Top > 武器 > 【ニルヴァーナ】
HTML convert time to 0.012 sec.


武器/【ニルヴァーナ】

Last-modified: 2017-11-22 (水) 12:51:21

「ニルヴァーナ」とは仏教用語で「悟りの境地」という意味。「涅槃(ねはん)」とも。
かの有名なオルタナティヴ・ロックバンドの名前の由来にもなっている。


FF4(GBA版) Edit

月の遺跡最下層近くで手に入る追加武器のひとつ。ポロム専用の
攻撃力80、命中率90%。体力精神に各+15の装備補正付き。
またアイテムで使うとリフレクの効果。
手に入れようとするとフリーズバグ発生の可能性が高い。側面から宝箱を開けると確率が下がる。
ただしそれでも発生する時はする。
気をつければ何度でも手に入るようだが、ポロムしか装備できないので無意味。
E4版では2回目以降の入手アイテムがエーテルドライに変更されたため、バグは一応解消された模様)


E4版・PSP版ではポロムがアサシンダガーを装備不可能になってしまったので、ポロムの最終武器はほぼこれ一択。
一応体力ボーナスによって低めの防御力をカバーしてくれるので、相性はそれなりに良い。


入手するには無数のグラッジパペットデスパペットを倒さねばならず、非常に面倒臭い。
その上に場所が月の遺跡最下層直前なせいで、ここまで辿り着いたパーティーのレベルが70前後まで上昇している可能性が非常に高く、ステータス吟味のためには大量の経験値を落とす&逃走不可なこいつらはできれば(パーティーの育成が終わるまでは)スルーしたいところ。
そのためバグ回避も含めてニルヴァーナはシカトが基本というのが通説に……。
 
精神ボーナスだけなら先に入手している賢者の杖セラフィムメイスでも同等ということもあり、わざわざ取りに行くほどのものでも……。


売値は5ギル。

FF4(携帯版) Edit

月の遺跡パロポロフロアのクリア報酬。性能はGBA版E4と変わらない。
元々ポロムは物理攻撃には期待できないので、最終武器はこれで充分だろう。

FF10 Edit

ユウナの最強武器のロッド。「七曜の武器」のひとつ。
月輪の印月輪の聖印を入手することで真価を発揮。恐るべきダメージを叩き出す。
第3段階のアビリティは「ダメージ限界突破」「トリプルドライブ」「AP2倍」「MP消費1」。
最大MPに対する残りのMPの割合が大きいほど、攻撃力が上がる。
また、第2段階に強化すると召喚獣ヴァルファーレがダメージ限界突破可能になる。


他のキャラクターの七曜の武器と比べて、入手条件・強化条件共に非常に緩いのがポイント。
ユウナの強化は召喚獣の強化に直結するので有難い。
欲を言えば「魔法ブースター」がついていて欲しかったが、「MP消費1」があるだけでも充分だろう。

  • モンスター訓練所開放と共に手に入る。暗に「七曜の武器」は此処のための(メインストーリーに向かない)アイテムであると示されているようである。
  • ナギ平原のモンスターを全て捕獲すると訓練場のじいさんが「ワシからの感謝の気持ちじゃ」と、これの入った宝箱をくれる。
    宝箱は七曜の鏡が無ければ開かないが、これは訓練場のじいさんからのプレゼントなのである。

一応「七曜の武器」であるため、ユウナの攻撃力が上がると
それに比例してダメージ量も上がっていき、最終的には打撃でもとんでもないダメージを叩き出す。
ラストダンジョンの敵を5桁カンストダメージの打撃で葬るガチムチ召喚士。
もはやガードや召喚獣など不要になってしまう。
キャラが没個性になるのが嫌な人は注意。

  • ユ「ハイッ!」 コツン! 「99999」

FF10-2 Edit

ユウナが黒魔導士にドレスアップした際に手にする。

FF11 Edit

バルラーンの秘宝」が一つ、両手棍ミシックウェポン召喚士専用。
召喚士とその頼れる相棒、召喚獣の能力を高めてくれる。
召喚士のみ装備可能であるのは、やはりFF10を意識したためであろう。


詳細はこちら→ニルヴァーナ

FF12RW Edit

『しめやかな踊りに添える祈りの音杖。』
パンネロ専用武器の。物理攻撃+40、魔法攻撃+90。
レシピ「禁書・至高之武」と「稀少な宝石」「赤の宝石」「ギラギラした皮」で合成できる。

FF13 Edit

ヴァニラの『ワイヤーロッド』最強武器。
性能はチェンジ前の武器によって変わる。


オススメは魔法力が最高値に育つため、攻撃力の高さはもちろん、
HLRの回復力、JAMやENHの持続をのばせるパールウィング系か、
弱体系成功率UPのベラドンナワンド系といったところか。
ミステルテイン系はロマン。普通に使うと一人になるデメリットのほうが大きい。
ただ武器性能自体は高いので無しではない。

  • ベラドンナワンド系の弱体系成功率UPは無しでも、例えばJAM×3(アシュラ)のロールボーナスで
    十分なことが多い。ヴァニラ一人でジャマー役を務める戦略を組む時や、
    一秒でも早くバイオをかけたいタイムアタックに使用する、サブウェポン的な役割が正しい気がする。
    ミステルテイン系同様に、武器性能自体は高いのでメインでもよいのだけれど。
  • ヘヴンズアクシズ系はデメリット持ちだが、限界まで改造した時の数値は
    ベラドンナワンド系、ミステルテイン系と同値。
    2段階目までの魔法攻撃力が他の武器と比べて高いというメリットがあるので
    そのままメインウェポンにしても良いし、ニルヴァーナにせずラッキーブレイク武器にしても良い。
  • バインドロッド系はヴァニラの物理は基礎数値こそ高めなものの、モーションが遅く
    アビリティも少ないので使いづらい。いばらのロッド系はバランス型の武器であり
    最終的な数値も悪くないけどやはりヴァニラは魔法重視の武器のほうが強い。
    無理に物理を使わせようとしなくても、魔法の通じない相手なら彼女を外せばいいので、
    どちらもヴァニラをずっとパーティに入れておきたいファン向けの武器ですね。
  • キュアスタッフ系は全武器中最低クラスの能力のため、HLR以外のロールが機能しなくなってしまう。
    そのHLRも魔力が低すぎてアビリティの意味ほぼ無しという有様。
    ATB低下の虎爪のフレイル系もそのデメリットに見合わずパールウィング系以下の魔力で話にならない。

FF14 Edit

白魔道士の装備可能な両手幻具
古の英雄ゾディアックブレイブが用いた「ゾディアックウェポン」の一つ。

  • 装備することはできなかったが、実はレガシー版にも登場していた。

デザインはFF10のものと似ているが、金属質感が強い。

FFT(PSP版) Edit

手に入れる手段は通信のみの
聖属性で魔法AT+3。

FFTA Edit

聖属性の
白魔道士が「アレイズ」を、ビショップが「ホーリー」を、召喚士が「フェニックス」を覚える。

FFTA2 Edit

聖属性の一品物
白魔道士が「アレイズ」を、ビショップが「ホーリー」を、召喚士が「フェニックス」を覚える。
ほりだしもの「ひびわれた杖S」(聖翼晶マーベニー樹聖戦の薬)で手に入る。

DFF Edit

分類は「」。装備レベルは99以上で、BRV+40・ATK+66・EXモード時間+50%の効果。
光の杖とイーファの樹×5と31920ギルでトレード可能。


クイックバトルのLv100の先生がよく装備している。
道場でLv100にした魔道系キャラにはぴったりの装備。是非戴こう。


杖装備でガブラスに持たせても役立つ。

DDFF Edit

通常のカテゴリ内では最強。
装備Lv100以上、BRV+39、ATK+66、EXモード時間+20%の効果がある。
光の杖メイスオブゼウス、イーファの樹、180320ギルでトレードできる。

FF零式 Edit

従来の白魔っぽいイメージから一新。サイスの武器である大鎌として登場する。
攻撃力+63。
実戦演習『鍾乳洞の戦い』を難易度【不可能】クリアで、武装第六研究所に入荷される。
魔法に関する性能は一切なく、敵を切り刻んで真っ赤に染めるのが正しい使い方。


『鍾乳洞の戦い』はそのミッション内容から、実戦演習の中では比較的クリアは容易。
道中の敵は無視して必要最低限の戦闘に留めれば、難易度【不可能】でも早期クリアは可能。
第三章の実戦演習と早めに挑戦でき、サイスの準最強武器を手早く手に入れるチャンスでもある。


従来と違い鎌に採用したのは、「釈迦の死」の意味からかもしれない。

FFEX Edit

の1つ。

メビウスFF Edit

“導師”のジョブカードによって入手。
光エレメントの出現確率が上昇する効果があり、初心者にはそれなりに使える。