Top > 魔法 > 【ファイジャ】
HTML convert time to 0.004 sec.


魔法/【ファイジャ】

Last-modified: 2017-04-26 (水) 23:12:31

CCFF7 Edit

モンスター専用魔法。デトネイターデストロイヤが使用する。
消費MP20、よろめき度3、準備時間2秒。
基礎攻撃力20の炎属性ダメージと共に、の効果がある。

FF11 Edit

黒魔道士が使用可能な黒魔法で、「ジャ系魔法」と呼ばれている魔法の一つ。
精霊魔法に分類される。
対象を中心とした範囲内の敵全てに火属性ダメージを与え、さらに
「着弾後しばらくの間、ファイジャおよび炎属性の魔法をぶつけるとダメージアップ
(ファイジャを当てた方がタメージ上昇量が多い)」という特殊効果が発生する。
ただし、詠唱時間が長めなうえ、燃費が悪い、乱戦下では使いにくいといった欠点も存在する。


関連項目
ファイア
ファイガ
フレア


詳細はこちら→ファイジャ

FF12 Edit

魔人ベリアスの使用する魔法で、敵全体に炎属性のダメージに加えオイルの追加効果がある。
今作でのオイル状態は炎属性攻撃で受けるダメージが通常の3倍になるため、すぐに治さないと
次のファイジャで一気にPTが壊滅しかねない。
この魔法に限らず召喚獣戦における召喚獣専用魔法には
何かしらの追加効果があるので気をつけておくこと。


火の最大魔法。すべてを焼き尽くす爆炎の乱渦。
熱いぜ熱いぜ熱くて死ぬぜ。
あぶらとり紙を忘れるな。

FF12RW Edit

ベリアスの専用魔法。チャージ技。
範囲内の敵に火属性ダメージを与える。

FF14 Edit

新生FF14では黒魔道士がレベル60で習得する黒魔法
自分に「アストラルファイア」と「エノキアン」のふたつのバフが付加されていなければ使用できない。
また、炎属性魔法では唯一、自身に「アストラルファイア」を付加しないため、ファイジャだけを連発することはできなくなっている。
発動条件が厳しく、さらに詠唱が若干長めだが、威力は全職トップクラス。


敵が使うファイジャもあるが、こちらの使うファイジャとは性能が異なる場合が多い。

FFT Edit

地に閉ざされし、内臓にたぎる火よ
人の罪を問え! ファイジャ!

黒魔道士のアクションアビリティ『黒魔法』で使える魔法。
ファイガより1つ範囲が広い炎属性魔法、算術不可。
天候が雨の場合、威力が減少する。


正直使いにくいが、リフレクは貫通する。


黒魔道士が受けることでラーニングが出来る。
暗黒騎士を目指す際は活用したい。

  • ラーニング出来る確率は3割程で、ダメージや消費MPが結構馬鹿にならないので
    マインドブレイクや消費MP半減を使うと良い。

FFCC・RoF・EoT Edit

マジックパイルファイア×4」で発動する魔法。

  • 名前の開発の段階で下手すればファイビョとかになってたらしい…
    • とりあえずインパクトはあるな