Top > 裏技・バグ > 【エクスデス道場】
HTML convert time to 0.005 sec.


裏技・バグ/【エクスデス道場】

Last-modified: 2017-06-19 (月) 22:54:08

関連項目:その他/【狩り】


DFF Edit

職人たちの手によって開発された、経験値荒稼ぎ技のこと。
ガードカウンター以外の技の性能が低いエクスデスを相手にクイックバトルを行う。
タイプを「温存」にしておけば、Lv100最強でも攻撃回数が少なく負けにくい。
あとはひたすらHP攻撃を当てつづけることで、経験値がガンガン入ってくる。
一発でLv100にするなら、ボーナスデーにチョコボの羽やグロウエッグを装備させ、
わざとブレイブブレイクしてエクスデスのブレイブを9999にし、マジックポットでコピーする。
デルタアタックによる事故を防ぐなら、フェニックスの羽も必須となる。
EXバーストで締めくくればなお良し。
【視聴覚室】
先生の正体が樹であることにかけて『伐採』とも呼ばれる

  • ところが、UT版では強さを最強にするとまさかのオルガカウンターを使いこなしてくるようになり、対戦難易度が上がった。
  • 磁場転換の判定強化も難化の一因だと思う。無印でも高ランクCPUの先生はHP攻撃ぶっぱをしっかり回避したりブレイブ攻撃も「普通の」ガードで弾いたり。そんな中、(クリティカルアップつきの)攻撃チャンスをわざわざ与えてくれる先生はクイックバトルおよびデュエルコロシアムのオアシス的な存在であった。

何故道場なのかは、スクウェアゲーでの稼ぎ場は昔から道場と呼ばれるから。
エクスデスもとうとう大先生の仲間入りを果たしたのである。
元祖はロマサガ3のアスラ道場、だと思われるが……どなたか詳しいソースを!

  • 名前の由来はロマサガ2にあった施設「技道場」から。
    ロマサガ2は「敵が強いほど技を習得しやすい」というシステムのため、通常より強い敵が出現する場所で技を荒稼ぎすることができる。
    このような場所を技道場にちなんで通称「○○道場」と呼ぶようになった。ロマサガ3アスラ道場もそのうちの一つである。
    つまりサガシリーズでは「技習得に便利な場所」という意味で使われていたのだが、
    FFでは技習得という概念がないため、「経験値稼ぎ場」が道場と呼ばれるようになってしまった。
  • 中盤は、全滅しても死なない閃きレベルの高い敵が用いられ
    終盤は閃きレベルがトップクラスの敵をうまく出現させて戦う手段が用いられる。

類似として、皇帝フレアをはね返すというのもある。
4人ほど実践しにくいが、エクスデス道場より効率がいい。

  • 単純にフレアを跳ね返しただけではLv100に届かず効率が悪い。
    結局何かの手段で9999まで溜めないといけないのは同じなので、
    フレアに当たってくれるまで待つ必要がある分、
    この方法はそれほど効率が良いとはいえない。
    • 皇帝のブレイブ依存だから、低レベルでもダメージを与えやすい、マジックポットを使わなくていいのが売りだろう。

クリア後であればガブラスも候補に挙がってくる。
EXモードにならない限りHP攻撃がない(追撃以外)ため、エクスデスより事故が少ない。


どちらにせよレベルを上げる方法でしかないので、アビリティは別に上げる必要がある。
AP稼ぎの方法としてはスペシャルデーにLv1最弱カオスに挑む方法がもっとも効率が良い。

  • ミッションにアビリティマスター関連が何個かあるからな…。

人にもよるだろうが、コツコツレベル上げを行った際と比べて達成感が激減するのが唯一のデメリットだろう。
愛着のあるキャラは気長に育ててやるのもいいかもしれない。

  • AP0のアビリティを大量に抱え込んでしまうことや、派生技を全く覚えてられないこともデメリットだと思う。
    レベルは同じなのに基本アビリティや派生技をつけまくったコロシアムCPUとの性能差は歴然たるもの。
    • レベルが高い方がCPが多いので、一気に100に上げてからの方がアビリティマスターの効率は断然良い。
      こつこつやったところで結局まともに戦えるまでには時間がかかる。
      実利的なデメリットは皆無とみて良い。

道場に入門したいが最強CPU相手は怖い…という人は、「強い:カスタマイズ」でやるのも手。
この場合も「スペシャルデー」「プレイプランでEXP×5」「尾・羽装備」など他の条件を揃えれば
マジックポットからのHP攻撃一発でレベル1から100まで上げることは十分可能。
「EXP×5」の回以外は、他キャラでAP稼ぎやアイテムドロップでも狙っていればいいだろう。

  • SPデー1.5倍+チョコボボーナス5倍+チョコボの羽+チョコボの尾、
    LV100+強い:カスタマイズ+9999ダメージを与えられればギリギリで100まで届く。
    SPデーのEXPボーナス2倍はデスティニーオデッセイを全員クリアしないとカタログに出ないが、
    これならクリア前でもなんとかなる。尾は60戦頑張れとしか言えない。
  • というわけで、以下のようにするとうまくいく。
    1.EXP5倍じゃないときはLv1カオスかLv1先生を処理してAP稼ぎ
    2.EXP5倍になったらLv100先生相手にLv100にする

DDFF Edit

エクスデスのCPU自体がUT版同様(それ以上に?)異常に強く、もはや道場ではなく修羅場と化した。
その強さは道場時代のエクスデスが懐かしく思えてしまうほど。
エクスデスは、プロログスの段階でその強さに畏怖したプレイヤーから
「エクスデス先生」改め「教官」「軍曹」と呼ばれるようになった


道場は封鎖されたのではなく方針が変わったのだ。


DDFF発売を記念して2011年2月23日からPlayStation Storeで配信された『ディシディア デュオデシム ファイナルファンタジー 発売直前カウントダウン 女子会スペシャル!!』の番組内でもレベル上げに使わせてもらったと取り上げられた。


Lvを上げたいとき ふしぎなツボを使ったり
なにかはじき返したりするよりも
今回は パーティーバトルを活用するといいよ
ひとりが戦えば パーティー全員にEXPが入るの
みんなで力をあわせて強くなるって 素敵だよね!
                      BY リナリー

開発側もユーザー間で広まった道場を認知していたようである。
今回ヘルプやモグネットに前作のユーザー間で広まった話題に対してのメッセージが多く含まれており、これもそのひとつ。


前作でもそうだったが、「ガブラス道場」が使える。
今作では、パーティーバトル5人でガブラスを使って経験値を稼ぐ事が出来る。
まとめて育成することができるので、効率がいい。

  • EXにならない限りHP攻撃が来ないと思っていると、アシストの攻撃でウボァーする罠。

1.オリジナルルールで追加ブレイブを-100にする。
2.パーティバトルを選び、実際に戦うキャラクターのLvを15〜70くらいにする(初期ブレイブを9999にするため)。
3.対戦相手を「Lv90〜100(お好み)」「最強」「慎重」にする(あまりにレベルが高いと相手のHPが10000を超えやすくなる)。
4.初期ブレイブが9999のため、HP攻撃を当てれば即ウボァー(相手のHPが4桁に限る)。
これでパーティに1回10000以上の経験値が。

ちなみに自分はプレイヤーに皇帝、
相手はLv95の皇帝、ガブラス、エクスデス、ジェクト、ガーランド(後ろ二人は適当ですが)、
ステージはパンデモニウムにし、基本いんせきぶっぱ。
発動すればよほどのことがない限り当たるし、コツさえつかめば発動も楽なのでお勧め。

…ってここに書いていいんだろうか。

バトル/【オリジナルルール】
バトル/【パーティーバトル】?

  • 個人的に、上記の方法(のうち、パーティーバトルで操作キャラ以外にも経験値を与える方法)はレベル上げにはあまりオススメしない。
    そのキャラクターを操作する経験値が「プレイヤーに」全く入らないからだ。
    とはいえ、上記のオリジナルルールを使用した方法は、レベル上げ以外にも使い道がある。「レベル100の相手を一瞬で倒せる」ため、アイテムドロップを狙ったり、金稼ぎしたりするには非常〜に便利、

今作はマイカードのインポート・あるアクセサリのおかげで99%安全確実なガブラス道場が実現できる。
そのアクセサリとはスタンドバイミー
これを着けるとEXチャージ含めてEXゲージが一切溜まらなくなってしまう
つまり、追撃失敗時の反撃HP攻撃以外、ガブラスは一切のHP攻撃が不可能になってしまう。
EXチャージと適当なHP攻撃だけをセットし、アシストを無しにしたゴーストを作ることで究極カモラスの完成である。

  • トレーニングリングも装備させれば、さらに安全になる。
  • 「EXコア」だけは吸収できるが、肝心のEXゲージは上昇しないのでやっぱり無害。
    • 例外として、デスペラードカオス+EX封印無効だとアビリティが優先されてコア吸収でゲージが増える。
  • マイカードのインポートを使うことが前提ならHP攻撃にミールストームのみをセットした先生で十分。足の遅さは相変わらずなので今でも先生は先生である。

レベルを上げたいだけなら、知られざる物語に育てたいキャラを連れて行くだけでも結構稼ぐ事が出来る。
もちろん、ストーリーがそこまで進んでいる事が前提。稼ぎなどで頻繁におとずれる事もあるので、その時がチャンス。

  • その知られざる物語で登場するアシストエクスデスに話しかけると、まさしく前作での道場をネタにしたかのような話をしてくる。
    曰く「みんなわしを何だと思っておるのだ…」だそうな。