Top > 武器 > 【ピースメーカー】
HTML convert time to 0.007 sec.


武器/【ピースメーカー】

Last-modified: 2018-06-15 (金) 23:07:27

アメリカ・コルト社製の拳銃コルトS.A.A.(シングル・アクション・アーミー)の通称。
西部劇などでよく用いられる。
由来は「アメリカ西部に平和をもたらした銃だから」だそうだ。平和と言っても西部開拓史に於ける話だが。

  • 西部開拓史における平和とは、すなわち先住民族の大虐殺、所謂民族浄化である。
    「良いインディアンとは死んだインディアンのことだ」という発言がこれを象徴している。

世界で最も高貴な銃。6発以上生き延びた奴はいないそうだ。

  • 北アメリカ先住民にとっては「世界で最も忌むべき銃」ということになるのだろうか。

FFに先駆けて、ライブアライブの西部編に登場。
主人公の初期装備で、3種類ある銃の中では中間の威力。


FF7 Edit

ヴィンセントの装備武器の
攻撃力+38・魔力+8・命中率+118。マテリア穴は3個 連結穴1組。
クイックシルバーと同等の攻撃力を持ち、かつマテリア成長が2倍。
カームで手に入るが、ヴィンセントが仲間になるのはずっと後。大事に持っていよう。
因みに、後程アルジュノン(メテオ後)で3500ギルで購入可能になる。


2倍成長武器には珍しい、連結穴付きの武器。
入手時期に比べてヴィンセントが仲間になるのはずっと後だが、
それでも連結穴付き武器の中では最速で利用できる。
ただしバントラインが手に入ってしまうと完全にお役御免だが……。
支援マテリアを利用しつつ促成栽培したい人にはお勧めの武器。

FF11 Edit

コルセア専用の。銃自身の攻撃力が低い代わりに攻撃間隔が短いため、速射性に優れている。
また、AGI+や敵対心-など遠隔ジョブ向けのプロパティが揃っている。
威力の高い弾丸を使えば、欠点である攻撃力の低さを補えるだろう。
ちなみに、隔が短いコルセア用の銃はグラフィックが複銃身式の短銃「ヘキサガン」で統一されていたが、
こちらはただの小銃タイプのグラフィックとなっている。


詳細はこちら→ピースメーカー

FF13 Edit

ライトニングの武器『デュアルウェポン』の1つ。
Lv21まで鍛えたナイトセイバーからヒヒイロカネを使ってアイテムチェンジして入手する。
武器の装備アビリティは『レイズ時HP回復UP改』、連鎖アビリティは『危機だと威力UP』。
Lv41まで鍛えてからトラペゾヘドロンを使ってアイテムチェンジすることで、オメガウェポンへと強化できる。

FF14 Edit

機工士専用の。アイテムレベル90。「祭器武器」の一つ。
ガルーダ・タイタン・イフリートの極蛮神3体を倒すと手に入るのがコレとは、なかなかの風刺の気もする。
デザインはコルトに一応似せてある。
今でも手に入る代物。


詳しくはこちら→ピースメーカー

FFTA Edit

芸術品として作られたつくりが美しい
銃使いが「チャーム弾」を覚えられる。

FFTA2 Edit

最強の
銃使いが「チャーム弾」を、エージェントが「マネジメント」を覚えられる銃。
ほりだしもの「さびた銃A」(地の刻印円月輪銀色の液体)で手に入る。


カテゴリ内の最強武器だが一品物ではない。
攻撃力も35と低く(他の最強武器はロッドを除き少なくとも50くらいはある)、ステータス補正や特殊能力も一切ないので正直物足りない性能。
もう1つ上に何か作る予定だったんじゃないか?と疑いたくなるレベル。

FF零式 Edit

キングの武器の拳銃。攻撃+56、経験値2倍の効果がある。
SPPショップでしか買えない。(2万spp)

FFRK Edit

FF7、FF13からレア5のとして登場。銃なので遠距離攻撃可能。

  • 「ピースメーカー【VII】」。FF7共鳴。
    ヴィンセントのバースト超必殺技「フレイムペナルティ?」付き。修得ボーナスは攻撃力と魔力+5。
    2018/2/28、FF7イベント「星に融けゆく侵略の衝動」で追加された。
  • 「ピースメーカー【XIII】」。FF13共鳴。
    ライトニングの超必殺技「絶影」付き。修得ボーナスは攻撃力+10。
    ステータスは下記。()は共鳴時。
    Lv攻撃力(共鳴時)命中
    173(99)95
    20106(190)
    FF13イベント「突き立つ牙の誓い」で追加された。

FFEX Edit

の1つ。