Top > セリフ > 【ナブディスに償う】
HTML convert time to 0.003 sec.


セリフ/【ナブディスに償う】

Last-modified: 2018-05-18 (金) 19:57:13

FF12 Edit

レダス最期の言葉。
全文は・・・

さっさと逃げな。
臨界越えて、複合崩壊が始まってる。
ふざけた規模だ。あの時の何千倍だか――。
ナブディスに償う。

彼は、ナブディスを破壊してしまったことを償いとして、天陽の繭に突っ込んで自爆した。

  • 「ジャッジマスターを甘く見るな!!」という言葉を残してな
  • 劇中ではジャッジ・ベルガが「ジャッジ・ゼクトはまことの武人だった」と評価しているので、
    他のジャッジの模範のような存在でジャッジとしての誇りもあったんだろう。
    • 帝国の人間の中では数少ない義人であるジャッジマスター故に責任を感じていたんだと痛感出来るセリフ。
      復讐に走る野良犬も少しは見習えよ…

ナブディスは単に破壊されただけではない。
破魔石のミストで自然が歪み人は住めず、もはや復興不可能という凄まじいもの。
凶悪モンスターの巣窟になっているので、興味本位で入って地獄を見たプレイヤーも多いことだろう。
こんなにしたら誰だって頭が禿げ上がるほど責任を感じるだろう。

  • アルティマニアΩ掲載のベニー松山著の外伝小説に崩壊直後のナブディスの様子が記されているが、凄惨の一言に尽きる。吐き気催すレベル。薄暗く陰鬱な話が展開されるが、思わず頷いてしまう。
    レダスの苦悩も思い知れるだろう。描写こそないものの、彼もまた「その場」にいたのだから。

その男は、ナブラディアから奪った「夜行の砕片」をわけもわからず発動し
ナブディスを吹き飛ばした……
破魔石の威力をしりたがったシドが命じた実験だ

とあるがベニー松山氏執筆の小説では実はシドからの命令を請け実験を行ったのは
ジャッジ・ゼクトではなく、部下であるジャッジ・ジョラスとのこと