Top > モンスター > 【クラーケン】
HTML convert time to 0.018 sec.


モンスター/【クラーケン】

Last-modified: 2018-04-30 (月) 14:01:17

元ネタは北欧などで語り継がれる海の魔物。主に巨大なイカとして描かれる。
FF1で初登場を果たし、FF3でエリアを殺してしまった人。
以降彼は「エリア殺害」という永遠の罪を背負って行くこととなる…
哀れ。


幻獣/【クラーケン】


FF1 Edit

海底神殿で戦う、水を司るカオス。
見た目はタコ、あんまり強そうには見えない。実際は攻撃力が高めで案外強い。
海底神殿はお宝ざくざくなので、武器防具共に充実した今となっては大した敵ではない。
どうでもいいが片言なのがちょっとかわいい。
過去のカオスの神殿に出てくるほうは、攻撃力、攻撃回数共に高いので大ダメージを受けやすい。

  • 過去のコイツに白魔を一撃で昇天させられて進退窮まったのは自分だけではないと信じたい。

ドット絵では分かりにくいが、実はタコではなくイカである。

  • …まぁ、「クラーケン」っていう名前がついているくらいなんだから、そうなんだろうなw

足が多いだけあって攻撃回数が高め。
FF1では攻撃回数がクリティカル率に影響するため、そのままだと少々危険。
さらに元がタコだけあってくらうと暗闇になる”スミ(墨?)”を繰り出す。


インビアブリンクで守りを固めるとよい。
海底神殿では雷属性に弱いが、サンガーはダメージ量のばらつきがひどい。
黒魔はヘイストナイトスーパーモンクを強化して叩かせるほうが効果的。
白魔は上記のとおりインビアかけまくりがいいかと(他にすることがない)。


HPは800(WSC・PS版は1600)で防御力は60。この時点の武器で充分ダメージは通るが、効果的なダメージを与えるためにはやはりヘイストストライが欠かせない。雷弱点なのでサンガーが有効。
暗闇効果のスミを扱うが、その真価はやはり攻撃力50・最大8ヒットの打撃。一応ラスロウが通るが、命中率は低め。プロテアインビアで味方側をしっかり強化したいところ。

  • 精神耐性なしなのでラスロウでなくスロウの方でOK(ラスロウ:無属性・スロウ:精神属性の違いだけで命中率は同じ)。
    また、魔法防御が160あるのでスリプルダクネスデスが、地耐性持ちなのでクエイクが効かないが、それ以外の状態異常は通る(クラウダブレイクで即死させることも可能)。

過去のカオス神殿ではサンダラを使用するようになり、打撃の頻度がダウン。ただし雷弱点はなくなっている上、頻度が落ちたぶん攻撃力は70と更に上昇している。

FF1(GBA版以降) Edit

GBA版以降では、海底神殿では倒すと菊一文字を落とすことがあるものの、
極めて稀なので、欲しければ素直にルビカンテを倒しに行ったほうが良い。


GBA版からは、癒しの水の洞窟のロビーでこいつの石像が入口を塞いでいる。
よどんだ水がしみ出しているらしい。海底神殿にいる本体を倒せば石像は消える。

  • ちなみに「よどんだ水」とは、その場にとどまってよそに動かない溜まり水を意味するので、
    浸み出している(像の中から外へ流れて移動し続けている)時点でその水は「よどんで」はいない。
  • 像の中ですでに十分よどんだ腐った水と思われる。

GBA版のHPは1800。基本的な戦法はPS版以前と同じで問題ない。
マリリス同様、打撃が非常に痛いのでエルフのマントが有効。


毒・石化耐性を持っていないので、実はティアマットと同様にクラウダブレイクが通る。
どこでもセーブ可能になったおかげで、目の前でセーブ→クラウダやブレイクで即死するまでリセットという戦法をとることが可能。
運に左右されるものの、まともに戦うのが面倒だという場合には覚えておくといいかもしれない。

  • レイズサーベルのクラウダの他、使用するとブレイクが発動できるアイテムコカトリスの爪があれば黒魔がいなくてもより成功率の高いブレイクで倒す事が可能。
    コカトリスの爪は15パズルで3位の記録を更新、風の囁く洞穴のB2Fや燃え盛る火の大穴のB1Fのランダム宝箱等で入手可能。
  • 実は過去のカオスの神殿の方も毒・石化耐性なしなので低確率ながらブレイクが効く(ティアマットも同様)。
    もっとも、魔法防御が海底神殿の160から200に強化されててかなり通りにくいので普通に戦った方が楽だけど。
    • 一方でクラウダは過去のカオスの神殿の方には絶対に効かなくなっている。

FF3 Edit

ザンデが放った新たなる刺客、水の洞窟にて戦うことに。
登場時は呪いの矢を放って攻撃し、エリアに直撃してしまう。


クラス3の魔法を放ってくるが、「ブリザラ」の威力が妙に強く感じることがある。
これは、この時点で最強となる防具がナイトの鎧アイスヘルムであり、弱点:冷気となるためである。
楽に戦いたいならアイスヘルムフレイムメイルの組み合わせで挑むとよい。
 
また、雷に弱そうな姿をしているが弱点は無い。
そして冷気に強そうな先入観もあるが、別に耐性も持ってない。ブリザガ大活躍である。


ザンデの下っ端という、19と比べると明らかに地味なポジである。
だが、容赦する必要はない!
エリアを傷つけた事による怒りを存分にぶつけてやろう!

  • エリア殺害の直後の戦闘だけに、
    ほとんどのプレイヤーから怒りのフルボッコされオーバーキル状態で殺される…。
    「怒り」っておそろしい…。

自己紹介がわりと長く、しかも名を名乗った直後にいきなり、「死ねい!!」と言ってくる。

俺は クリスタルの光をうばうため ザンデ様につかわされた クラーケン!
死ねい!!

上はDS版で、FC版はもう少し長い。確か20周年アルティマニアでは、こんな感じだった。

おれは みずのクリスタルをわり 2どとそのひかりがもどらぬよう ザンデさまにつかわされたクラーケン! しねい!!

  • 特撮の怪人みたいに分かりやすいな

丁寧に名乗っておきながら「かいぶつがおそってきた」で済まされる所は哀れである。

  • 移動画面でのグラフィックは、なんか魔法使いっぽい姿。ドーガに似てるけど違う、独自のもの。なぜわざわざ固有のグラフィックを用意しておきながらこんな姿にしたのか?

「光の戦士すら消し去る呪いの矢」を持ちながら、戦闘ではそんなものを使わずに正々堂々戦う男らしいタコ。
単に1本しか持ってなかっただけかもしれないが、普通に考えれば光の戦士は4人いるのだから、あと3本は持ってそうなものだ。

  • 戦士たちに1発ずつ撃ったら全部エリアにかばわれて、彼女に「4かいヒット」して弾切れになった説に1票。
  • ディフェンスに定評のある水の巫女
  • 光の戦士なら「一瞬で消し去る」。でもそれ以外の人間だと普通に死ぬ。
    クラーケン「タコじゃねえ!イカだッ!」

呪いの矢を放った時に「地獄に落ちろベネット!」と心の中で叫んでいたかどうかは定かではない。

FF3(DS版以降) Edit

DS版では見た目通り、雷に弱くなっている。
特に目立った強化はされておらず、弱点が追加されただけで、ほぼ弱体化と見做してよい。
オマケに水の洞窟の途中において、ブリザガが拾えてしまうと言う大サービスまで準備されてしまった。
哀れ。


FC版では赤紫色のフードを被っただけだが、
DS版でポリゴン化された時に下半身がイカになってて
びっくらこいたのは俺だけじゃないはず。
ちなみにそんな俺は赤魔イングズのブリザガと
学者アルクゥのブースト・ゼウスの怒りで瞬殺しました。


コイツのブリザラの威力が高いため、特に脳筋PTなんかだと結構な強敵となる。
フレイム系の装備がない戦士系は一発で瀕死~即死になる。

  • さらに、ブラインを使ううえに、直接攻撃に暗闇の追加効果も
    あったりするため戦士系はあまり役に立たない。
    全員後列にし黒魔法や学者の攻撃アイテム投げ地形などで攻めると安定する。
  • 中途半端なパーティーだと死ねる。
    安全にいくなら全員赤魔(フレイムメイル装備)+後列+両手盾だろうか。
    • コイツに負けるとまたエリア死亡ムービーを見て落ち込む羽目になる。
      プレイヤーにとってはこれに近い存在である。

戦闘開始前の「ルーネスの凄まじいまでの怒りの睨み」の演出から、
ルーネスにトドメを刺させると映える気がする。

FF4TA Edit

クリスタルの記憶から再生されて登場。元々セリフがカタカナだったためまったく違和感がない。
通常攻撃とブリザガを使い、HPが減るとパワーを溜めた後大津波を放ってくる。
この大津波はクラーケンの残りHP依存攻撃なので運が悪いと3000~4000は喰らう強力な攻撃。
その他にも物理カウンターで巻きつき、魔法カウンターで消化液を使ってくる。
冷気を吸収し、雷に弱い。倒すとトリトンダガーを入手できる。


珍しく歯ごたえのあるクラーケン。…刺身的な意味じゃないよ?

FF9 Edit

水のガーディアンとして登場。
触手と本体それぞれにアイテムテーブルが存在している。
触手がなくなると、カウンターを含む攻撃内容が変わるので注意。


全モンスター中唯一「ウォータガ」を使用してくる。
本体が攻撃を受けると左の触手が「スミ」を、右の触手が「水鉄砲」をカウンターで放ってくる。
また、両方を倒すと攻撃が激しくなってしまうので危険。
全員を水属性吸収または無効にできる装備をしておいて左の触手だけを倒しておけば、
それ以降全くダメージを受けることなく安全に倒すことができる。


クリスタル版はこちらを迷惑状態にする「メイワクカウンター」を多用する。
こちらを食べれば「ブレイズ」を覚えられる。


こいつだけカオスになる前(4つの祠で戦う時)のグラフィックが存在しない。

  • リッチ→両手の刃が短い、マントも短い
  • ティアマット→首が一本しかないドラゴン
  • マリリス→蛇のような髪をした人間の女の姿

またほかの3体はキャラクターとの会話や戦闘シーン等があるのだが
クラーケンだけはエーコの「あんな化け物」という台詞以外にその存在が全く出てこないという
あからさまに酷い扱いをされている。
エリアを死なせた罪」はそれほど重いという事か……。

  • 祠のクラーケンがどんな姿だったのかちょっと気になるな。
    オルトロスのように、低い姿勢で地面をはいずるような格好だったのかもしれん。
    • 単なる大ダコということか。そうだろうな、クラーケンは本来そういう怪物なんだから。
  • 25hメモリアルアルティマニアにてようやく水のガーディアン時代の設定画がお目見えとなった。
    まぁ、腕と触手が減ってるだけだけど…
  • 『触手のモンスターvs少女2人』。あとは分かるな?(まあ、ガーネットはそれまでにもえらい目に遭っているが。)
  • 戦うことになる2人の攻撃方法からしておそらく、
    ラムウの雷撃を喰らい、バハムートに焼かれ、マディーンにボコられ、ホーリーで消し炭にされている。
    なかなかエグい…

ボス版は本体から飽食のローブウィザードロッド源氏の兜が盗める。
左触手からはエリクサー、右触手からはウィングエッジも盗める。
せめて個数限定の源氏の兜は盗んでおきたいところ。

FF11 Edit

クフィム島、ビビキー湾のプルゴノルゴ島、特定エリアの釣りによって出現する、頭足族のモンスター。とうとう雑魚敵に成り下がってしまった。
まあFF1のカオス四天王で唯一出場していないマリリスに比べればマシか…。

  • ボスから雑魚への凋落は「エリア殺害」の(ry

詳細はこちら→クラーケン

FF14 Edit

財宝伝説ハルブレーカーアイルのボスとして登場。
浮き島を飛び移りながら飛び出している足を撃破していく。
全ての足を撃破して最後に本体をと思いきや、逃げていくため本体とは戦えない。
プロデューサーレターライブの質疑コーナーによるといつか再登場して戦えるようになる…らしい。


逆襲要害 サスタシャ浸食洞のボスとして再登場。今度は本体とも戦える。
同ダンジョンでは中ボス2体がかなりの強敵のため、ボスであるにもかかわらず影が薄い……哀れ。

  • ストーリー上でも、話のメインとなるのは中ボスの海賊船長である。(クラーケンは傷ついたところを拾われただけ)

ちなみに通常ダンジョンのボスは約3ヶ月毎に流行が入れ替わるが、こいつだけは再登場したせいで半年もの間熟練冒険者にボコられ続ける羽目になる。これも「エリア殺害」の(ry


ついに冒険者にゲソを切られてミニオンにされてしまった、これも「エリア殺害」の(ry

FFTA Edit

赤い翼の幹部「ファルガバード」の一人。今作ではイカではなくアイスプリンである。
マリリスの敵を討つべく、ナルガエ洞穴にてナッツクランと戦う。
プリン系であるため物理攻撃はほぼ通用しないが、HPが低く魔法攻撃には非常に弱いので簡単に倒せる。
幻術のプロミネンスなら、その場を移動せずに始末することすら可能。
これもまた、「エリアを死なせた罪」によるものか。


イカやらタコやらはイヴァリース世界に行くとプリンになるのか

  • 陸上ばかりなので魚介モンスターがいないからだと思われる。
    まさかモルボルにするわけにもいかないしなあ。
    • 「エリア殺害の罪は重い」ってレベルじゃねーぞそれ

聖剣伝説 Edit

地下大河のボスとして登場するが、
最終目的地の海底火山への道中を妨害するモンスターとしか思えない配置。
更に直前に購入できるサンダースピアのゲージMAX攻撃連発でノーダメージであっさり倒す事も可能という体たらく。
体力に余裕があるのならMAX攻撃よりも普通に突き刺しまくったほうが早い。
一応ジュリアスが復活させたモンスターなのだが、これも「エリア殺害」の(ry

  • ヒロインのデザインはエリアのドット流用が元。何の因果か…
    まあヒロインとクラーケンは直接的な関わりは全くないのだが。
  • 途中でサンダースピアを買えない時はイシュの町で買ったファイアフレイルか、奇岩山で手に入れたモーニングスターで攻撃した方が良いだろう(その代わり触手攻撃をかわしにくく、ダメージを受けやすくなるが)。
    要は遠隔攻撃できる武器が充実していれば恐れる相手ではないという事。

スマホ・VITA版では多くのボスが強化されているが、こいつは弱体化。
3Dになったことで、サンダースピア等のマックス攻撃が斜めに撃てるようになったため、
同じラインに立たなくても攻撃できるようになったのだ。
これも(ry

WOFF Edit

Lサイズのミラージュ

DFFOO Edit

幻獣界「ラムウからの試練」のボスを務める、カオスで最初に登場したモンスター。
主に水属性魔法攻撃や「暗闇」「素早さダウン」「防御ダウン」といった弱体化付与の魔法攻撃を繰り出す。HPが少々削れると「触手解放」を使い素早さをあげ、行動負荷の低い攻撃で敵一人を集中攻撃をする。
壁役のキャラに囮を任せてガーネットやクルル、ライトニングなどで雷属性で畳み掛けたいところ。
魔法主体だがBRV+HP攻撃の「しめあげる」は物理攻撃なのでセリスを壁役にする時など用心が必要。

PFF Edit

満を辞してFF3イベント「無窮の大海原へ」のボスとして登場。予想にも漏れず、エリア殺害イベントである。
雷弱点。HP減少でエリアに撃った呪いの矢を構え、全ての攻撃にカウンターするようになる。
バイキングルーネストリトンハンマーの通常攻撃のみ呪いの矢を解除できる(アビリティはカウンターが来る)
HPが25%以下になると呪いの矢によるカウンターを解除し、増援が来るようになる。
攻撃の割にはHPがかなり低いので、高ブレイク値を維持して一瞬で減らすと呪いの矢を見なくて済む。

チョコボの不思議なダンジョン2 Edit

タコ系レベル3。そのまんますぎる。カラーは青。
ひみつのダンジョンの14,15Fに出現する。
水上移動ができ、墨でチョコボの視界を阻める以外は特に何もない
下位にデビルフィッシュオクトパスがいる。
戦利品はのろまのツメ?、木の実類(融合のタネすばやさの実のろまの実?)。
木の実類は融合のタネを除き下位種のものから一新されており、行動速度に影響を及ぼす物が出てくる。
採取できるエキスはタコのエキス
おいしい実と同等以上の効果があるので、余裕があれば採取しておきたい。

  • 系統共通でアイテムを盗む場合があり、陸上では動きが遅くなる。
    風属性に強いが、雷属性に弱い。

ボスから雑魚への凋落は「エリア殺害」の(ry

余談 Edit

FF12ではリッチはザコ敵、マリリスはモブ、ティアマットはボスモンスターとして登場するが、
カオス四天王の中でコイツだけは登場しない。
エリアを死なせた罪」はそれほど重いという(ry

  • そろそろ『エ殺罪重』とか略されそうだw

2chのエリアスレ最大の特徴、
"常にsageで潜行"の掟を破った輩は
問答無用でコイツと見做されボコられるので注意。