Top > アビリティ > 【アストラルフロウ】
HTML convert time to 0.003 sec.


アビリティ/【アストラルフロウ】

Last-modified: 2018-07-12 (木) 20:25:14

FF11 Edit

召喚士のSPアビリティ。
3分間の間、「召喚獣の維持に要するMPがゼロになる」「召喚獣に『究極履行』と呼ばれる特殊な技を出すよう指示できるようになる」「条件を満たしている場合オーディン召喚、アレキサンダー召喚を詠唱出来るようになる」効果を得る。
また、Lv99以降の強化で、アストラルフロウ中に呼び出した召喚獣のステータスをアップさせる効果も得られる。


「究極履行」はシリーズおなじみの技が揃っており、火力も十分であるため召喚士の切り札としてふさわしい性能。
ただし、「発動に『召喚士のLv×2』のMPを消費し、さらに使用するとMPが0になる」という莫大なコストがかかる。
なお、後年アストラルパッセージが追加され、瞬間火力ではこちらの方が上回っているため、究極履行の影が薄くなりつつある。


詳細はこちら→アストラルフロウ

PFF Edit

幻術師のジョブアビリティ。
召喚魔法のチャージが15%減少する。
これを覚えたキャラに幻術師の秘伝書を装備させると、アビリティが「アストラルパッセージ」に変わる。


基本チャージ数を減らすアビリティで、ターンごとに減らすウィザードブレスと併用可能。
そこまでする必要は正直ないのが実情。
ウィザードブレス自体が入手しづらいのもある。