Top > システム > 【S.O.】
HTML convert time to 0.001 sec.


システム/【S.O.】 の変更点


 *&color(blue){FF零式}; [#FF0]
 「スペシャルオーダー」の略。
 [[ドクター・アレシア>キャラクター/【アレシア・アルラシア】]]が0組の身体能力テストとして、「作戦中」に提示してくるミッション。
 魔導院でS.O.のオンオフができる。面倒だと思ったらオフにするといい。
 S.O.には何度も出てくる白いミッションと、その時しか出てこない赤いミッションの二種類ある。
 受けなくてもOKだが、受ければ何らかの有効ステータスが付加され、成功すればアイテムが入手できたりする。
 白いミッションは成功しても何も入手しないこともある。
 赤いミッションは成功したらその場でしか手に入らないアイテムを入手する。
 -マルチプレイ時はホストが白いミッションをゲストに転送することができる。
 その場合ゲストに緑色のミッションが転送されて、ゲストはそれを&color(Red){受けなければならない};。(拒否できない)
 成功するとSPPを入手できるが、失敗するとやはり即死魔法陣が出るのでホストはよく考えて転送すること。
 即死=作戦失敗なので無理なS.O.を転送されるとゲストが非常に困る。
 
 失敗した際は操作キャラの足元に魔法陣が出て、[[死亡>バトル/【しぼう】#FF0]]させられてしまう。
 一応回避できるが、3回出現するので失敗したと思ったら回避し続けること。[[アボイド>魔法/【アボイド】]]では回避できない点には注意。
 エリアを変更するとキャンセルされる。
  
 S.O.の何が厳しいかといえば失敗で死亡することだが、そもそも達成不可能の時に来ることもある。
 また時間がかかるS.O.(3分間生き残れなど)は、クリアタイムに支障がくる。
 S.O.クリア回数で、作戦クリア時に入手するアイテムが変わる。
 -味方の動きにも注意。味方が強すぎたり弱すぎたりすると思ったら作戦そのものを自分一人で受けるのも手。
 強すぎる場合だと投降兵からアイテムを徴収するミッションで雑魚が全滅してたり…。
 逆に味方がいないと達成不可能なものもあるので注意。
 -因みにこの魔法陣は即死効果+9999固定ダメージで、アクセサリで即死を防いでも意味はない。
 ----
 高低差があれば魔法陣範囲にいても大丈夫…だったような気がする。
 階段に逃げたら死ななかった。
 -陣の出現時に足などが付いてなければ大丈夫。
 魔法陣が平面のためか、坂を登るだけで回避できる。
 -[[回避>バトル/【回避】#FF0]]の[[無敵時間が延びている>アビリティ/【回避ガード】]]だろう終盤になると、失敗しても回避しているだけで
 割と死ななくなる。
 --ヘイスト状態になっている時は、移動しているだけで余裕を持って回避できる。
 ルシ時のマキナが特殊S.O.「クリスタルの使命」を失敗しても慌てる必要はない。
 ----
 承諾した時点から回数判定や制限時間が始まるので、
 場合によっては確実な成功が見込めるまで、
 あるいは接敵直前まで承諾を待つことも重要。
 ----
 ペナルティの死亡はゲーム的なリスクとしてなのだろうが、
 重要作戦中にむざむざ戦力を捨てるような行為は理解し難いものがある。
 というかその遠隔即死魔法陣を敵に使ってくれと(ry
 -受けなくてもいい、という辺りホントにテストみたいなものかも。
 ただ体験版のミッション4みたいにS.O.受けるが前提みたいな状況もある。
 -これはドクター・アリシアの設定を飲み込めばそれほど疑問がない。
 ----
 赤いS.O.はなるべくセーブ・ロードが効く初回に受け、できるだけ多くクリアしたい所。
 しかし[[本来倒せるわけがないほど>モンスター/【シンリュウ】]][[強いモンスター>モンスター/【番外者アッカド】]]を倒すS.O.などは初回ではあまりにも無謀である。
 まずは1週目でどんなS.O.があるか把握し、タイトル画面の「作戦」で取りに行く手もある。
 まずは1周目でどんなS.O.があるか把握し、タイトル画面の「作戦」で取りに行く手もある。
 ただし失敗時のやり直しが面倒くさい作戦は途中でセーブできるストーリー中でこなしておきたい。
 もっとも、コード【クリムゾン】のミッション及び実践演習ではレリックそのものがないが。
 ----
 赤いミッションの報酬は武器、魔法、軍神など貴重なものも多い。
 命を賭けて挑戦する価値はある。はず。
 -上述した通りメニューの「作戦」項目で同じミッションをもう一度受ければ、
 S.O.ももう一度挑戦できる上クリアすれば専用アイテムを入手できるので、
 見逃してしまったからといって「次の周回までお預けか」と絶望することはない。
 
 なお、同じ作戦で同じS.O.を成功させた場合はその赤ミッションの報酬はエリクサーになる。
 いつの間にか99個になってることも。
 ----
 性質上、作戦評価Sを狙っている場合は自ずとこれを無視することになる。
 長時間待つ必要があるものもあり、クリア時間の評価が犠牲になるからである。
 ただし物によっては評価と両立できる場合がある。(「○○分耐えろ」などは無理)
 逆にとにかくS.O.を達成したい場合は評価を犠牲にしなければならない。
 とはいっても、余裕で達成可能なものもあるので利用できる時は利用したほうがいい。
 ----
 似たものに「[[シド>モンスター/【ルルサスのルシたる審判者】]]の審判」というものがある。こちらは成功するまで発生し、
 成功しない限り先に進めないものとなっている。失敗すると操作キャラが確実に死ぬ。
 最後の一回は[[個人的な理由で>セリフ/【つまらん!】]]どうあがいても失敗となってしまう。
 &size(7){なお、内部ではS.O.と同じものとして扱われているようだ。};
 &color(White){失敗したときに「S.O.失敗」のテロップがでて非常に萎え、任務完了時のS.O.クリア回数報酬で最高に萎えた。};
 ----
 エリア移動するとS.O.はキャンセルされるが、ステータス付与効果は得られる。
 無敵、耐える、消費MP0、ヘイスト等使える効果が多いので、エリア移動直前に受けるのもあり。とりあえずONにしておいて損はない。
 ----
 「○分間死亡するな」はある意味ノーリスクのS.O.と言える。
 (失敗=既に死亡している為、即死魔方陣が意味を無さない)