Top > 魔法 > 【フラッド】
HTML convert time to 0.009 sec.


魔法/【フラッド】

Last-modified: 2017-10-31 (火) 21:57:21

由来は英語の「flood(洪水)」。
魔法としての初出はFF11。


関連項目
→アクア系:アクア/アクアラ
→ウォータ系:ウォータ/ウォタラ/ウォタガウォータガ)/ウォタジャ
→フラッド


FF4(海外版) Edit

エッジの「すいとん」の英語名が「Flood」だった。

FF6(GBA版) Edit

GBA版で追加された攻撃魔法。敵全体に水属性のダメージ。
追加魔石リヴァイアサンから倍率2倍で覚えることができる。
魔封剣が効かない。


消費MPは60と多い。
水属性自体があまり需要もなく、アルテマがあれば使われない。
せっかく追加されたのに、やや不遇である。

  • まぁ、リヴァイアサンだし。
  • 水属性攻撃(大海嘯水遁等)の中では最もグラフィックがキレイだと思う。
    グラフィックはです。本当に。
    色的にも他の水属性技と違い、青色ではなく水色が主体なので涼しげでよろしw。
    レベルと魔力が上がってくるとアルテマだけではつまらなくなってくるので、
    機械系モンスター掃討には是非活用を。
    ちなみに必中&リフレク無視&魔封剣無効。
    ダメージ量は魔法防御力の影響を受けるけどね。

常時魔封剣状態の強化イエロードラゴン戦で使えないことも無い。
魔封剣の影響を受けないという点ではメテオも同じだが、あちらを大きく上回る威力がある。

  • 威力はメテオの方が大きいが、
    イエロードラゴンは水属性が弱点だから、フラッドの方が与ダメージは大きくなる。
  • 修得はメテオの方が楽だけどな。
    (魔石ジハード竜の巣に行ける条件を満たしていれば必ず手に入っている。)

アルテマを覚えるには2パーティで攻略しなければならない上ナルシェラグナロクを選んだ場合
(普通は魔石を選ぶが)、血塗られた盾呪いを解く必要がある。
ファルコン入手後、船に乗れば遭遇できるため、手っ取り早く取得できる。
アルテマを取得するまでは主力として使える。ウィークメーカーで水属性弱点にすれば尚使える。
アルテマ取得後は・・・


狂信者の塔に出現する魔法レベル70は、常時リフレク状態に加えて水属性を弱点とするので効果的。


ほぼPC全員が手軽に水属性攻撃が行えるようになったので、 
GBA版では水属性攻撃の敷居が低くなったと言えよう。
PS版までのFF6での水属性攻撃はアクアブレス大海嘯水遁などのアビリティ系統であった。
尤も、それらのお株を奪われた感はあるものの、
既存のアクアブレスや大海嘯のほうが消費MP面で単純な燃費は良いのだが…。

  • まぁフラッド自体がクエイクメルトンみたいに、敵味方全体に効果を及ぼす魔法だったら、
    アクアブレス、大海嘯、水遁のお株の奪われ具合も緩和できただろうね。
    • そうなったらなったで今度は水属性を吸収するカッ防具があるわけで・・・
      • 良いじゃん、カッパ防具大活躍じゃん。
  • その唯一のメリットの燃費もスリースターズを入手してしまえば、意味が無くなってしまうし…

FF11 Edit

黒魔道士が使用可能な黒魔法で、「古代魔法」と呼ばれている魔法の一つ。
精霊魔法に分類される。
対象に水属性ダメージを与え、さらに雷属性に対する耐性を低下させる。
消費MPがとても高い上にMP効率も悪いが、敵に与えるダメージは習得レベル帯ではトップクラス。
フラッド」と「フラッドII」が存在し、フラッドIIは上記の特徴を受け継ぎつつも、
MP効率が改善しているなど性能が上昇。PCが使える魔法の中でも最強クラスの威力を誇る。

FF14 Edit

幻術士が使用可能な結界魔法。
……であったが、ファイア、ブリザド、サンダー系が黒魔道士に移行された際に、同時に削除された。


新生では、敵専用魔法として復活している。

DFF Edit

ティナバッツシャントットが使用する。

バッツ Edit

地上HP攻撃。基本的な性能はティナと同じ。
魔法バリアの追加効果(小)が付くのだが、何故かHPダメージカットの効果もある。
ちなみにティナの連続魔フラッドを真似ているようだ(手元に水泡が現れない)


UT版では、ティナよりも射程短縮&HPダメージカット削除の調整が行われた。

ティナ Edit

地上HP攻撃
エクスデス道場で頻繁に使った人も多いだろう。
敵の足元から接触相性の無い(=相殺・弾き不可能)水柱を噴き上げるHP攻撃。
相手の現在位置に発生するので使いやすく、一発→一呼吸置いて二連発と出るため回避しづらい。
ちなみに、二発目の方が発生する射程が長い。
UT版では、射程が大幅に短縮されている。


一発目を出す時に見事なバック宙を披露してくれる。
だからと言ってアナザーフォームで連発しないこと。


逃げ回って物陰から連発すれば、これだけで勝つことも十分可能。


GBA版をやった事のない人にとってはティナのフラッドはDFFだけの技と勘違いしてまった。

  • 自分がまさにそれ。「6にこんな魔法あったっけ?」と思っていた。

シャントット Edit

精霊魔法 水1段目・精霊魔法 火2段目・精霊魔法 氷3段目で、ブレイブ6000以上だとフラッドになる。
相手の仰け反り中のみ吸引が働く。
「溺れなさいな!」


またEXバースト中にも登場。
この次に選択するのはバースト

DDFF Edit

バッツはものまねできなくなった。

ティナ Edit

2・3回目の水柱の誘導性能が大幅に低下した。
正直な所、理解に苦しむ程の弱体化ぶりである。
相変わらずの接触相性なしとはいえ、もはや死に技に等しい。
また、アシスト地上HP攻撃に採用された。

シャントット Edit

BRV4000以上で発動できるが、吸引の追加効果が廃止された。

DFFAC Edit

シャントットの空中ブレイブ攻撃(通常時↑+II)。
水球を発射する技で、ヒットしたら渦潮を発生させて打ち上げる。


Ver1.0102015/12/16
受け身の調整でディバインマリサンへ連携し難くなった。
 
Ver1.2102016/04/21
Ver1.210では硬直短縮・攻撃判定縮小・常時正面発射化・発射後即追尾・弾速向上の調整も実施された。
ディバインマリサンへ繋がり易くなったが、自衛には向かなくなった。
 
Ver1.3612017/03/09
type:SPEEDとtype:SHOOTにおける火力の全体調整で、
ブレイブダメージは432から416と僅かに低下している。
魔法のサイズ縮小(半径-0.25m)と攻撃判定の時間短縮(-10F)でやや当てにくくなり、
ダメージリアクションの変更でディバインマリサンへ連携するコンボがほぼ不可能になった。
 
Ver1.3902017/06/15
上下射角(10°)が付与された。
 
Ver1.4202017/09/07
技後の硬直時間が5F短縮された。
 
Ver1.4302017/10/05
ブレイブダメージが416から432に引き上げられて、
Ver1.3502017/02/16以前のブレイブ攻撃力を取り戻した。