が必要という、ぜになげも真っ青のブルジョワ戦法である。

  • Lv77あたりでアサシンダガーの投擲ダメージがカンストするため、そこから先は1.5倍よりどんどん下がり、最終的には1.25倍程度になる。

FF4(DS版) Edit

攻撃力は200。命中率は120%に設定。
投げる専用で9000〜10000程度のダメージを与える。

  • 他の武器を投げた時のダメージが大きく落ちたので、風魔手裏剣が「なげる」最強の武器に。
    (包丁は除く)

相変わらずククロの家で買うことができる。


プリンプリンセスは落とさなくなったが、代わりにレインボープリン(風魔手裏剣2個分相当)を落とすようになった。
また、バブイルの巨人の「巨人の胸」でも1個拾えるようになった(只の手裏剣の代わりになっている)。

FF4TA Edit

終章後編で販売している。
Lv99でエッジなら約8000、ゲッコウならほぼ9999のダメージを叩きだす。


スマホ版だと攻撃力82のオベリスクが37000ギルで、攻撃力105のディフェンダーが57000ギルで買えるので、エッジ専用に買うメリットがなくなった。

FF5 Edit

忍者のアビリティ『なげる』専用の武器。
蜃気楼の町で買えるが、値段は25000ギルでやはり高い。
宝箱でそれなりの数を入手できるので、無駄遣いせず活かしたいところ。
純粋な威力だけなら飛竜の槍のほうが高いが。


基本攻撃力117と、数値だけなら「あめのむらくも」と同等。投げる時の実攻撃力は234にもなる。
これ以上の攻撃力を持つ武器は普通にやると量産が大変だったり一品物だったりするので、
単体用の投げる武器としては実質的にこれが最強となる。


エクスデス城イストリーの滝で1個、次元の狭間のラストフロアで3個拾える。
ミノタウロスネオエクスデス(右下)から盗める他、忍者が時たま落とす。ミノタウロスのはレア枠。

FF5(GBA版) Edit

追加モンスターのアサシンも時たま落とす。
また、EXダンジョンの封印の神殿のロンカの心臓エリアで2個、魂の河エリアで1個拾える。

FF6 Edit

シャドウのオリジナルコマンド「投げる」専用アイテム。
値段が手裏剣の16倍強の500ギルで、威力は手裏剣の約1.5倍程度(攻撃力132)
ちなみに5枚刃。


より上位の投擲専用武器「風車」の登場によりやや価値が落ちたものの、数を用意できるこちらの方が利用しやすい。

  • 崩壊後はマランダ南の砂漠という絶好の金稼ぎスポットがある。
    1回の戦闘で10000ギル、風魔手裏剣20個分。簡単に99個所持できる。

切り札的な存在であったFF4や5とは違って巻物と同様普通に投げまくることができる値段設定。
その分威力もあまり高くない。

  • それでもLv99になれば魔石ボーナス無しでも十分カンストダメージを出せるため、非常に有用。
    風車に比べ補充が簡単という面では、時間的コスパには非常に優れる。

コロシアムで賭けると風車になる。
(コロシアムではえらく強敵の)カオスドラゴンが相手なために量産には多少手間がかかるものの、
普通に投げて使うよりこちらの方が有用かも。


崩壊後のサマサで買える。シャドウつながりか。


ニンジャが落とすアイテムとして入手できるから崩壊前から使うこともできる。
前作までの威厳はもはやどこにもない。

  • 但し、レアドロップ枠なのでなかなか手に入らない。
    一方、盗むではベクタリトスが対象になり、此方もレア枠。

FF7 Edit

ユフィの武器・手裏剣として登場。
攻撃力+64・素早さ+10・命中率+113。
装備すると素早さが上がるが、マテリア穴が3つと少なく魔力も上がらない、物理攻撃向きの武器となっている(ついでに連結穴もない)。
当然ながら使い捨てではなく、無限に使用可能。


メテオ後のエルジュノンにて6000ギルで販売されているが、それより前にウータイで入手可能。
攻撃力+64はこの時点では高く、更にクリティカル率+2の補正も掛かる。
単純に物理攻撃の火力を求めるのであれば、暫くは主力武器として使っていける。

  • これがなかなか分かりにくいところに隠されている。
    よほどの探索好きでない限り、初見ではまず見落とすだろう。

形状は6以前までの☆型とは異なり、六方の刃を持つ大型の手裏剣。

FF11 Edit

忍者がレベル60で装備可能になる、消費型投てき武器
同じレベルで装備可能になる他の武器と比べてみると、威力は非常に高い。
しかし消耗品であることに加えて、製作コストが高いのでとても常用はできない。

  • 材料が材料であるため投げるゴールドインゴットとして知られている。余程のお大尽でも無ければこんなもの常用できっこない。つうかそもそもなんで手裏剣の材料に黄金が使われてるんだ・・・
    • なお、今では7000ギルで99個セットの物が買える為、十分に常用出来るが高レベルで使うには威力が心許ない。

詳細はこちらを参照:風魔手裏剣/FF11用語辞典

FF14 Edit

武器ではなく忍者忍術として使用可能。どの印でも1つ結ぶことで使用できる。
ゲームデザイン的に消費アイテムにすると忍者だけ負担がかかってしまうため忍術になったものと思われる。


基本威力自体は同じ単体攻撃の雷遁の術に劣るが、雷遁の術と比べて圧倒的に射程が長い。
威力も、斬属性物理攻撃の為、忍者自身が使えるアビによる物理ダメージアップ効果や、
斬耐性ダウンの効果を重ねる事で、雷遁の術に限りなく近い威力となる。
(なお、雷遁の術は魔法属性であり、忍者自身に魔法の威力のみを上げる手段はない)
また、物理属性なので、魔法属性無効を無視出来る為、魔法属性無効の相手にはこちらがメインの攻撃手段となる。
ただし、遠隔攻撃なので、遠隔攻撃無効の相手に対してはダメージを与えられない。


見た目は、巨大な手裏剣を投げつけているように見えるが、巨大な手裏剣の幻影を纏っているためそう見えるだけである。
……という設定。

FFT Edit

表記は「風魔の手裏剣」
忍者の『なげる』で使う投擲武器。価格は300ギル。
たまのほうが威力が高く安価なので買うことはあまりないだろう。

FFUSA Edit

ロック専用の飛び道具として登場。
攻撃の度にストックから1つずつ減っていく。が、近辺の木箱から手軽に補充できる(MAX99個)。
空を飛ぶ敵に強く、マヒの追加効果もある便利な武器。
ロックがパートナーの時はこれを連発するだけで楽に進める。

  • というより、ロックはレイズ以外の魔法が使えないので、攻撃手段は実質ほぼこれのみ。

一応、残弾が0になると素手になって威力が激減するが、
意図的に使い切らない限りはまず見られないだろう。

DFF Edit

カテゴリは投てき。ATK+60、BRV-36、EXフォース吸収量+40%。
ライジングサンに聖なる牙×4、レッドジェムと27220ギルでトレードできる。

DDFF Edit

装備Lv60以上の投てき
BRV-35、ATK+60、DEF-1、EXフォース吸収量+5%の効果がある。
ライジングサン、ビスマルクの背骨、夢想の想い×5と153400ギルでトレードできる。

DFFOO Edit

「風魔手裏剣【IV】」。☆5の投擲武器
シャドウ相性装備で、相性性能は「刹那の一撃」。
Lv1時の性能(+相性)は、HP+142(+28)、初期BRV+53(+10)、最大BRV+423(+84)、攻撃力+154(+30)、防御力+49(+9)、最大CP+15。


相性性能「刹那の一撃」により、「無拍子」使用時に自身のブレイブを1.4倍に増加させる。
さらに「無拍子」によって自身に付与される攻撃力小アップの期間が延長される。

光の4戦士 Edit

夢幻の灯台40Fにて2万8千ギルで買える投てき。攻撃+15、追加効果はマヒ
手裏剣だが投げずに殴る。

TFF Edit

BMSで使用するアイテム。
モンスターの体力が半分以下の時に発動し、ダメ―ジ【弱】を与える。

TFFCC Edit

前作同様、BMSで使用する攻撃アイテム。
モンスターの体力が半分以下の時に発動し、相手に【弱】ダメージを与える。

FFRK Edit

FF7と聖剣伝説2(コラボ)から登場している。
いずれもレア5の投てきで遠距離攻撃可能。


  • 風魔手裏剣【I】
    聖剣伝説2から登場した装備。聖剣伝説2の風魔手裏剣については余談参照。
    FF1のダンジョンと聖剣伝説のイベントダンジョンに共鳴する。
    共通必殺技「バルーン」を持っている。
    バルーンは全体3連続風属性魔法攻撃を行い、魔法防御力低下小、低確率の行動キャンセルの効果を持つ。
    元は聖剣伝説2の混乱させる魔法。
  • 風魔手裏剣【VII】
    ユフィのバースト超必殺技「ウータイの守護神」付き(修得時ボーナスは攻撃力+10)。
    「ウータイの守護神」はリヴァイアサンと共に攻撃を行う演出でカッコイイ。
    必殺技の効果は敵全体に5連続の水&無属性遠距離物理攻撃をし、使用者を水属性まとい+ヘイスト+バーストモードにする。
    バーストアビリティはいずれも忍者。
    「水遁・散切の術」:敵単体に待機時間が短い4連続の水&無属性遠距離物理攻撃。
    「水遁・浸蝕の術」:敵単体にの水&無属性遠距離物理攻撃+攻撃力と防御力ダウン(小)+自身の攻撃力と防御力アップ(小)。
    Lv20のステータスは攻撃力+117、魔力+68、命中+95。
    CCFF7イベント「誇りの継承」で追加された。

余談 Edit

この風魔手裏剣、スクウェアではFF以外でも聖剣伝説2において「最強のブーメラン」として登場した。…そこ、無粋な突っ込みはしない。
(ちなみに一個下のランクのブーメランは手裏剣)
「ブーメラン」なので、当然投げても戻ってくる。ノーコストでいくらでも投げ放題である。
FFシリーズではもったいなくてなかなか投げれなかった人は、こちらで思う存分投げまくってみてはいかが…?(手に入れるまでに若干(?)の手間はかかるのだが…)

  • まぁ上記のようにFFでも7や光の4戦士のように投げ(後者は「投げ」ではないか…)放題という作品もあるけれど。

ライブアライブでも非常に強力なアイテムや技として登場している。