Top > 魔法 > 【ジエンド】
HTML convert time to 0.003 sec.


魔法/【ジエンド】

Last-modified: 2017-09-26 (火) 19:46:57

FF8 Edit

セルフィ特殊技であるスロットで出現する専用魔法のひとつ。
味方キャラクター達が消えた後突然周囲がお花畑に変わり(天国の意か)、
画面右下に「The End」と文字が現れて敵全体を戦闘不能にするシュールな魔法。


相手がオメガウェポンだろうとお構いなしに一撃で葬り去る凶悪性能。
アルティミシアも一撃。と言いたいが、
アルティミシア最終形態はセリフを言うためにちまちま復活するため、一撃とはいかない。
また人生の終着点を通りすぎているアンデッドにも効かない。
(でもアンデッドはレビテガで吹っ飛ばせる)

  • アルティミシアには9回ジエンドを使えば倒せるらしい。(改造動画参照)
    • 一発ジエンド喰らわせた後はセリフのたびに通常攻撃入れるだけでいいんじゃ…。
  • ちなみにドール実地試験のX-ATM092の1回目(塔のすぐ下での戦闘)はジエンドを使っても修理に入るだけで倒すことは出来ない。

文句なく最強の技なのだが、この『ジエンド』、とにかく何度『スロット』を回しても中々出ない。
演出時間の長いG.F.召喚か『ぼうぎょ』、ないし本体の蓋を開けている間に『やりなおし』をしない場合、
『ジエンド』狙いで何度もリロードを繰り返しているうちに戦闘不能なんてことはざらである。
正にハイリスク・ハイリターンの特殊技と言えよう。

  • PS本体の蓋開けは、稀とはいえディスクを傷つける危険性もあるので、多用は禁物。
    • それも含めてハイリスク・ハイリターン。
  • まあ、1/256の出現率に見合う魔法だと思う。
  • 敵を楽に倒す方法はいくらでもあるのに、256回ボタンを押し続けてようやく敵を倒せるかもしれない技、と考えれば、むしろハイリスク・ローリターンだと言える。プレイに慣れてくるほどそう思うだろう。
  • 目押しの類が一切できず、完全に運任せなので、はっきり言って前作のオールオーバーの大幅な劣化版でしかない。オールオーバーと違って、TASでなければタイムアタックにも全く使えない。

縛りプレイではデュエルとともに封印される第一候補でもあるのだが、逆にセルフィがパーティにいる戦闘ではジエンドだけで敵を倒すという逆方向の縛りプレイもある。当然アルティミシアには9回放つ。

  • 驚くべきことにノージャンクション+ジエンド縛りでクリアした人もいるようだ。
    重要なのはインビジブルムーンが発動するか否からしい。
    • 台詞イベントに入ったアルティミシアはアンジェロキャノンでも次の形態?に移行するので妥協せざるをえなかったようだ。
      後日10発以上撃つことに成功したらしいが、そのレポートは公開されていない。
  • 第一候補には程遠い。ジエンドだけを縛っても何ら苦戦に繋がらないので、ジャンクションを禁止した上でジエンドも禁止、と言った様に副次的な条件として禁止するのが通例。

スロットの項にもあるが、出ない時は絶対に出ない。
よって期待値としては256分の1よりもさらに低くなる。OT技をしていようとも、この魔法を当てにするのは不安定で危険極まりないので
攻略の際はいっそ存在ごと忘れてしまった方が無難だろう。