Top > アビリティ > 【基本技】
HTML convert time to 0.006 sec.


アビリティ/【基本技】

Last-modified: 2018-04-14 (土) 14:33:43

FFT Edit

見習い戦士のジョブコマンド。
石を投げたり延々と溜め続けたりと何が基本なのかは突っ込んではいけない
メインキャラクターの場合は更におまけが付く。ガッツの項を参照されたし。

Jp攻撃力射程(高さ)範囲(高さ)備考
ためる300---自分自分物理ATを1上昇。重ね掛け可能。
体当たり80物理AT×(1~4)1(1)1ノックバック率20%。回避不能。
投石90物理AT×(1~2)41ノックバック率20%。直線軌道。
手当て150---1(2)1暗闇・沈黙・毒解消

手当てなどは滅多に使わないが、体当たりや投石のノックバックは便利なことがある。
(ベスラ水門のレバー役を動かす、高台にいて盗めない敵を落っことして盗むetc1)
しかしやはり一番の重要スキルはためるだろう。無力化した敵を尻目にためまくれば楽々経験値稼ぎが可能。
他の稼ぎ手段と比べても、エフェクトが短い、対象指定不要、高さなどの調整が不要、入力が楽など利便性に優れる。

アルガスバージョンは名前は同じだが、ヘッドブレイクアーマーブレイクが覚えられる。

  • 確実にノックバックできるアビリティがあればよかったのにな。相手を高台から落としてダメージ与えたり強制的に相手をチャージ対象のマスに移動させたりと戦略性が増したのにな
    • 体当たりはともかく、遠距離攻撃できる投石が確実にノックバックするのは強力すぎるので自重されたのでは。
      前身でも100%ノックバックは威力の低い近接攻撃のみ、それも相手より装備重量が重くなければ不可能だった。

⇒【アビリティ詳細