Top > 武器 > 【村正】
HTML convert time to 0.011 sec.


武器/【村正】

Last-modified: 2018-03-28 (水) 18:53:58

全般 Edit

FFT以降登場する。FFシリーズではカタカナで「ムラマサ」と表記される事も多い。
元ネタは刀工「千子村正」の打った刀。
徳川家康が妖刀扱いしたとされるエピソードで有名。

  • 家康の父、松平広忠及び祖父、松平清康が暗殺された際に使用された刀、長男信康を介錯した際に使用した刀の銘が
    偶然なのか全て村正であり、更に関ヶ原の合戦の際村正の銘を持つ槍で怪我をしたことから、
    家康はこれを忌み嫌い全て破棄する令を下した、とされる。
    しかし、幕末になると倒幕派の間で村正が流行り初め、無名の刀にすら村正と銘名する者もいたとか。
    かの西郷どんの刀も村正だったらしい。
    ちなみに家康の忠臣である本多忠勝の槍「蜻蛉切」も村正作である。
    • しかし皮肉なことに、徳川家を倒すために村正を手に入れた者のほとんどは非業の死を遂げている(真田幸村(信繁)、西郷隆盛など)。そういう意味でも、妖刀と呼ばれているのかも知れない。

ただ、上記のようなそういう数ある逸話よりも、(少なくともRPGにおいては)
ウィザードリィの最強武器「村正」から受けた影響の方が大きいかもしれない。
FFにおいて正宗が最強クラスの武器として登場し続けているのも、
ウィザードリィの影響があったからこそ。
そしてついにFFTにて、村正が登場することになった。

  • 正宗が存在したGB版SaGaでは、FFシリーズに先駆けて3で登場している。よりによって正宗に造り替えられる前の呪われた聖剣として。
  • SaGa2にも登場している。「むらまさ」(ひらがな表記)で、対人間に特効。ローニンというサブキャラの初期装備でもある。
  • LIVE・A・LIVEでも幕末編の隠し武器として登場している。強敵・魔神竜之介を倒さないと手に入らないが攻撃力は40と高い。しかし0人斬りを達成すると同じ攻撃力で麻痺の追加効果を持つ「ヨシユキ」が手に入るので、1人以上斬った時でないと最終編で使う事が出来ない。

関連用語:武器/【村雨】
名前は似ているが、こっちは小説「南総里見八犬伝」が元ネタ。
APPLE版ウィザードリィでは村正と村雨を混同したせいなのだろうか、
村正が「Murasama Blade!」表記であった。
これじゃ「ムラサマ」だ。

  • 「村様~!!」

FF3(DS版以降) Edit

DS版での追加武器。表記は「ムラマサ」。
忍者のジョブ熟練度を99にすることで伝説の鍛冶屋から入手できるマスターアイテム。
故に、装備可能なのは忍者のみ。
攻撃力140、命中率90%の暗黒剣重量+1の他、力・体力・知性・精神+5、素早さ+10の装備補正がかかる。
全ての能力値に装備ボーナスが付き、中でも素早さの上昇値は他より高い。
更に妖刀らしく、沈黙・暗闇・毒の追加効果まである(発生率は20%)。
暗黒剣なので、当然分裂モンスターには有効。
「妖刀」のイメージに相応しく、血塗られた様な「紅い」刀身を持つ。

  • 既存の「マサムネ」に合わせる為か、もしくはFF12からの逆輸入だからか、漢字ではなくカタカナ表記。

売値は1ギル。

FF10 Edit

AP3倍」「ドライブをAPに」「トリプルドライブ」のアビリティがついたアーロン
見ての通り、AP稼ぎに最適。

FF12 Edit

表記は「ムラマサ」。
攻撃力84、回避+5の両手刀。『刀装備4』(IZJS版では『刀装備5』)のライセンスで装備可能。


大灯台・下層・始原の旋回廊3にあるトレジャーから入手できる。


ハントループでも入手可能。
他にもクリプトバニーがドロップする。

  • ただし、低確率の上に出現条件の都合上、手に入れるのが難しくなっている。
    (チェインを維持する場合毒チェインが必要)

FF13-2 Edit

表記は「ムラマサ」。ノエルの武器『ハンターセイバー』の1つ。海外版FF13-2の予約特典。
2012年3月6日以降、Playstation Store/XBOXマーケットプレースでも通常販売が開始された。
物理攻撃+20 魔法攻撃+25 買値400ギル 売値200ギル
装備アビリティは【チェーンボーナスLv.1】。連鎖アビリティは【物理魔法○軽減】
素材とともにチョコリーナに渡すことで、『ムラマサ・菊』、『ムラマサ・桜』、そして『真・ムラマサ』へと変化する。
このとき連鎖アビリティは変化しないが、特性アビリティはチェーンボーナスのレベルがLv.2、Lv.3、Lv.4とあがっていく。
同じレベルの同じ特性アビリティを持つ武器との違いは、魔法攻撃物理攻撃よりも総じて高いことである。

FFT Edit

妖刀として知られる刀。多くの血を吸ってきたといわれる。

攻撃力14、回避率15の。Ch.4開始から貿易都市のショップに入荷。
引き出す」で発動する「呪われし野望」は範囲内の敵にダメージ+混乱もしくは死の宣告の追加効果。

  • 引き出すの名前がちょっと上の方の元ネタを意識してる…かな?

刃が赤黒くて不気味。

FFCCRoF Edit

生き物の血を浴びることで輝きを増す妖刀
じっと見ていると吸い込まれそうになる……

レシピ「呪われた武器」と玉鋼×3、ダークスフィア×2、血染めの布?×1で作成できるクラヴァット用の。攻撃力+160。
オーダーメイド時に宝石を追加することによって、武器HP吸収または武器SP吸収の特殊効果がつく。
玉鋼を使用する和物装備ではあるが、残念ながら侍の技はつかない。

光の4戦士 Edit

表記は「ムラマサ」。
夢幻の灯台40Fにて9000ギルで買える
無属性で攻撃力は+14、追加効果は能力低下。

FFL Edit

表記は「妖刀村正」。
銀のしっぽと交換で手に入る忍刀。主にシーフ忍者が装備可能。
人間種族に特効があり、アルテマブレードとは逆にHPが減っているほど攻撃力が上がるという性能。
いわば、忍刀版バリアントナイフ


HPを消費する「暗黒剣」や、自分が瀕死になる「戦技」の突撃と相性が良さそうだ。
二刀流した場合、妖刀村正を片手に持ってさえいれば逆手の武器にもバリアントナイフ的な効果が出る模様。

プレランタール相手に、右手にコレ、左手にロケットパンチを持った忍者でストライクを放ったところ、
HP満タンで右手分約1700ダメージ、左手分約2000ダメージだったが、
突撃で瀕死にしてからやったら右手分3000超、左手分4000超のダメージとなった。


光側が使えるFアビリティ・バリアントブロウ(HPが減るほど威力UP)と組み合わせると、恐ろしい威力を発揮する。
レベル70・ジョブレベル5のシーフのソールにコレを両手持ちさせて、
自爆+フェニックスの尾で瀕死状態にし、シーレックスにバリアントブロウを放ったところ、約9400という大ダメージを叩き出した。

  • ただしっぽ交換品を装備すれば、両手持ちファイナルヘブン・二刀流夢幻闘舞などで普通に8000程度はダメージはいくので、あえてHPを低く保たないといけない妖刀村正はやや使いづらい。

FF零式 Edit

ジャックの武器の
攻撃力+58、最大MP+30%の効果。
ジャックで作戦に200回参加することで、武装第六研究研に入荷される。
価格は35000ギル。

FFEX Edit

の1つ。表記は「妖刀村正」。

メビウスFF Edit

レンジャー系武器の1つ。1周年記念イベントリージョンの「ファースト・アニバーサリー」で入手・強化可能だった。