Top > アイテム > 【MP吸収】
HTML convert time to 0.006 sec.


アイテム/【MP吸収】

Last-modified: 2018-06-10 (日) 04:59:20

FF7 Edit

支援マテリアの1つ。表記は「MPきゅうしゅう」。
組にしたマテリアによるアビリティで対象にダメージを与えると、その値の1/100だけ自分のMPを回復する。
(対象の残りMP<与ダメージ/100であった場合、対象の残りMPと同値だけ自分のMPを回復)

  • マテリア名から誤解を与えがちだが、アビリティの対象からMPを吸収しているわけではない。
    あくまでも組にしたマテリアのアビリティで発生したダメージに対して使用者のMPを回復しているだけである。
    ターゲットのMPが減らないので一目で分かる。

魔法マテリアと組み合わせて擬似アスピル、「ひっさつ」・「ぶんどる」と組み合わせて擬似ソウルセイバーが作れる。
マスターコマンド」と組にすると、「たたかう」「アイテム」及びその派生コマンド(Wアイテム等)にも効果を与えられる。
ただし、「ケアル」などでHPを回復したり対象に属性攻撃を吸収されたりすると、逆にMPが減るので注意。
単発のダメージだと回復量は微々たる物だが、
ナイツオブラウンド」と組にして使用すると、攻撃回数の関係で消費MP以上のMP量を回復できる。

  • それはターゲットと状況にも依る。残りMPが極端に少ない敵に対して使えば赤字にもなり得る。
    まぁ、相手をちゃんと選んで使えば良いだけの話だが。

入手先はウータイ・道具屋の宝箱。
ユフィ逃走中は入手直後にユフィに盗られてしまい、ラプスを倒してユフィが反省(?)するまで返して貰えない。

  • ちなみにこの宝箱はイベントで開けるだけで、イベント開始のフラグが立たないと開けることすらできないため、
    ディスク3までイベントを放置するとイベント自体が消滅し、入手不能となる。
    地味に他に入手法のない一点ものなので注意。

全体魔法攻撃と相性が良い。特に、召喚マテリアやアルテマと組み合わせるとMPをだいぶ回収することができる。雑魚を一掃する場合は召喚回数やMPの問題をさほど気にせずに連発できるようになり楽。もっとも、召喚魔法は雑魚戦で使うにはエフェクトが長いのが欠点だが…。


マスターコマンドと組み合わせる場合は、MP依存の武器よりもHP依存の武器と併用したほうが相性が良かったりする。
HP依存は回復魔法によりMPをHPに換算でき、HPが回復すれば火力が増加しMP吸収の効力が増える。
MP依存はHPを有効活用できないため循環できず、たたかうによるMP吸収では必ず火力が減った状態でしか行えない。
前者は2ターン必要であるため必ずしも有利ではないが、HP吸収でほぼ同条件になる。
まぁこれはMP吸収のマテリアというよりもMP依存の武器の欠点ではあるが・・・。


最高売却額は1ギル。
レベル2(AP100000)でMASTERとなる。
能力値補正は特にかからない。
これらは対となるHPきゅうしゅうと同様。

BCFF7 Edit

武器に装備すると、敵に与えたダメージによりMPが回復するマテリア。
14章・19章のエピソードを任務遂行度Sでクリアすると貰える(HP吸収マテリアとの2択)。
辞退が出来ず強制でどちらかを貰わなくてはいけなくなるため、欲しくてもマテリアがいっぱいだと
既に持っているものを捨てなくてはならなくなる。
貰うのを諦めるにしても、再入手できない上にチャンスは14章と19章の2回のみ…。
Sクリアは計画的に
ちなみに、武器に装備しなくてはならない=攻撃力が下がる、ということなので使い勝手は悪い。
だが上記のようにレアなマテリアなため捨てるに捨てられず、プレイヤーを悩ませるマテリア。
装備枠を考えると邪魔だが、魔法使用分の端数を稼いだりウェポンモードでは便利。
MP量は低いが、攻撃力は最高ランクの刀(男)格闘(男)なんかと相性が良い。