Top > モンスター > 【シルバリオ】
HTML convert time to 0.004 sec.


モンスター/【シルバリオ】

Last-modified: 2017-04-26 (水) 10:22:32

FF6 Edit

冒頭でナルシェなどに出てくる戦闘用として飼い慣らされた狼*1
色違いにブラッドファングルナドックガルムがいる。
味方にレベル7以上のキャラがいると通常の1.5倍威力の「キバ」を使ってくる上に、稀に2回行動するようになる。

  • ちなみにLv7以上なくても「コンフューザー」を使えば「キバ」を見ることが出来る。
    使わせたところで全然意味はないけど。
  • 弱点は炎だが、使うまでもない。
    また、ステータス異常耐性もないので足止めも簡単にできる。

こいつからは退却できない。ガードと混成で出てきた時のみ、こいつを倒せば逃げられる。

  • 初心者の家の宝箱からも出現。1匹で登場する為退却できない。低レベル攻略者は要注意だ。
    • これ以外にも魔導アーマーで来た時にもシルバリオだけで出現するパーティは存在する。
      しかし、そのエンカウントが発生する場所は避けられるようになっている。
    • 補足しとくと低レベルでも遭遇したからといって致命的なことにはならない。幻獣防衛戦で一時リタイアとなるティナに経験値を全て得てもらえばよい。

ガウが最初から「あばれる」習得済みのモンスターの一体。「キバ」で攻撃できる。


ティナ防衛イベントではメガロドルクと一緒に表れる他、ガードリーダーの手下では2体登場。
余裕があればポーションを盗んで回復手段を少しでも確保しておくのも手。


ラグナロックで必ず干し肉になる。

FF12 Edit

背中と手足の甲に鉛のようなウロコをもつウルフの亜種。
彼らは獲物を食べる際、消化を助けるため岩石を一緒に飲み込み、すり潰しながら消化する習性をもつ。
この岩石に含まれている鉛や亜鉛などの鉱物が体内に蓄積され、表面をウロコがおおう独特の姿へと進化されていったといわれている。


中盤のフォーン海岸に出現。


FMのトウテツっぽい外見。

FF13 Edit

中盤あたりに出現。毒の息でバイオにした後、ポイズンハンターで集中攻撃をする厄介なやつ。
毒消し必須。

FF13-2 Edit

アルカキルティ大平原に生息するモンスター。
仲間にしたときのロールはジャマーシンクロドライブは食いちぎる。

FFB Edit

コルツ地方の極寒の炭鉱都市で出現する、見た目は灰色の狼のモンスター。
マップの見た目的にもナルシェがモチーフのようなので登場することになったのだろう。






*1 NTT出版 基本知識編 100頁