Top > 武器 > 【マスターフィスト】
HTML convert time to 0.005 sec.


武器/【マスターフィスト】

Last-modified: 2018-04-10 (火) 19:28:09

FF7 Edit

ティファの武器・ナックルの1つ。メテオ出現後に神羅ビル2階ショップで手に入る。
攻撃力+38、命中率+108。マテリア穴は6個、連結はなし。
武器自体の攻撃力は38だが、ステータス異常の数に応じて基礎攻撃力(※武器攻撃力とは別で、各キャラの最強武器以外一律16)が増加する。
具体的には、倍率の基本値を1として

としたものの合計が最終的な基礎攻撃力となる。
非常に強力そうだが、安定して組み込めるのは瀕死・悲しい・死の宣告辺り(×5)。
追加でST異常を組み込むにしても沈黙・スロウ(×7)辺りが限度だろうか。
それでも充分強いとはいえ、流石に瀕死+死の宣告だけで8倍撃のオーバーソウルには安定性で劣る。

  • 沈黙・悲しい・死の宣告で5倍が妥当かな。
    • 沈黙は戦闘終了後に自動回復するので、いちいち戦闘ごとに付与しなければならない。
      「安定」というのは「戦闘後も継続し、かつ致命的ではない」という意味。
      瀕死は致命的じゃないのか、と言われると確かに微妙ではあるが。
      • 「安定」と言うなら戦闘面の話だろうし瀕死は安定にはほど遠いのでは…。
        それに瀕死込みだとよほどの事がない限りオーバーソウルに軍配が上がるので、
        「安定性」を求めるなら下でも言われている悲しい+死の宣告の4倍が無難。
  • 一応単純に戦闘不能以外の状態異常の強化加算を行ったら、計11倍とオーバーソウルを凌駕する。
    流石にこの状態を整える+継続したまま戦うのは無茶だが…。

悲しいは事前に鎮静剤で、死の宣告は呪いの指輪で、が妥当なところか。
瀕死を除けばこれで4倍、死の宣告だけ適用した状態のオーバーソウルと攻撃倍率では並ぶ。
この条件であれば武器攻撃力・マテリア穴・防御力(悲しい効果)ではこちらが上。
 
しかしオーバーソウルにはマテリア成長2倍という特徴があり、
さらに条件に瀕死が加わったときに一気に強力になる。加えて、魔力補正値も少しだが付く。
ついでに悲しい効果は攻撃倍率計算に影響しないだけで、
防御力を求めて付与する、あるいはリミットゲージ重視で付与しないという自由もあったりする。
 
結局のところ、どういう要素を重視するかの問題かもしれない。
(安定性で言うならデメリットなし・高攻撃力・命中255の武器がry)


売値は1ギル。

FF零式 Edit

エイトの武器のナックル
攻撃力+58の効果。
エイトで作戦に200回参加することで、武装第六研究研に入荷される。
価格は35000ギル。

PFF Edit

レア4の格闘
最大まで強化して力+110。飛行特効0.8倍。
メインクエストの中盤でもたまに手に入る。
モータードライブからなり、サドンデスに進化する。

FFRK Edit

FF4、FF7と共鳴する2種類の格闘が登場している。いずれもレア5。

  • 「マスターフィスト【IV】」
    FF4共鳴。アーシュラのバースト超必殺技の「五星紅天掌」付き。修得ボーナスは攻撃力+10。
    2017/6/12、アーシュラ初登場のFF4TAイベント「ファブールの王女と師父」で追加された。
  • 「マスターフィスト【VII】」
    FF7共鳴。ティファの超必殺技「ドルフィンブロウ」付き。修得ボーナスは攻撃力+10。
    Lv20のステータスは攻撃力122、命中95。
    FF7ACイベント「悔恨の孤狼 -クラウディウルフ-」で追加された。