Top > 特技 > 【ゴブリンパンチ】
HTML convert time to 0.006 sec.


特技/【ゴブリンパンチ】

Last-modified: 2017-07-08 (土) 17:49:51

青魔法・敵の技/【ゴブリンパンチ】


FF4 Edit

隠し召喚獣のゴブリンを召喚すると繰り出す召喚魔法。消費MPは1。
Vの同名青魔法のようなものを想像してはいけない。ゴブリンの弱さを純粋に表現した激弱攻撃である。
ダメージはほとんど1。召喚技の割に詠唱時間が短いが、あまりに弱いので意味がない。
ところでFF4のゴブリンはナイフ装備しているのに、何でわざわざパンチで。

  • 「トンファーキック」みたいなもんじゃね?

FF4(DS版) Edit

DS版ではちょっと強化されており、チョコボより少し威力が高い。

CCFF7 Edit

マテリア『ゴブリンパンチ』を装備すると使用可能になる技。
最下級ランクのパンチ。物理攻撃で、消費APは10。


このマテリア自体はさほど役に立つこともないが、
合成で簡単に最強の攻撃手段であるすてみパンチが作れるため、
その材料として覚えてる人も多いかもしれない。


体力無視もついていない型の攻撃。
しかしぶんどるにも劣る攻撃力なため、技として使うことはまず無いだろう。

FF12RW Edit

表記は「Gパンチ
ゴブリンの基本技。
『敵1体にヘビーなゴブリンパンチ!』
射程1・対象単体の土属性攻撃。


文字数の関係で省略されたかと思いきや、「ゴブリンパンチ」よりも文字数が多い技は普通にある。
アルティマニアには「ゴブリン」と読みがなが打ってあるので、何の為に略したのかは結構謎。

  • 技の説明文にも普通に「ゴブリンパンチ」って書いてあるしね。

FF15 Edit

ゴブリン系やホブゴブリン系のシガイが使用する。
ダメージを受けると同時に回復アイテムや食材を盗まれてしまう。
しかも盗まれたアイテムはすぐに使用されるので取り戻せないという、厄介な攻撃となっている。
何を盗まれるかは敵ごとに異なる。

FFT Edit

ガルブデガック、あと「まじゅう使い」がゴブリン・ブラックゴブリンに隣接した時に使える。
使用者のHPが減っているほど威力が上がる技。

DFF Edit

バッツEXモード時のみ使用できるEXアクション
リーチが若干狭いが非常に出が早い優秀な技で、見てからガードしたり避けたりすることはほぼ不可能。
(AIのレベルが高いCPUはこちらがボタンを押したのに反応して普通に避けてくることも多いが)
原作通り自分と相手のレベルが同じなら威力が上昇し、
レベルが同じになりやすい対人戦では非常に使いやすい。

  • 使用時にとるバッツのポーズは特撮の変身ポーズを彷彿させる。
    頭上の三つ星のこともあって滑稽に見える。
    • というか、発動時のエフェクトが地味に原作に忠実。バッツの周りに銀の星が出てくる

原作通り魔法扱いとなっている(アルティマニアの物理は誤植)。
激突効果があり、薄い壁越しの攻撃も可能なので扱いやすい。

  • 自分の所有している2刷発行の物は魔法と書いてあった(他の誤植は相変わらずだけど)。

接触相性が“なし”なので、オールガードでは防げない。


相手が壁に迫った状態で撃つと、ハメに近いことができるため、対人戦では御法度。
また、ゴブリンパンチだけで攻める行為も余り好まれない。

北米版 Edit

強すぎると散々に言われていたからなのか射程が短くなった。

UT版 Edit

北米版より更に射程が短くなった。

DDFF Edit

UT版よりは射程が長くなった(北米版の長さに戻った?)

  • DDFFアルティマニアによれば、DFFUT版と同じらしいが、未検証のため正否不明。

発動すると、条件アクセサリのHP攻撃前が消えるようになった。

DFFAC Edit

空中ブレイブ攻撃に変更され、技名も変わっている。


青魔道士