Top > 魔法 > 【フラッシュ】
HTML convert time to 0.003 sec.


魔法/【フラッシュ】

Last-modified: 2016-11-30 (水) 14:40:46

閃光で目をくらませ、敵の視力を奪う魔法。初出はFF11。


関連項目
青魔法・敵の技/【フラッシュ】特技/【フラッシュ】


FF11 Edit

白魔道士ナイトが使用可能な白魔法。閃光を放ち、敵を「フラッシュ」状態にする。
フラッシュ状態は暗闇の強化版といった感じで、この状態では物理攻撃の
命中率が大幅に下がる。ただし、効果は数秒ほどで解除される。


敵対心の上昇値が非常に高い。そのため挑発ともども、
ヘイトコントロールに用いられる。

  • ハゲのキャラが使うとほぼ必ず「頭が光ってるに違いない」などと言われてしまう。

詳細はこちら→フラッシュ

FF14 Edit

剣術士がレベル14で習得する。対象の敵視を上昇させる。
レベル28で暗闇の追加効果が付き、レベル48で効果範囲が対象の周囲の敵にまで拡大する。


新生後は、剣術士がレベル8で習得し、自身の周辺一定範囲内にいる全ての敵の敵視を上昇させる効果となった。
また、暗闇の追加効果が付くレベルが28から20へと引き下げられた。
(ただし、追加効果が付くのは、剣術士かナイトが使用した場合のみとなる)

光の4戦士 Edit

闇魔法。単体を暗闇にする。消費AP2。
闇の氾濫後のウルペスで500ギルで売ってある。
ブラインでないのは…文字通り光で眩ませる魔法だからだろう。


ワイトなどが使ってくる。
魔法が買えるようになるのが後なので、特技かと思ってたら
表示に「唱えた」って書いてある…。


物理・魔法命中を下げるだけでなく物理・魔法回避も下げるので、狙って使えば使える魔法。
しかし「暗闇」は時間の経過で解除される。

  • 即死、毒、石化以外は全部戦闘終了後に解除される。
    • 光の4戦士のシステムは独特で、攻撃魔法は回避不可能、魔法回避率はダメージを半減する「レジスト」という効果にかかわっている。
      そのためこれを使えばダメージを半減されることが少なくなり、結果的にダメージアップにつながる。