Top > 魔法 > 【エン系魔法】
HTML convert time to 0.017 sec.


魔法/【エン系魔法】

Last-modified: 2016-12-01 (木) 14:15:24

エンは「〜に魔法をかける」といった意味の英語「Enchant」の略とされる。
武器や拳、魔法などに属性を帯びさせるものの総称。


概要的には魔法剣と似たもの。


FF11 Edit

赤魔道士ナイト暗黒騎士が習得可能な魔法系統。
装備している武器(素手にも適用される)に属性を付加し、追加ダメージを計上する。
いわばFF11版魔法剣ともいうべき存在。
魔法のエン系は
エンファイア」、「エンブリザド」、「エンエアロ」、
エンストーン」、「エンサンダー」、「エンウォータ
の6系統それぞれにI系&II系の12種、
さらにナイト専用の「エンライト」、暗黒騎士専用の「エンダーク」の
合計14種が存在する。


魔法とは少し違うが、公式イベント時や特定装備でのみ使用可能な「エンサイレス(沈黙)」や、魔導剣士のアビリティ「エンチャントルーン」も存在する。

FF13 Edit

エンファイ」、「エンブリザ」、「エンサンダ」、「エンウォタ」が存在。
全てライトニング、サッズ、ホープがエンハンサーロールで習得できる。
対応する属性を無属性攻撃に追加し、同系統の魔法・ブロウ系のダメージを1.3倍にする。
弱点属性をつけたアタッカーの攻撃は非常に強力。

  • 上記の無属性攻撃にはアタッカーが使うルインジャマーが使う妨害系魔法も含まれる。
    これらの魔法を打つと通常時とは違い付与された属性のエフェクトが付くのが確認できる。

FF13-2 Edit

エンファイ」、「エンブリザ」、「エンサンダ」、「エンエアロ」が存在。
全てモンスターが習得し、セラ/ノエルは習得しない。
対応する属性を無属性攻撃に追加し、同系統の魔法・ブロウ系のダメージを1.3倍にする。
弱点属性をつけたアタッカーの攻撃は非常に強力。
またこの魔法をかけても属性が変化しない攻撃が増えたので注意が必要。

FF14 Edit

敵専用魔法。各蛮族が信仰する蛮神の属性に合ったものを使用する。
属性の概念の薄いFF14でその種別に違いはあまり感じられない。
性能的には、単純に攻撃時のダメージ(威力)がアップするタイプと、
攻撃にDoT(スリップ)の追加効果を付与するタイプのどちらか。

FFL Edit

魔人が習得する「属性強化」魔法として登場。
『敵味方全体』の属性攻撃を強化する効果。

  • この敵にも効くという使用は普通の戦闘では、意味が無い。敵の反対属性の強化しか使わないからである。
    でも、1度だけこの設定が罠になるバトルがある。
    途中で敵の属性が反転するエンピレオ/ゲヘナ戦である。
    というか、この魔法の「敵味方全体に効く」という設定自体がこのバトルのために作られたと言ってもいいかも知れない。
    わざわざエンダークの習得レベルを低くしてあるのもそのためか?

これに関しては「Enchant」ではなく「Enhance」(能力や性質を高める)が語源と思われる。


エンダーク」「エンファイ」「エンブリザ」「エンサンダ
エンエアロ」「エンストン」「エンウォタ」「エンライト
の8種類が登場。

FFB Edit

赤魔道士のグラフィックで描いてあるアビリティ。
レア判定で、攻撃分類は魔法。