Top > モンスター > 【サクリファイス】
HTML convert time to 0.003 sec.


モンスター/【サクリファイス】

Last-modified: 2017-12-23 (土) 09:58:40

FF13 Edit

sacrifice.png

ガラス細工のようなボディが印象的な、シ骸の一種。
聖府首都エデンオーファンズ・クレイドルなどの終盤ダンジョンに登場する。
複数の状態異常を引き起こす「アナテマ」のほか、
ヴァニラ専用アビリティだと思われていた「デス」まで使ってくる凶悪なモンスター。
HPも高く、物理耐性も持っているため厄介な敵だが、
ラストダンジョンにはこれ以上に強い敵がウロウロいるので、際立って強い印象は持たれない。
ブレイク時にハイウィンドを使うと一撃で倒せることがある。

  • チェーン耐性が低いため、簡単にブレイクできる。

香水」「ヒヒイロカネ」などの高額アイテムを落とし、再戦に手間がかからず、状態異常かけ放題のサンドバッグと終盤の稼ぎの友。
そのため、シナリオ攻略中の稼ぎから、クリア後の狩りが出来る様になるまでの繋ぎ等でしばしばボコボコと狩られる可哀相なヤツ。

  • まさに受難である。

なぜ「香水」をドロップするのかは不明。女の子説もあるようだ。
多分聖府親衛コマンドがシ骸になったのだろう。

  • つまり下界(パルス)側のシ骸は全員男の子であり、ゼノビアはオカm(トンベリに刺されました。
  • ↑言い過ぎw

オーファンズ・クレイドルにいるのは、騎兵隊が…と思うと、戦うのがやるせない。

  • そう思いながらも金の無心に狩りまくる。
    リグティとかもいる筈なんだが。

よく見ると変身後のシドと同じ色。
コクーンのファルシによってルシのシ骸になると、白い曲線をかたどったボディに。
下界のファルシによるルシのシ骸になると鉱石の塊のボディの中心に、
赤いクリスタルがはめ込まれているボディのクリスタルになる。


サクリファイス(sacrifice)には「生け贄」という意味がある。

  • ↑お金の生け贄ww
    • サクリファイスは犠牲になったのだ………プレイヤーの金策………その犠牲にな………
  • 「騎兵隊にオーファンがやられる」という危機感を煽ることで、ライトニング達をオーファンを守るといった目的でオーファンズ・クレイドルにおびき寄せるために使われた捨て駒、則ち「生け贄」という意味だと解釈していた。まあ、裏で糸を繰るのはコイツなんだが.....
    • だが細かいことを言うと「sacrifice」は、生け贄になる側が自らの命を喜んで差し出すというニュアンスがあり、訳も分からずシ骸にされた今回は生け贄は生け贄でも「victimize」の方が妥当。だからサクリファイスの名前がついた他の理由があるのだろうか。