Top > 幻獣 > 【チョコボ&モーグリ】
HTML convert time to 0.002 sec.


幻獣/【チョコボ&モーグリ】 の変更点


 #contents
 
 *&color(blue){FF7}; [#FF7]
 [[ミッドガル>地名・地形/【ミッドガル】#FF7]]から東のほうにある[[チョコボファーム>地名・地形/【チョコボファーム】]]で、
 チョコボ達の踊りを見物すると手に入る召喚マテリア、および同マテリアで召喚できる召喚獣。
 FFのマスコット的存在である[[チョコボ>キャラクター/【チョコボ】#FF7]]と[[モーグリ>キャラクター/【モーグリ】#FF7]]がセットで登場である。
 FF7ではストーリー中にモーグリは出てこないので([[ケット・シー>キャラクター/【ケット・シー】#FF7]]のやつは人形)、
 モーグリの姿を見ることができるのはこの召喚だけとなる。
 消費MPは14で、[[召喚魔法>魔法/【召喚魔法】#FF7]]は通常時は「[[必殺技!!>特技/【必殺技!!】]]」、1/16の確率で「[[デブチョコボ>特技/【デブチョコボ】#FF7]]」が発動する。
 -一応ミニゲームの[[モグ・はうす>ミニゲーム/【モグ・はうす】#FF7]]にもモーグリは登場するが、これも画面の向こうの存在。
 生モーグリ(?)はこの召喚によるものだけだろう。
 -ケット・シーのリミット技「スロット」の「[[モーグリダンス>特技/【モーグリダンス】#FF7]]」にもモーグリが出てくる。
 ----
 「必殺技!!」「デブチョコボ」共に、通常版では無属性。
 -インタ版でも召喚時の攻撃自体は無属性。
 --↑一部誤りあり。[[下記>#FF7INT]]にて補足
 ----
 中身はチョコボに乗ったモーグリがチョコボごと敵に突っ込む、というもの。
 「BOOM!」の文字とともに衝突した後モーグリは星を飛ばし目を回してしまう。
 まさかチョコボごと体当たりさせてたとは・・・よっぽどかわいそうな召喚獣だな。
 ----
 あまり知られていないが、何気に[[ストップ>バトル/【ストップ】#FF7]]の追加効果がある。
 -これに関しては(解体真書がやたら推奨しまくったお陰で)有名な方じゃないか?
 -序盤から手に入り、何気にそこらへんのボスにもストップは普通に効くので、非常に役立つ。
 [[ついかこうか>アイテム/【ついかこうか】]]と併用するのも良いだろう。
 -防具についかこうかと[[じかん>アイテム/【じかん】]]を組み合わせる場合はストップと[[スロウ>バトル/【スロウ】#FF7]]両方に耐性が付く。
 補助魔法を長時間維持するためにスロウを活用したい場合はこちらを活用すると良い([[ふういん>アイテム/【ふういん】]]でも同じことができる)。
 ----
 手に入れた時点では雑魚敵のほとんどを一掃可能な威力を秘めており、とりあえず装備しておくべきと言える。
 -「敵にトドメをさす」形でのリミット技習得が一気に効率的になる。これを入手するタイミングなら、各員がLv2習得まで交代で使うのがいいだろう。
 ----
 「MPきゅうしゅう」と組み合わせれば、敵の数によってはMPを回収できる。
 ストップできたり、必要APが少ないからすぐに3回ぐらい使えるし、なにより召喚ムービーのなかで見てて飽きない。
 ----
 「デブチョコボ」の召喚ムービーは全召喚獣の中で最も演出が短い。その次に演出の短い技は「必殺技!!」である。
 ----
 入手できるのはメテオ前限定。
 取り逃さないように。
 -
 インターナショナル版では、メテオ後でもチョコボを捕まえて柵の中に2匹以上いる状態にすれば
 チョコボに話しかけることが出来るのでいつでも入手できる。(無印版での検証求)
 **&color(blue){FF7(INT版)}; [#FF7INT]
 インターナショナル版では風属性。
 通常版にて風属性の攻撃手段があまりにも少なかったため、そのフォローのためとされている。
 -補足:
 マテリア自体に風属性が付加。また、[[必殺技!!>特技/【必殺技!!】]]も風属性。
 一方[[デブチョコボ>特技/【デブチョコボ】#FF7]]は無属性。
 結構設定が細かい。
 
 
 *&color(blue){メビウスFF}; [#MFF]
 サポート系アビリティカードとして「チョコボ&モーグリ:FFVII」が登場。
 アビリティは「[[(プチ)ライトシフト>アビリティ/【ライトシフト】#MFF]]」。
 2016/11/7にフェアウェルされ、カード召喚のラインナップから外れている。