Top > キャラクター > 【バッシュ・フォン・ローゼンバーグ】
HTML convert time to 0.017 sec.


キャラクター/【バッシュ・フォン・ローゼンバーグ】

Last-modified: 2017-09-17 (日) 14:53:06

FF12 Edit

ダルマスカ王国の元将軍。36歳。
その実直で正義感の強い性格と、平民出身からの登用ということもあり、民から絶大な人気を誇っていた。
ランディス共和国出身で、祖国が帝国に占領された後は国を出た。
アルケイディア帝国ジャッジマスターガブラス(=ノア)は双子の弟。
国は滅び、母が病死したことでガブラスの怒りを買い、それをヴェインに利用されることになる。
そのガブラスがバッシュに成りすましダルマスカのラミナス国王を暗殺したため、表向きは国王殺しの重罪人として処刑されたものと発表されていた(実際はナルビナの牢獄に2年間投獄されていた)。
縁あってヴァン達と行動を共にしアーシェを支える。
 
ED後は弟の遺志を引き継ぎガブラスとして生きる道を選択、ラーサーに仕える。


その真面目すぎるキャラゆえか、いじられやすく2ch内では童貞説や同性愛ネタに使われやすい。

  • 誠実と廉直の見本のような彼が、なぜ弟と病気の母を置き去りにして亡命という行為に走ったのか?
    • 自分可愛さに家族を見捨てた罪の意識で真面目人間に、とか。
      もしくは不幸な偶然が重なったとかじゃないかと。
    • 漫画版では「あの時の自分は若かった」と言っていた。
      • アルティマニアによると帝国に降伏する屈辱に耐えられず対抗手段を求めて出奔するがその間に国が滅んだらしい。
    • 家族に対してはご尤もだが、国に対してまで責任を求めるガブラスから鑑みるに、平民とはいえ有力者な家門だったのだろうか?
      • 「フォン」が付いてるから元貴族かと。平民なのはダルマスカに渡って来てからのことで。
  • 片っ端から重荷を掻き集め背負ってしまう損な人。彼の名誉は結局、回復していない。
    • 回復させるには帝国の悪事をすべて晒さないと…それをやってしまうと和平どころではなくなってしまう…。

表向きの歴史の上(ゲーム本編中)では、彼は死者である。アーシェはEDで「生存が確認され、歴史の表舞台に返り咲いた」が、バッシュは死者のまま。反逆者のまま。


メインキャ6人の中で唯一恋愛イベントの無い切ない人ではあるが、もともとこのお方が主人公として製作されていたためか、ウォースラレックス、ガブラスなどとのイベントでは大いに活躍するため、誰も馬鹿にしない。

  • 当初の予定通り彼が主人公だったらどんな展開になっていたのかも見てみたかった。

声優は小山力也氏。
弟であるガブラスを演じた大塚明夫氏からは
「力也が弟をやることのほうが多いから不思議だった」とのこと。


ミストナックは「闇と暗黒の衝撃」、「紛れ無き終焉」、「百鬼・烈日の破邪」。


バトルアルティマニアによるとチュートリアルのバッシュはなんとセーフティを所持している。将軍の名は伊達じゃない。しかし、2年後には消滅している。投獄生活のせいであろう。


バルハイム地下道で一時的にゲストメンバーとして加わる。しかし南北連結路で装備を手に入れるまでは見た目通り何も身につけていないので、全く戦力にならない。そのくせ道中の敵に手当たりしだいに喧嘩を売っては返り討ちにされる。ゲストメンバーの存在に最初に不安を抱く瞬間である。それでも、身体を張ってヴァンを守ったようで、彼無しでは地下道突破は出来なかったようだ。

  • 後の弟ではないが、素手の時は文字通り「剣にも盾にもなれん奴」である。
  • 手当たり次第に喧嘩を売るのは「盾くらいにはなるだろう」と言われたのを実践したのだと思うが。
    • 正直、二年も投獄されてたんなら、筋力落ちてて普通に歩けるの?栄養状態最悪なのに大丈夫じゃねぇと思ったもんだが流石ゲーム、歩けたが喧嘩売りまくるたんびにイラッとした。あんたのいまの状況(二年の投獄で筋力落ちてるだろう現状と、装備品なしでモンク僧でもない)わかってるのか!と。
      いい人だし12の中では一番好きなんだが、最初の印象は「大丈夫かこいつ?」だった。
  • 上記の通り、ゲストメンバーとして加入した当初はほとんど戦力にならない。
    そのくせ経験値だけはしっかり差っ引かれるので死んだら放置でいいし、いっそパーティアタックで殺してしまってもいいくらい。
    二番目のセーブクリスタルのあるフロアで装備を手に入れた後は俄然頼りになってくるが、そこまで行くのが意外と長いのだ…。

前衛型として活躍できるタイプ、盾役として扱う場合はマインゴーシュを装備可能にさせておくと良い。


ちなみに彼、女物の子供服を着ている。しかもフリル付き。

  • これはダウンタウンで着替えた際、解放軍の中で集めた余り物の服を再利用したから
    (防具が片腕だけなのもこれが理由)。
    • 買ってやれよ…と思った貴方。イヴァリースでは布は貴重なのです。
      けして彼が苛められている訳でもないし、彼の趣味と言う訳でもありません。
  • シャツの前がはだけているのは閉まらないせいか。

衣装のバリエーションがシリーズのなかでも特に多く(5や10-2は除く)、ムービーのものも含めると12本編だけで6種類ある。(しかも髪型もその都度変えている。)
しかし、どの衣装も鎧だったり、つぎはぎだったりと普通なものがない。

  • ダルマスカ軍の甲冑(OP) ナルビナ地下牢獄の囚人服 バルハイム地下道で剥ぎ取った防具 ビュエルバ警備兵の防具(正装) ジャッジ・ガブラスの鎧(ED) ランディス時代の防具 うーん、たしかに多い…。

ドラクロア研究所では、レダスに斬られそうになる。

FF12RW Edit

アルケイディア帝国の「ジャッジ・ガブラス」として登場。ラーサーを守るべく、共にレムレースに行く。
仲間内では普通にバッシュ呼びされ、ステータスなどの表示もバッシュ。
やはり騎士と言うべきか守りの技が多く、打たれ強いので使いやすい。
ジャッジの鎧を着ているが兜は外し、顔を出している。


ランディス出身。37歳のヒュム族。
バハムート戦役から一年、双子の弟の遺志を継ぎジャッジマスターとして責務を全うしている。
またバッシュとしての名誉挽回より平和を選んだ英雄として、元・解放軍の男達から密かに尊敬されている。


バッシュが存命していることは各国の上層部やヴァン、バルフレアらしか知らないはずだが、
カイツフィロはなぜ彼の存命を知っていたのだろうか。ヴァンが教えたとすれば重罪になりかねない事態である。

  • 前科があるからなあ。
  • 前作で弟分として交流のあったカイツにだけうっかり教えてしまったのだろうか
    フィロはカイツ伝手に知ったのだろう。

HP・力・活力を中心に伸びる攻守共に優秀な近接タイプ。守りに長けたステータスなので最前線で活躍できる。
また強力な範囲攻撃を習得しているため、うっかり敵に囲まれても一気に殲滅出来るのも魅力的なユニット。
移動速度が遅いためヴァンのようにすぐ敵の懐に入ることはできないが、HPを使ったティルフィングの一撃も強力。
習得しているプロテガシェルガは各種ステータスを1.4倍上げる心強い魔法、状況に合わせて使いたい。
なお沈着の堅守とは重なるが、ブレイブダンスヘイスガとは重ならないため消し合わないようにしよう。
ミストナックはバッシュチームのユニットを数秒無敵にするというもの。全チームでは無いため注意。


ヴァンと同じ近接タイプだが、素早さが低い代わりに力と体力が高い。
アビリティも防御に関するものが多く、まさしく「盾」に相応しい存在。
ただし移動速度が遅いため置いてけぼりになりやすいのが欠点。

FFRK Edit

FF12出身のキャラクターとして登場。ジョブは「旧ダルマスカ将軍」。


初期必殺技は「騎士の気骨?」。
プラチナシールドを装備することで専用必殺技「不屈なる修羅の盾
ゴールドアックスを装備することで専用必殺技「闇と暗黒の衝撃
ディフェンダーを装備することで超必殺技「紛れ無き終焉
ホーリーランスを装備することでバースト超必殺技「シャイニングレイ
セーブザクィーンを装備することでオーバーフロー超必殺技「義剣の一閃?
蠍のしっぽを装備することで超絶必殺技「光と紅蓮の衝撃?
を使用できる。
また、バッシュのグローブ?にレジェンドマテリア「ダルマスカに捧ぐ忠心」がついている。

メビウスFF Edit

FF12とのコラボカードで「バッシュ:FFXII」が登場。
火属性の戦士系アビリティカードで、アビリティは「百鬼・烈日の破邪」。

いたストポータブル Edit

コインで買ってから登場するキャラ。ランクB。
堅実家で、割と人のことを気にせず店を大きくする。
真面目さ故かメンバーでは少し浮いている、だがギャグにも見える時がある。
優勝賞金は特に言っていないが、アーシェのお供としてツィッタチョコボを買いたいらしい。

FFBE Edit

FF12より、ガブラスと同時に実装ガチャの目玉キャラとして登場した。
役割は壁&デバフ。


他キャラに対する物理攻撃と魔法攻撃を防御状態(被ダメ軽減)でかばうアビリティをそれぞれ習得する。
が、FFBEの仕様上両立できず、後に使用したもののみ有効。
被弾した際に確率で、物理攻撃に対してはHPを回復、魔法攻撃に対してはMPを回復するアビリティを習得する。
発動率も回復量も比較的高く、HP回復に至っては8000ほど回復する。
これはよほど装備でHPを盛らない限り全快するレベル。
デバフ倍率も実用の範囲であり、前述の性能もあって評価は非常に高い (2017年9月現在)。