Top > 特技 > 【シャイニングウェーブ】
HTML convert time to 0.004 sec.


特技/【シャイニングウェーブ】

Last-modified: 2018-06-16 (土) 18:31:12

DFF Edit

ウォーリアオブライトの地上HP攻撃
地を這う光の衝撃波を前方に放つ。追尾性能もまぁまぁ。意外に縦に長い。


ただし、同タイプの技の中では性能はいまひとつ。
ダークフレイムの方がこの技よりスピードが遅い追尾のためかわし難く、
また追尾式波動砲の方がこの技よりスピードが早い追尾のためやはりかわし難い。
この技は標準的なスピードなので回避し易い。


EXモードでこの技を当ててEXバーストチャンスをキャンセルすると、
二回ほどバーストチャンスが発生する。
暇な人はやってみよう意外とビックリする。

  • この技は複数回ヒットしたとみなされる接触の仕方だから。

「走れ、光よ!」


イベントシーンでは、皇帝が見せた偽のクリスタルを破壊する時に使ってる。

DFF(UT版) Edit

追尾式 波動砲にはまだ劣るものの、誘導性能の強化によってかなり曲がるようになった。
とはいえ追尾開始が遅いため、回避されると命中が期待できない点は無印版と変わらない。

DDFF Edit

上下にも追尾するようになった。
WoLはどこまで強くなるんだ…。

  • ↑の変更のせいで実用性は高くなったけど格好良さは薄れた気がする…
  • HPブレイカー(笑)の闇雲さんの追尾式 波動砲に施すべきだった。

DFFAC Edit

WOLHP攻撃。初期修得済み。
光柱の波を放つ遠距離攻撃で、PSP版より攻撃発生は遅くなった代わりに速度が速くなった。
光の加護発生中はLv1分消費してしまうが、長押しで強化版を使用する事が出来る。
強化版は攻撃判定サイズと速度がアップする(疑似ダークフレイム化)。


技性能は悪くないが、WoLの得意な接近戦と噛み合わないため汎用性はイマイチ。
壁激突からも繋がらない。
もっぱら前衛3人PTとなった時などに選ぶと良い。

  • ウェーブ系で繋がったらそれはそれで不味いような気もする。
    広角式でも壁から近すぎても遠すぎても駄目という具合だし。

Ver1.1002016/02/04
追尾性能と射程が上がり、地上版は縦方向、空中版は横方向へも追随するようになった。
他の味方が接近タイプのHP攻撃ばかりなら、これを選ぶのも十分にアリだろう。
 
Ver1.4102017/08/09
使用率の低いHP攻撃の救済として調整対象となった。
射程が30mから25mへ落とされたが、攻撃発生が70Fから60Fに早くなっている。
また、空中版のみ攻撃発生位置が微調整された。
 
Ver1.4902018/04/19※DFFNTは2018/06/21適用)
HP攻撃共通の調整で、光の加護をLv1分消費して強化版を使用できるようになった。
個別調整では、追尾性能が上方修正されている。
HP攻撃では唯一、純粋強化されている。

DFFOO Edit

EX武器「アイスブランド【Ⅰ】」またはパッシブ「闇を裂く一閃」を装備したウォーリア・オブ・ライトが使用できるEXアビリティ。
2HIT遠距離物理BRV攻撃+HP攻撃の連続攻撃。自身の「素早さ」を5ACTION中アップする。
味方全員に付与されている強化効果「シールド」の総耐久値に応じてBRV威力が上がる。また、与えたHPダメージに応じて味方全員のHP大回復。回復量の上限は、それぞれの最大HPの10%分。対象の最大HPを超えてHPが回復した時、越えたHP分を対象のBRVに加算。


味方全員に「シールド」を張るのは時間がかかり過ぎるので、最大火力を出すのが困難。共闘で全員WOLで挑めば、それぞれセルフでシールドを張れるので火力を出しやすいか。