Top > キャラクター > 【ヨーゼフ】
HTML convert time to 0.009 sec.


キャラクター/【ヨーゼフ】

Last-modified: 2018-03-12 (月) 00:02:04

FF2 Edit

FF2序盤に登場。【のばら】と言ってもまだ疑っているヒルダ様の部下。
のばらの項を見る限りその判断の方が正しいかもしれないのがとても悲しい。
モンクに似た風貌をしており、得意武器も見た目を裏切らず、素手
パーティーにいる時期は短いので、わざわざ魔法を覚えさせたり他の武器を装備させる意味はあまりない。
とりあえず素手で攻撃させておけばそれなりの戦力となってくれる。
シドといいこの親爺といいリチャードといい、実はFF2は、若造が幅をきかせることの多いシリーズには希少な激しいまでの頑固さ、意志の強さを持つ親爺が数多く登場する、稀有な親爺ゲーでもある。親爺よ…

  • おやじ おいて いけない

フィン北部の町サラマンドに住む反乱軍の協力者。
フリオニール達が最初に協力を求めた際には、町の男達を人質に取られていたため協力に応じることができず、あえてフリオニール達を試すような態度を取った。
フリオニール一行がサラマンド住民を解放して以降は本来の男気ある性格を見せ、恩義に報いようと全力で彼らの任務をサポートする。

禿頭、素手、男気、と非常に濃い個性を持ちネタキャラとして扱われがちだが、散り際の男らしさ・格好よさはネタだけでは済まないガチである。

  • 直接には町の男達じゃなくてネリーだよ。
    いいおとこ的な意味合い付けるんじゃないw

因みに初期装備の一つは何故か「にんにく」。
対アンデッド用のアイテムではあるが、わざわざ持ち歩く辺り、何とも意味深である。

  • モンク=僧兵だからな。十字架辺りも持っててほしいところ。

あと、この親爺も金の髪飾りは装備出来るのだが、一体どのへんに飾っているのかが非常に気にかかるところ。
仲間になった時はすでの熟練度が2しかないと言うヨーゼフだが岩を持ちこたえる力はあるようだが、レイラの方が初期熟練度が5もあるのはヨーゼフの扱いが可愛そう。

  • レイラのナイフと剣の熟練度が5になったのはGBA版以降(弓は熟練度4)。
    PS版まではどちらも熟練度2(弓は1)だった。
    ヨーゼフ(とミンウ)は序盤加入のため、リメイク後も初期能力を調整(強化)されなかったのだろう。

ボーゲン伯爵の罠により転がり落ちる大岩を身を挺して食い止め、フリオニール達が避難する時間を稼ぐも、直後に力尽きてそのまま岩の下敷きになるという壮絶な最後を遂げるのだが、FC時代はハードのスペック上グラフィック、演出共に不十分だったため、効果音を付けるとしたらせいぜい「ぺしゃっ」くらいが妥当のうすら情けない死に様である…
WSC版以降は1キャラ分の大きさしかなかった岩のグラフィックは巨大化し、力尽きた後の演出も説得力のあるものに改善された。


実質ゴードンに殺された男としても有名である。
家族は娘のネリーただ一人である。
頑固親爺というキャラ立ちから推測するに妻には先立たれたものと思われるが、『私はヨーゼフを愛しているの。でも彼の邪魔に…』とけなげな婦人に想いを寄せられてもいる。
ラッキーだぜ親爺。ゴードンに殺されるけどな。
ヨーゼフ亡き後はこのご婦人がネリーの世話をしている。

  • が、EDでネリーはヒルダ様の侍女になり、自分で生きる道を選んだのであった。どうみても避けられてます。本当に以下略。
  • ↑そこらの経緯も語られてないのに避けられてるはないだろ。単にシナリオ担当+デバッガーの見落としだろう。
    容量の関係で削らなければならなかったり納期に合わせる為場合もあったろうし、シナリオの不具合もこれだけではない。

初期ステータスは以下のとおり。

最大HP最大MP素早さ体力知性精神魔力回避回数
23552424241010102

力・素早さ・体力が高めの戦士型。知性・精神が低いので魔法には不向き。
素手の熟練度が高いが、回避確率が落ちるので後ろにおいて弓でも打たせておいた方がいいかもしれない。
あるいは回避無視して防具で固めても良いかもしれない。雪原の洞窟は回避無視でもまったく問題ないダンジョンだったりする。
SORでもレイズ以外の魔法は覚えさせなくてよさそう。

  • 「四人目枠の仲間」としては二番手のキャラクター(スタート直後のレオンハルトは除く)。
    初プレイ時はちょっと適正地域を踏み外しては一撃で転がされ、町人だと思って話かけては問答無用で転がされ、等四苦八苦した末にようやく仲間にした一番手の、後光が差すほどの強さとのあまりの落差に「ヨーゼフ=役立たず」の第一印象を持ってしまったのは俺だけではないはずだ。
    実際に比べると単にタイプの違いでステータス的にそこまでの差があるわけじゃない…が、やはり「安心感」の面では雲泥の差か。

FF2(GBA版以降) Edit

GBA版では初期装備のにんにくが無くなってしまった。
SORでは意図して鍛えておかない限り、最初はお荷物。
素手レベルはキャプテンで上げておくと有効。
また、専用装備のブレイサーが腕装備なので、他のメンバーに比べて攻撃力も何やらいまいち。
実用性を考えるならマサムネ古代の剣を持たせておくといいんじゃないだろうか。
また、見た目的にもネコの爪がよく似合うのでこれでもいいだろう。

  • ミンウ専用のほしくずのロッドと同程度の攻撃力を持つルーンアクスが湯水のように手に入るから、攻撃力の確保は簡単。

古代の剣はSOR開始直後に入手できる上に本編でも一つしか手に入らない。
トードを育てる手間を惜しまないなら、SORに持っていく装備はやはりマサムネがベストか。

  • 仲間になる時期がミンウと殆ど差がないので、選択肢は殆ど限定されている。
  • PSP版なら秘紋の迷宮の宝箱から入手することもできるので、一応量産可能である。しかし、それでも持っていく価値があるかといわれると…。

持たせる武器を他のキャラとかぶらせたくないなら、素手・短剣・斧・弓のどれかになる。
ブレイサーは力と体力が99になるが素早さが上がらないので、弓以外なら盾の熟練度と回避率は上げておくほうがいい。
素手と盾は相性が悪いため、前衛でバリバリ戦わせたいなら短剣か斧になる。
ルーンアクスもSORで入手できるが、やはり猫の爪が似合うか?

  • その辺はもう、火力を取るか、イメージを取るかの二択である。
  • 本編で(少しでもフリオニールやガイの回避率を上げるため)後列に下げ続けていたプレイヤーほど育成方針に苦慮するキャラと言える。

GBA以降のドット絵は正直いってオヤジの渋さが足りないと思う。

  • 因みに、そのドット絵はWSC版からのものである。

SoRでは謎の洞窟B2Fで合流できる。
B3Fへの道から大分逸れた地点にいるので、初見ではマハノンの町にたどりつくのを最優先に行動していると素通りしてしまう可能性もある。
一方この後のリチャードは通り道にラウンドウォームがいるのですぐ分かるため、先にリチャードと合流するなんてことも。
SoRではパーティの並び順は1、2番目はミンウ、スコットで固定だが、3、4番目は加入順で決まる。
あとから順番の変更は出来ないので、気にする人は注意。


専用装備が重装備の小手のためそれを利用するなら、回避率は余計に盾、頭、体防具でカバーしなければならない。
当時、回避率の重要性に気づかず、GBA版FF1・2のホームページの宣伝と同じく両手素手と源氏の兜、源氏の鎧、ブレイサーを装備させてた俺って一体…。

  • 武器レベルを鍛えれば、最終的に武器だけで回避率は99%になる。

FF9 Edit

Disc2序盤、ピナックルロックスラムウが語る英雄譚で登場。

FF15 Edit

ロイヤルエディションに登場する「王の剣」の隊員。
王都インソムニアの地下にある「王の剣」の拠点にいる。

PFF Edit

2015/11/8にFF2から追加されたプレミアムメモリア。使用武器は格闘


わしも、今こそ反乱軍のために一肌脱がねばなるまい

魔法補正なし。

  • リーダースキルは「パーティのHPが30%以下のとき、パーティの与物理ダメージが【大】アップする」
  • アビリティは「かばう」「奥義」「オーバーラッシュ
  • プレミアムスキルは「カーズ16

力が高く、次点でHP・素早さが高め。
プレミアムスキルで敵の物理防御を無効にできるため、ステータス以上の火力が出せる。発動も早く便利。

FFRK Edit

ジョブは反乱軍参謀という表記になっている。参謀…?
FFRK公式wikiでのプロフィールは諜報員となっているため誤植ではないかと思われる。

  • FF2イベント「天命を知る者」の頃に反乱軍参謀→反乱軍諜報員と修正された。

ヒストリーダンジョンの雪原の洞窟をクリアすると仲間になる。
記憶結晶はフォースダンジョンの闘技場のクリアで入手できる。


ステータスはモンク系で攻撃力・素早さが高め。
本作では格闘武器があるので原作では素手派だった人も安心して使える
初期必殺技は「熟練の素手?」。
巨人の小手を装備することで専用必殺技「反乱軍の魂?
ドラゴンクローを装備することで専用必殺技「雪崩
ブレイサーを装備することで超必殺技「決死の雪原?
ヨーゼフのマントを装備することで超必殺技「雪上船
修羅の小手を装備することでバースト超必殺技「漢の生き様?
ゴッドハンドを装備することで超絶必殺技「漢の魂?
を使用できる。
また、イージスの盾にレジェンドマテリア「仁義あふれる諜報員」がついている。