Top > 魔法 > 【暗黒魔法】
HTML convert time to 0.004 sec.


魔法/【暗黒魔法】

Last-modified: 2016-12-18 (日) 04:51:49

関連:アビリティ/【暗黒】魔法/【黒魔法】魔法/【闇魔法】


FF5(GBA版) Edit

新ジョブ・ネクロマンサーのアビリティ「あんこく(暗黒)」で使える攻撃魔法。
エクスデスソウルハーデスなど特定の敵をネクロマンサーで倒すと覚えられる。
ヘルウインド」「パニッシュレイ」など全体攻撃魔法が多く全般的に威力が高いのだが、
覚えられる時期が隠しボスのエヌオー撃破後とあまりにも遅すぎ、補助魔法の類がないので
召喚魔法と比べるとあまり使えない系統の魔法となっている。

  • ネクロマンサーのジョブ自体が使いやすいとは言えないし、
    この暗黒魔法も「クリア後のおまけ」の一種と考えるべきなのだろう。
  • 連続魔で使えない。これだけ攻撃的な内容なんだから連続詠唱したいものだが…。
    この点からも暗黒魔法は「ゲーム攻略の手段」ではなく、「趣味の領域のおまけ」的な性格が強い。
    • 「おまけ」だからこそ、連続詠唱できるようにしてほしかった。

GBA版ではいずれもリフレクを貫通し、沈黙ミュートには封じられる。

  • 攻略ガイドブックには「リフレクで反射される」と誤謬されている。要注意!
  • 後述のようにスマートフォン版では一部仕様変更されているので注意。

威力だけなら非常に高いのものが揃っているため、ウィザードロッドなどの属性強化と併用すれば、
攻撃魔法系のアビリティの中では最高のものとなる。
特にヘルウィンドは石化の追加効果があり実質高威力の敵全体即死魔法となっているため、
雑魚戦では非常に役に立つ。


属性系暗黒魔法に付加されている状態異常効果は必ず発動するわけではなく、確率的には75%。
時々取りこぼしが発生するので、100%あてにはするのはやめたほうがいい。
威力自体強い魔法系統なのであまり気にならないかもしれないが、一応注意しよう。
まぁケフカが「神」にならないと使えなかった「裁きの光(パニッシュレイ)」とか、
「クリア後のおまけ」要素としてはなかなかおもしろいんだけど、
連続魔できないんだし耐性も無視しないんだから、別に100%発動でも良かったような…。


技の名前をみると別のゲームになったような雰囲気。主にテイルズとかスタオーとか。

  • 威力は置いといて名前の中二臭さと見た目の派手さが魅力だと思うんだ。

亡者の巣窟の入口にいる人物から、暗黒魔法を習得できるモンスターのヒントがもらえる。
ヒントの内容は、該当モンスターのいる場所や特徴である。
未習得の暗黒魔法のみヒントがもらえるので、初めは話しかける度にやたらと台詞が変わる。
ちなみに、暗黒魔法をマスターすると褒められる。


これを使ってくる敵もいる。敵の攻撃レパートリーを増やすのにも一役買っている。


暗黒魔法一覧

FF5(スマホ版) Edit

密かに仕様変更されている。
ドレインタッチとダークフレアとパニッシュレイ以外はリフレクで跳ね返されるようになった。
また追加効果は耐性がない限り100%発動になったようだ。ヘルウィンドやディープフリーズの利用価値が大きく向上している。

FF11 Edit

黒魔道士赤魔道士暗黒騎士学者、それとからくり士の相棒「オートマトン」が扱える魔法の総称。
闇の力を用いて対象を攻撃する魔法。ただし「トラクタ」は例外。

ドレイン系…対象のHPを吸収。アンデッド系には無効。
アスピル系…対象のMPを吸収。アンデッド系およびMPを持っていない敵には無効。
バイオ系…闇属性ダメージ+スリップダメージ、攻撃値ダウンの効果。
アブゾ系…対象のステータスを吸収。
エンダーク…自身の近接物理攻撃に闇属性ダメージを追加計上させる。
スタン…対象を短時間行動不能にする。
トラクタ戦闘不能になったパーティメンバーを自身の下に引き寄せる。
ドレッドスパイク…「スパイク系」魔法のひとつ。暗黒騎士専用。
            近接物理攻撃でダメージを受けると反撃が発動。
            物理攻撃で受けたダメージ分を敵から吸収する。


詳細はこちら→暗黒魔法