Top > 防具 > 【エルフのマント】
HTML convert time to 0.005 sec.


防具/【エルフのマント】

Last-modified: 2017-10-20 (金) 00:51:43

関連項目:アクセサリ/【エルフのマント】

FF1(GBA版以降) Edit

モンク/スーパーモンク以外ならば誰でも装備できる
大地の恵みの祠のB4Fでたまに手に入るので、入手したら通常の盾を持てないキャラに即装備させよう。
守りのマントより防御力が高く、回避率も一見上がらないようだが、回避率と無関係に1/3の確率で物理攻撃を強制回避できる。

  • 大地の恵みの祠のB4Fが砂漠or森のフロアなら確実に入手できる。まぁ、何周もしていればその内4人分入手できる。
    • ちなみに風の囁く洞穴のB17Fがボーナスマップ(水没城)になった際にも入手可能だが、上記大地の恵みの祠で狙った方がはるかに楽なので風の囁く洞穴でわざわざ狙う意味は皆無。
      • ここのB17Fがボーナスマップになった際にしか入手できないアサシンダガーのついでに手に入れる程度だろう。
        もっとも、アサシンダガーも大して高性能な武器ではないので、アイテムコレクター以外は無理に粘る必要はなかったりするが。
  • 単純な防御力だけでも、シーフ系(PSP版の赤魔を除く)にとっては最強の盾。
    しかも守りのマント・そよ風のマントより早くから入手できてしまう。

強制回避がかなり強い印象。
余談だが、5では赤いマントだが、こちらでは緑色のようだ。
エルフが緑服着ているからだろうか?


下手したら英雄の盾より強いかもしれない。GBA版ならリボン4つ集められるし…。

  • その強力な特殊効果故に、英雄の盾を超える防御力を持つマスターシールドが追加されたPSP版以降でもこちらの方を選択するというプレイヤーも多いと思われる。

これが手に入るダンジョンは比較的簡単。
魔道土の数だけ入手するべく何度も挑戦する価値は十分にある。

  • 見栄えにこだわらないなら、ナイト忍者の分も手に入れてもいい。特に、シーフにとっては最強の盾である。
    但し、ナイトに装備させる場合は先に4つ目のリボンを手に入れておこう。
  • ナイトはFC版準拠の耐性で十分なら、源氏の兜ドラゴンメイル守りの指輪でOK。

これとデュエルレイピアの組み合わせは強力。飛躍的な回避確率アップ。


これを装備すれば魔道士も多少前列における余裕が出来る。
逆に装備できないモンク(スーパーモンク)を最後尾にしてもいい。


因みに、風の囁く洞穴の町のフロア(魔列車撃破〜デスゲイズ遭遇まで)の道具屋で買うこともできるが、その頃には終盤なので、ありがたみは薄いだろう。

  • PSP版以降の時の迷宮では敵が強力なので、持っていない場合はジョブによっては購入を検討しても良いだろう
    • 風の囁く洞穴B31〜39Fまで行く必要があるうえにそこで運よく町フロアが出ないと購入不可能とかなり骨が折れる。
      わざわざそこで55800ギルを出して購入するよりも、全5階と階層が浅くタダで手に入る大地の恵みの祠を周回して集める方がはるかに楽。
    • 買う為に狙ってダンジョンへ入るというより、たまたま町で売っているのを見かけて購入するほうが多いだろう。ギミックも多く楽しいダンジョンであるSOCだが、流石にたった1つのアイテム目当てにするのはかなり不毛感が漂う。実際は他のアイテムも含めて収集する傍らで判断することになる。

鎧(服)ではなく盾…スペインの闘牛士のように片手で持ってひらひらさせつつオーレ!とモンスターをいなしているのだろうか?
それなら5仕様の赤いマントのままで良かったような気もするが。

  • 実は闘牛の牛は赤色に反応しているわけではなく動く布の方に反応しているだけらしい(赤い色の方が派手で見栄えが良く闘いに適した色だから使っているだけで他の色の布にも反応するらしい)。

最終装備として申し分ない性能だが防御力の低さ故、クロノディア最終形態などの攻撃力がかなり高い敵を相手にする時は初撃を回避できなかった時に思わぬ致命打を負う事もある。
あくまでマントを使い続けるか、場合によっては防御の高い盾に変えるかプレイヤー次第である。

  • プロテアインビアを連発してガチガチに固めてから戦うプレイスタイルであるなら、エルフのマントの方が有用。
    逆にそれらの魔法を使わない(使えない)ならば、基礎防御力を高めておくと事故死対策になる。
    尤もインビア・ブリンクといった回避率強化魔法は無限に発動できるアイテムが手に入るし、防御力も安価な消費アイテムで強化は可能なので、自主的に縛るのでもなければボス戦をドーピング無しで戦うことはそうそう無いだろうが。

強力な特殊効果がある事や、魔道士(及び魔術師)系の最強の盾ということばかりが目立つが、地味ながら速+1と知+1の能力値ボーナスがあることを忘れてはならない。
最強育成をする際にそのことを忘れて育成を完了したと思いこんでしまい、後から泣く羽目にならないように注意しよう。
特に装備品の能力補正で素早さが99になっている時にレベルアップで素早さが上がっても回避率が1しか増えないGBA版では注意が必要(PSP版以降はそのままでもOK)。