Top > アクセサリ > 【皆伝の証】
HTML convert time to 0.005 sec.


アクセサリ/【皆伝の証】

Last-modified: 2018-05-16 (水) 15:14:59

特技/【皆伝の証】


FF6 Edit

バトル中に「たたかう」を選択すると4回連続攻撃(対象はランダム)できるアクセサリ。
つまり、FF5などに登場する「みだれうち」と同様である。
ゲーム中で入手できるのはサムライソウルがドロップするたった一つのみ。
なお確実に「たたかう」の物理攻撃がヒットする機能も追加されるので、
回避率がバカ高いサボテンダー狩りにも有効。
ブラックベルトと併用した場合、反撃も乱れ撃ちとなる。コロシアムで物理攻撃メインの敵と戦う際に有効。


『必中』機能付きなので有用なものの、
ターゲット指定が出来ないし、一発あたりの威力は半減する。
オリジナルコマンドも物理攻撃系では同じく威力が半減するので、相性は良くない。

  • FF6は与ダメージがオーバーフロー気味だし、4連続攻撃できるだけで十分。
    それにスナイパーアイの存在価値が見出せて良いと思うしね。
  • ターゲット指定こそできないが、実は攻撃中に敵のHPが0になると、その敵を避けて残りの生きている敵を優先的に狙う。
    そのため、前作のみだれうちでしばしばあった「複数いるのに1体に集中攻撃する」こともなくなったため、扱い易さはかなり良くなっている。
    それに、そもそもこの作品は与ダメージが有り余りすぎているので、半減したところで大して影響はなかったりする…

源氏の小手との併用で脅威の8回連続攻撃が繰り出せる。
また、前作と違い、右手と左手で違う敵を攻撃することがある。
テュポーン大先生からエリクサーを頂く際にはよく利用される。


竜騎士の靴のようにコマンドが変化するのではなく、「たたかう」そのものが拡張された能力になるのがミソ。
そのため「ぶんどる」で4回攻撃、ブラックベルトのカウンターも4回攻撃、バーサク物理攻撃も4回攻撃と、
前作5の乱れうちよりも高性能な面もある(反面、防御力無視機能はないが)。

  • 本作は防御力がダメージに及ぼす影響度合いが非常に大きいため、前作の方が優れた面もある。

ダイスイカサマのダイスバリアントナイフアルテマウェポン等との組み合わせが効果的。

  • いずれも対象の防御力に影響されない武器である。

レオ将軍のデフォルト装備でもある。
イージスの盾と一緒に譲って欲しかったと思うのは自分だけではないだろう。

  • このアクセサリをつけるのは大抵ロックセッツァーだから
    2個あるとすごく都合がいいんだよねぇ

売値は1ギル。
コロシアムに賭けてもしょうもないアイテム扱いなので、大先生がおでましになる。


勿論ウーマロも装備可能。但し、必ず4回ぶん殴ってくれるとは限らない。

FF6(GBA版以降) Edit

GBA版では追加されたEX連戦バトル「魂の祠」でサムライソウルが出てくるので、
入手機会も失われず、かつ複数個入手可能。


魂の祠では、他にもアンラックズ(黄色)からかなりの低確率で盗むことが可能。
サムライソウルは低確率で別モンスターと入れ替わることもあるため、アンラックズを狙うのもアリ。
といっても、アンラックズ(黄色)は状態異常技のオンパレードのため、セーフティビットリボンが必須。
それでも誘惑愛の宣告が防げないという難儀な仕様な為、他色型と比べてもかなり戦いづらい…。